« 植木屋さんのゲームソフトがフリー化 | トップページ | みおふぉんに家族全員でMNP »

2014/07/13

ケースに入れて、Raspberry PiをHP200LXのお供に

持ち歩きRaspberry Piがとりあえず完成!
Raspilx60

HP200LXとRaspberry Piの組み合わせ利用、特に出張や旅行で宿泊時にも、ノートPCやタブレットなしで、コンピュータを毎日の供とする、持ち歩き先での活用に必要な最後のピースとして、Raspberry Pi用のケースが届きました。

Raspilx69

こんな感じで、航空郵便の封筒で届きました。
注文してから生産待ちで1ヶ月、発送してから一週間、チェコのEMKO Caseから来たものです。

放熱の良さそうなアルミケースを探していて、国内で買うよりずいぶん安かったのです。送料は最初船便かと思ったほど安価でした。製品が11.13ユーロ、送料が6.05ユーロです。本体千五百円の送料800円といったところでしょうか。

裸の基板で持ち歩いていると、電源のmicroUSBの抜き差しで壊しそうですし、放熱に問題が出るのを避けたいと思い、プラでなく金属ケースにしました。

精度はきっちりしていて、安心感のあるケースです。

Raspilx68


使っていないビデオ端子の横からブレッドボードジャンパワイヤでGPIOから4線出して、LXのシリアル接続ができるようにしました。

Raspilx65


バッテリーは、ホテルに入ったときはスマートフォン用の充電ケーブルで給電できますけれど、持ち歩いてどこでも使うには、当然バッテリー駆動できるようにします。
Anker
Astro Mini を輪ゴムでとめています。コンパクトにまとまっています。

Raspilx64


ビジネスホテルに宿泊すると、テレビとか見ませんから、HDMIケーブルでRaspberry Piをつなげて、音楽プレイヤーのスピーカーとしてテレビを使います。操作はLXをつなげて、
omxplayer
や、
mplayer
で再生します。
iTunesでエンコードしたm4aファイルをごっそりwinscpで転送しておきました。winscpではsftpの環境設定で、ファイル名をUTF-8でエンコードを[オン]にしておきます。

こうして出張先ビジネスホテルのBGMもRaspberry Piで演奏します。

Raspilx67

ノートPCやタブレットを持ち歩くのもいいですけれど、Raspberry PiとHP200LXなら小さなものです。
Raspilx62

HP200LXも、Raspberry Piも、それ単体だけだと、どうしても機能的に欠けるところがでてきてしまいます。
けれど、組み合わせれば、sshでサーバーのメンテをするのもずいぶん実用的です。Android端末やiOS端末ばかりいじらなくても、PCやMacを持ち歩かなくても、なんだか楽しくやれてしまいます。

Raspilx61

いじって、楽しんで、実用です。楽しいね。

|

« 植木屋さんのゲームソフトがフリー化 | トップページ | みおふぉんに家族全員でMNP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/59976964

この記事へのトラックバック一覧です: ケースに入れて、Raspberry PiをHP200LXのお供に:

« 植木屋さんのゲームソフトがフリー化 | トップページ | みおふぉんに家族全員でMNP »