« アプリでChromebookを使い倒す | トップページ | Chromebookでローカル動作するアプリをセルフ開発してみる »

2015/03/17

ChromebookでAndroidアプリを動かす!

さて、ようやくChromeウェブストアではアプリが足りない場合の話です。自分で開発することもできるでしょうけれど、たとえばAndroidで日常利用しているアプリがChromebookでも動けばいいのに。

…動きます。ChromebookでAndroidアプリ。


Screenshot_20150317_at_200428

App Runtime for Chrome (Beta)というのがすでにChromebookには組み込まれています。AndroidでもChromebookでも動くアプリは、公式にChromeウェブストアに公開されているものはまだ、Duolingo, Evernote, Sight Words, Vineの4つしかありませんけれど。

仕組み自体はあります。あとは、今後Androidアプリの方で、両対応が広がれば、Chromebookでも豊富なアプリが動作するというわけです。

でも、今、自分が愛用しているアプリを使いたい時は?
既存のAndroidアプリを、Android端末上でChromebookで動くように変換するアプリがあります。それをChrome拡張のデベロッパーモードで動作させるツールがあります。自力で変換することは可能ということです。
なんかヤバそうな話になってきましたね。ヤバい話がだめな場合はここでお帰りください。


さて、早速試します。
ARChon Runtime for Chromeです。
該当のプラットホームのものをダウンロードします。acer Chromebook 11の場合は、Intelで64bitのものになります。
ARChon Custom Runtime 1.2 - x86_64
で試しています。十分実用です。

Screenshot_20150317_at_192849

まずはChromeのメニューでその他のツール - 拡張機能の画面を出します。
右上のチェックボックス □デベロッパーモード のチェックを入れるだけです。開発者用のメニューが表示されるようになります。チェックを外せば元通りのメニーに戻ります。
Windows版Chromeでこれやって不安定になったって?Chromebookでは安定しています。

ダウンロードしたARChonのZIPをローカルで解凍して、[パッケージ化されていない拡張機能を読み込む]のボタンからフォルダを指定します。

Screenshot_20150317_at_192902
なにやら警告が出ています。ここは気にせずどんどん進めます。

次に、Androidアプリです。
ARChon PackagerをAndroid端末にインストールします。
Screenshot_20150315151213
Android端末側でARChon Packagerを起動します。

Screenshot_20150315151218
インストールしているアプリから(Installed apprication)を選びます。

Screenshot_20150315210308

アプリを選択すると、次の画面になります。
ここで、携帯用画面かタブレット用画面か、縦長か横長かを選びます。タブレット用画面で横長が適当でしょう。

Screenshot_20150315161702

ここで、もしそのアプリでChromebookのローカルストレージやSDカードの読み書きをする必要があるなら、チェックをつけます。あまり使わなさそうならチェックしない方が運用が楽です。起動のたびに、読み書きするフォルダを指定する一手間が増えるためです。


Screenshot_20150315151326

すぐに変換が完了しました。
SHARE CHROME APPRICATIONボタンを押してGoogleDriveを選び、できたzipファイルを保存します。保存が終了したら、Android側のアプリは終了です。

Chromebookのファイラーを見ると、Googleドライブにそのzipファイルがすでにできています。なんて簡単なんだ。
zipをダブルクリックして解凍して出てきたフォルダを、ローカルのダウンロードフォルダに入れます。たくさんアプリをARChonで動かすなら、サブフォルダにした方が見やすいかもしれません。

とりあず、gEditorとDroidWingを変換してみました。日本語テキストエディタとeb/epwing辞書アプリです。
Chromebook側は、先ほどのChrome拡張機能の画面で、解凍したフォルダを[パッケージ化されていない拡張機能を読み込む]で指定します。

CHromebook画面左下のアプリメニューに登録されました。
Screenshot_20150317_at_195424

早速起動してみます。本当にちゃんと動くのでしょうか。

Screenshot_20150317_at_200008

DroidWIngちゃんと普通に動きます。素晴らしい。


Screenshot_20150317_at_200115

gEditorも動きました。なんだ、シフトJISも楽勝だったんだ!

そうそう、AndroidのMENUボタンは、ChromebookだとCtrl+ESCです。メニューボタンがなくてもあわてなくて大丈夫です。

こんな感じで、Chromebookは超実用品です。

※2015/04/03 Google公式のツールARC Welderが公開され、より手軽になりました。これでAndroidアプリをChromeで動かせる動きはさらに進みそうです。

|

« アプリでChromebookを使い倒す | トップページ | Chromebookでローカル動作するアプリをセルフ開発してみる »

コメント

はじめまして。Chromebook使ってます。楽しみですよね。トラックバックしました。ありがとうございます。

投稿: mro | 2015/06/10 20:32

はじめまして。ChromebookでAndroid EPWING辞書アプリが使えると知り、これだッ!と興奮してためしてみました。Arc WelderでEBPocketとDroidWingをためしましたが、どちらも辞書を認識しません。辞書をGoogle Drive、ダウンロードフォルダ、SDCARDのどこにおいても認識しません。どうすれば辞書が認識できるのか教えていただきたいのですが、よろしくお願いします。

投稿: いーぴーういんぐ | 2016/03/24 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/61296504

この記事へのトラックバック一覧です: ChromebookでAndroidアプリを動かす!:

« アプリでChromebookを使い倒す | トップページ | Chromebookでローカル動作するアプリをセルフ開発してみる »