« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018/03/27

Gemini PDAとPsion5mx比較、Gemini PDAにストラップ取り付け

Gemini PDAですけれど、実用品として毎日使っています。ようやくHP200LXのかわりになりそうです。


Dsc_0429

Gemini PDAとPsion 5を比べると、キーボード配列はよく似ていますけれど、キーボード打鍵圧はPsion 5ほどの重さではありません。やや軽いです。


Dsc_0422fx

よく見ると、キー個々の大きさも、Gemini DAの方が少し大きいです。特に縦が長いです。

筐体は、Psion 5ほどの重量や厚みがなく、Gemini PDAの方がずいぶん軽く薄いです。

Dsc_0433


縦横は近いもののGemini PDAの方が少しだけ小さいです。
Dsc_0425

Dsc_0435


Gemini PDAはPsion 5のようなキーボードがせり出す構造ではなく、シンプルに なっています。これが効いているのでしょう。
Dsc_0431


さて、Gemini PDAは金属カバー取り外し用の治具が付属していて、microSIM やmicroSDカードスロットは天面カバーを取り外して行うことは既に触れています。


Dsc_0437

この治具で、実は底面カバーも開けられます。バッテリーがおがめます。

ここを利用して、ストラップを取り付けます。

Dsc_0441


底面カバー下のネジの一つにストラップを巻き込んで締めなおします。

Dsc_0445


筐体やカバーには特に加工はせずに、カバーのもとからある隙間を通して外にストラップを出します。

Dsc_0448

とりあえずこんな感じです。


Dsc_0451

Psion 5はあまり使いませんでしたけれど、Gemini PDAはメインで使いまくっています。予備機も注文する程度には気に入っています。
Androidなので、普通に使えます。Jota+に少し依存し過ぎているかもしれませんけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »