« 2014年7月 | トップページ | 2015年1月 »

2014/11/24

みおふぉんに家族全員でMNP

IIJmioのみおふぉんに家族で一気にMNPポートインしました。NTTドコモとは、スパッと縁を切りました。

Img_20141124_171741

2012年2月27日にサービスが始まったIIJmio高速モバイル/Dサービスは、当時試して日本通信と比べてずいぶん安心して使えるものでした。DTiのワンコインやOCNの日毎パケット上限も面白かったですけれど、一度解約しても、再度契約する気になったのはIIJmioだけでした。

今年の3月13日、IIJmio高速モバイル/Dサービスには、音声通話機能付きSIMカード(愛称:みおふぉん)が新たに加わりました。2014年4月17日には、MNPのポートイン(転入)が開始になりました。

とはいえ、MNP切替に一週間かかる可能性があり、その間電話が使えなくなるというのは困ります。そもそも自分の番号はdocomoのファミリーの代表回線で、嫁さんの回線は請求をまとめています。子供の一人の回線はファミリー割引に入っているだけでなく、ドコモ学割で3年間基本料無料状態になっています。自分がMNPするには、家族の回線をどうするかという問題があります。

データ回線は割りと好きに契約解約を繰り返していますけれど、音声回線はメインの回線をKDDIからSoftbankにMNPし、その後docomoにMNPしてずっと使っています。なお以前の各キャリアの契約音声回線は、一本を残して解約しています。ほとんど使わないもの、音声通話。小箱を買うのは好きですが、毎月お金を継続的に払うのは好きではありません。

有楽町ビックカメラにBIC SIMカウンター powered by IIJができて、即日MNP切替が可能になったと聞いても、家族で東京に行くときはそんなところに寄るような時間はもったいなくて、そのうち神戸にも展開するといいなと思っていました。
先月、2014年10月25日(土)ついに大阪なんばのビックカメラにBIC SIMカウンターが開設されました。やっときたかー。

10月11月は平日仕事だけでなく週末も忙しく、嫁さんの実家や学校の行事や旅行や出張で、この週末、ようやく自由に時間が取れる日ができました。まずは子供のかねての希望通り丸一日釣りに行って、今日ようやく大阪のビックカメラに行くことができました。

嫁さんに、ドコモメールが使えなくなりGMAILに変更しないといけない、ドコモの各種サービスは全て使えなくなる。でも6500円が2000円くらいになる、と説明すると、即決即断で家族全員のMNPが決定しました。2年間の契約更新月も待たず、学割期間も全て捨ててMNPです。それでも、一月でも早くMNPするのが一番安いのです。
(…MNP乞食、ケータイ乞食という手もありますけれど、今は時間を割けません)

久しぶりに梅田に出て、なんばに移動します。ビックカメラはもうポイントカードも何年も前に仕舞い込んでそれきりです。でも場所は良く覚えていてさっくり到着、自転車売り場の隣にBIC SIMカウンターはありました。

Img_20141124_125724

ええ、2時間待ち!!?と驚くも、ベンチに座っていたおじさんは、「あ、すんません」かなにかつぶやいていなくなります。延々しゃべっていたおばちゃんも、しばらくしたらいなくなります。なんだ待ち行列じゃないのか、順番の番号まで書いてあるのに。結局行列は10人弱だったようです。並んで待つと、列はどんどん短くなります。申込の書式が置いてあるので、待ちながら記入しておきます。ところがここで問題が発生、嫁さんは運転免許証がないため、本人確認書類が一覧にないのです。
しばらくして事前確認の店員さんが来たので、免許ないのでここの一覧に載っている書類がなく、保険証ではだめですかと尋ねると、厳密にこの一覧にないと店頭カウンターでは受付できないです、申し訳ありませんけれど、郵送の申込でお願いしますとはっきり返事されてしまいます。仕方ないので、嫁さんのMNPは郵送にして、自分のと子供の分だけカウンターで切り替えることにします。

小一時間でカウンターへ。手続きはiPadで全て完結します。
ぼくは現在契約中のmioIDがすでにあるので、申込はずいぶんスムースでした。パッケージのエントリーコードを店員さんが入れて、mioIDとパスワードを自分が入れます。mioIDがあれば、クレジットカードは使いませんでした。カタカナの名前と生年月日、電話番号とMNP予約番号などいくつかの項目を入れ、SIMのサイズを選択し、確認事項にチェックを入れまくります。途中mioIDに登録したメールアドレスに認証コードがメールされますので、そのコードを入力します。入力完了の後、本人確認書類として免許証を撮影します。
これを自分の回線と子供用回線の分繰り返します。十分程度でしょうか。終了後、iPadの辞書のクリアをします。そうか色々大変だなあ。

11時前くらいから並んで、お昼には申込が終わります。SIM発行に30分かかるとのことで、丁度昼食にします。すぐ裏のバーガーキングに入って食べます。20分ほど経つと、携帯電話が突然圏外に変わります。おお。早速ビックカメラに戻ってSIMを受け取ります。嫁さんの分のパッケージも合わせて調達します。これは帰宅してすぐ申し込みました。バーガーキングでSIM入れ替え。無事通話と通信ができました。

Img_20141124_125745

祝日の午後1時、今なら列は二人だけです。これなら1時間もあれば切替できそうな気がします。


ドコモメールは何に使っていたか。一番多いのはGoogleの二段階認証と、Googleカレンダーの通知でした。SMS選べるようにして欲しいものです。
他に、楽天に昔登録していました。もう使っていないけれど。ヨドバシドットコムにも登録が残っていました。これらは、梅田へ行く電車の中でメールアドレスの登録を削除しました。モバイルSUICAは念のため機種変処理にしておきました。
ミマモルメのメールがドコモメールだと気づいたのは後からで、帰宅してから変更しました。

今回の回線のドコモ契約期間は5年半でした。

docomoを解約して、実にすっきりしました。MNP開始初日にKDDIを解約したときも、Softbankと縁を切ったときも、すっきりしました。docomoはそれなりに納得して使っていましたけれど、こうして家族で全員解約してみると、とてもすっきりしました。

一人消費税別月1600円、通話した分だけ課金。これでいいです。楽天でんわも申し込んだけれど、実際まったく使っていません。だって多くても月200円程度しか通話しません。ややこしさを捨てて、シンプルにすれば、余計な時間は一切かかりません。最適な料金プランやパケットプランの組み合わせ、割引やキャンペーンなどの情報収集や比較検討なんて、時間の無駄だったんだ、と今更ながら気付かされます。冷静になってみると、三大キャリアの色々なしがらみなんて、ユーザーにとって、無価値なのです。しばられることから開放されると、簡単な真実に気付きます。

通話が少ないなら、みおふぉん、おすすめです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2015年1月 »