« 2021年10月 | トップページ

2023/10/29

mfont用明朝体フォントをアプリ明朝から作る

Kindleやkoboなどでも電子書籍を幅広く選んで買えるようになっていますけれど、それにとどまらず、

なろうやカクヨムのように、Webで様々な小説を読んで楽しめる世の中になりました。素敵です。

 

テキストデータならHP200LXでも読めます。JupiterやHMEやLEで快適に読めます。

縦持ちならJupiter、

Hnzk1

HMEだと色々なフォントを使えます。16ドット縛りがありません。

Hnzk2

 

フォント自体を回転させたフォントファイルを用意することで、縦持ちにも対応します。

Hnzk3

Hnzk4

 

16ドットフォントで良いならLEなら軽快に読めますし、LEの機能でフォント回転も可能です。

Hnzk5

 

フロップデザインさんのアプリ明朝からFONTX2ファイルを作って楽しんでいます。

WFONTX.EXEを64bitのWindows11で実行するために、otvdmw.exeで動作させています。便利。
OTVDM
otvdm-v0.9.0で問題なく動作しました。ありがたたいです。

FUTOMEはLX上で動かしています。

16ドット、24ドット、22ドット(縦文字)、24ドット(縦文字)の各ファイルを作成しています。

APMH16X.FNT  16ドット半角フォント 8x16
APMH20X.FNT  20ドット半角フォント 10x20
APMH24X.FNT  24ドット半角フォント 12x24
TAMH22X.FNT  22ドット半角フォント 8x22
TAMH24X.FNT  24ドット半角フォント 12x24

APMZ16X.FNT  16ドット全角フォント
APMZ20X.FNT  20ドット全角フォント
APMZ24X.FNT  24ドット全角フォント
TAMZ22X.FNT  22ドット全角フォント(縦文字)
TAMZ24X.FNT  24ドット全角フォント(縦文字)

APM_fontx2_20231029.zip

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

HP200LX内蔵Appoitmentsの祝日データ

HP200LXのAppointmentsには、祝日データを登録して、今はGoogleカレンダーの予定を上書きしたファイルを閲覧して使っています。

Hol2024

祝日データは内閣府のCSVを取ってきて使っています。

Python3で書いてあって、気づいたときに実行します。

環境設定は、

$ pip install datetime
$ pip install requests
$ python3 getsyuku.py

という感じです。

WSLのUbuntuで実行することが多いです。

Appointmentsへの反映は、空のadbファイルを用意してあって、

Windows用にビルドしたapptoutを使っています。

> apptout32.exe -x empty.adb -i lxholiday20231029.csv -o holiday.adb -e

のような感じです。

サンプルです。

holiday2023.zip

 

 

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ