« EPSON PULSENSEを非対応機種で使う | トップページ | Raspberry Pi 2にプロテクターなど »

2015/02/15

Raspberry Pi 2の初期設定覚書

Raspberry Pi 2が届きました。

Raspi201

ちょうどいいので、最初から一通り再設定をしてみます。
rasbianをダウンロードして、イメージをmicrosdに書き込みます。

LANケーブルをさして起動、ルーターからIPを確認し、sshで入ります。
Raspi205
まずは初期設定です。

$ sudo raspi-config

raspi-configは一通り全部メニューをたどります
1 Expand Filesystem で、microsdの本来の容量にします。
2 Change User Password で、piユーザーのパスワードを変更します。この後、新しいユーザーを作って、そちらで設定作業は行います。設定が終わったらpiユーザーは無効にすれば($ sudo usermod -L pi)いいでしょう。
4 Internationalisation Options は2回選んで、ロケールとタイムゾーンを設定します。
8 Advanced Options も、
│ A2 Hostname
ホスト名を変更します。あとでAvahiを入れて、名前でつなげるようにします。WindowsにはBonjour Print Services for Windowsをインストールして、Windowsファイヤーウォールの5353UDPも開けておきます。
│ A8 Serial
シリアルからLXでログインできるようにします。
│ A9 Audio
HDMIかオーディオジャックかAUTOか設定します。
│ A0 Update
アップデートします。

raspi-configだけでなくアップデートをしておきます。

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get upgrade
続行しますか [Y/n]? Y

$ sudo rpi-update


ファームを最新にしておきます。

$ sudo reboot
ファームを入れ替えたら、一度再起動します。 新しいホスト名も反映されます。 新しいパスワードで入ります。

piユーザーは使わない予定なので、新しいユーザーを作成し、そちらで作業します。

$ sudo adduser newuser

ユーザ `newuser' を追加しています...
新しいグループ `newuser' (1004) を追加しています...
新しいユーザ `newuser' (1001) をグループ `newuser' として追加しています...
ホームディレクトリ `/home/newuser' を作成しています...
`/etc/skel' からファイルをコピーしています...
新しいUNIXパスワードを入力してください:
新しいUNIX パスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました
newuser のユーザ情報を変更中
新しい値を入力してください。標準設定値を使うならリターンを押してください
フルネーム []:
部屋番号 []:
職場電話番号 []:
自宅電話番号 []:
その他 []:
以上で正しいですか? [Y/n] Y

pi@newraspi2 ~ $ groups pi

pi : pi adm dialout cdrom sudo audio video plugdev games users netdev input spi gpio

pi@newraspi2 ~ $ sudo usermod -G pi,adm,dialout,cdrom,sudo,audio,video,plugdev,games,users,netdev,input,spi,gpio newuser

あたらしく作ったユーザーのグループをpiに合わせておきます。

pi@newraspi2 ~ $ groups newuser

newuser : newuser adm dialout cdrom sudo audio video plugdev games users pi netdev input spi gpio


pi@newraspi2 ~ $ su newuser
パスワード:


ユーザーを切り替えます。

newuser@newraspi2 /home/pi $ cd

newuser@newraspi2 ~ $ cp -r /home/pi/* /home/newuser


ホームディレクトリをコピーします。さて、これで、新しいユーザーの準備は終わりです。

newuser@newraspi2 ~ $ sudo vi /etc/ssh/sshd_config
sshのポート番号を適当に大きなものに変更し、root loginは拒否します。 | Port 55522 | PermitRootLogin no という感じです。
newuser@newraspi2 ~ $ sudo /etc/init.d/ssh restart

newuser@newraspi2 ~ $ exit

pi@newraspi2 ~ $ exit


一度ログアウトして、最初から新しいユーザーと新しいポート番号で入りなおします。
$ ssh newuser@192.168.1.123 -p 55522 みたいな感じでしょうか。


newuser@newraspi2 ~ $ wget http://download.getsyncapp.com/endpoint/btsync/os/linux-arm/track/stable

newuser@newraspi2 ~ $ tar zxvf stable

newuser@newraspi2 ~ $ ./btsync --dump-sample-config >sync.conf

newuser@newraspi2 ~ $ mkdir .sync

newuser@newraspi2 ~ $ vi ./sync.conf

bittorrent syncを設定します。
| "device_name": "newraspi2",
| "webui" :
| {
| "listen" : "0.0.0.0:8888" // remove field to disable WebUI
| ,"login" : "newuser"
| ,"password" : "(パスワード)"
あたりを編集しました。

newuser@newraspi2 ~ $ ./btsync --config /home/newuser/sync.conf
起動します。 PCのブラウザで、(RaspberryPiのIP):8888につなげ、先ほど編集したユーザーとパスワードで入り、 運用中のkeyを入れて同期フォルダを作ります。

Raspi207

日記やスケジュールシンクロのための同期フォルダ、作業中の過程保存のための同期フォルダなどを使っています。
環境はすでにできているので、同期が終わればパーミッションだけ整えて、環境構築も終わるはずです。

newuser@newraspi2 ~ $ df

newuser@newraspi2 ~ $ sudo apt-get install avahi-daemon

newuser@newraspi2 ~ $ sudo apt-get install usbmount nkf lrzsz


色々インストールします。


newuser@newraspi2 ~ $ sudo sh -c "wpa_passphrase AndroidAP (パスワード) >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"

無線LANの接続設定をします。

newuser@newraspi2 ~ $ sudo vi /etc/usbmount/usbmount.conf
usbmountの設定を編集します。 | FS_MOUNTOPTIONS="-fstype=vfat,iocharset=utf8,codepage=932,uid=500,gid=500,dmask=0000,fmask=0111" の部分だけです。

bittorrent syncで同期されたファイルを早速使います。

newuser@newraspi2 ~ $ sudo cp ~/hw/LX/lxpi2bits.sh /etc/usbmount/mount.d/10_autocopy

usbmountで自動実行されるスクリプトを入れます。sudo chmod 755などと調整します。

中身はshスクリプトで、bittorrent syncを起動する、日記メモを同期する、スケジュールを同期する、特定のファイルがUSBメモリにあればシャットダウンするという感じのものです。

newuser@newraspi2 ~ $ chmod +x ~/hw/*.sh

newuser@newraspi2 ~ $ chmod +x ~/hw/LX/*.sh

newuser@newraspi2 ~ $ chmod +x ~/hw/appt/*.sh

newuser@newraspi2 ~ $ cp ~/hw/LX/led* ./


スクリプトで使うファイルを整備します。

newuser@newraspi2 ~ $ visudo
新しいユーザーのsudo環境を追加しておきます。
cp /home/ayati/.bash_history ~/LOG/raspi2/ayati_bash_history_20150215PM.txt
ちなみにこんな感じで作業ログや設定済みファイルをbittorrent syncの同期フォルダに放り込みます。sudo cpしてきたものは、運用ユーザーに読み取り権限を与えます。
newuser@newraspi2 ~ $ sudo poweroff
こんな感じで、新しいRaspberry Pi 2の設定が完了しました。


Raspi203

|

« EPSON PULSENSEを非対応機種で使う | トップページ | Raspberry Pi 2にプロテクターなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/61144096

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry Pi 2の初期設定覚書:

« EPSON PULSENSEを非対応機種で使う | トップページ | Raspberry Pi 2にプロテクターなど »