« 自分用視認性高めた明朝体フォントの改変、配布(ノートPCブラウザで固定幅フォント設定用) | トップページ | 太平洋戦争前の鉛合金活字を参考にしてかなフォント(Ayati文庫かなフォント)を制作、合成したAyati昭和明朝体フォント公開 »

2024/06/17

高野切ひらがなフォントの制作と配布

Ayati高野切明朝フォント
-------------------
2024/06/17

これらのファイルは、Ayati高野切明朝フォントです。

20240617-230332

20240617-230621


Ayati高野切明朝フォントは、新たに制作したひらがなフォントであるAyatiHiraSerifと、
ひらがな以外のグリフは源ノ明朝 (Source Han Serif)を改変し補完して制作しました。

ひらがなの手本は、高野切(こうやぎれ)です。
延喜5年(905年)に醍醐天皇の勅命によって紀貫之らが編んだ第一勅撰集である古今和歌集の、
現存最古の写本断簡と言われるものが高野切です。
高野切はひらがなのお手本として、仮名書道で最も尊重されてきた古筆です。
筆は伝紀貫之とされてきましたが、実際現存する高野切は紀貫之でなく三名の筆によるものと
研究され、そのうちの一人は源兼行と推定されています。

高野切を参考に、iPad mini6やPixelなどで簡単に臨書したものを背景画像として
FontForgeでひらがなフォントデータを全く新規に作成しました。
ひらがな、ひらがなに濁点と半濁点を付したグリフをフォントデータとして制作したものが
AyatiHiraSerifです。(高野切には濁点・半濁点はありません)
ひらがなだけではフォントファイルとして使いにくいので、ひらがな以外のグリフは源ノ明朝
(Source Han Serif)を改変してマージしました。

Ayati高野切明朝フォントは以下のフォントを改変して制作しました。
源ノ明朝 (Source Han Serif)
https://source.typekit.com/source-han-serif/jp/

多言語でなく、日本語用をベースとしています。
横棒を太くし、全体に大きくし、半濁点を大きくし、数字のゼロに斜め線を入れています。

乱視(倒乱視)に老視(老眼)が加わった状態で液晶画面の細かい文字を読むときの
視認性を重視して、自分用に改変したものです。
明朝体フォントは横棒が不当に細く感じていますし、UD明朝や教科書体は縦棒横棒の
太さを同一にしすぎ、ボールド体は太すぎると感じる個人的な好みから変更しています。
数字のゼロに斜線を入れたり半濁点を大きくしたのはお約束です。

自分用として、ひらがなの気分を変えたいときにSerifフォントとして使っています。

 

以下のライセンスに従い、無料でダウンロードし無料で利用できます。

https://www.ayati.com/font/AyatiKoyagireSerif20240617.zip

 

ライセンス
----------
2024/06/17

「SIL OPEN FONT LICENSE Version 1.1」によるライセンスです。

同梱の
LICENSE.txt
の通りです。

この日本語訳は、以下から参照することができます。
http://sourceforge.jp/projects/opensource/wiki/SIL_Open_Font_License_1.1

AyatiKoyagireSerif-Regular.ttf
のメタデータで改変元フォントの著作権表記を参照できます。

|

« 自分用視認性高めた明朝体フォントの改変、配布(ノートPCブラウザで固定幅フォント設定用) | トップページ | 太平洋戦争前の鉛合金活字を参考にしてかなフォント(Ayati文庫かなフォント)を制作、合成したAyati昭和明朝体フォント公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分用視認性高めた明朝体フォントの改変、配布(ノートPCブラウザで固定幅フォント設定用) | トップページ | 太平洋戦争前の鉛合金活字を参考にしてかなフォント(Ayati文庫かなフォント)を制作、合成したAyati昭和明朝体フォント公開 »