« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014/01/15

ZTE OpenでのGPSトラックログ

ZTE Openのトラックログです。
Tmp_zteopentracklog201401635467156

log


安物なのに、意外にとても優秀です。アプリはRun Recorderです。

ZTE Open自体も、安価でもっさり動作の端末ですけれど、ブラウザは普通に快適です。十年前のT-Mobile G1と比べると、もっとシンプルで美しく、マニアックさがありません。今の所スマホもどきです。
Firefoxで動いているというのがわくわくするところですけれど、そこじゃなくてなんと言うか、5年前のやましたひでこさんの断捨離っぽく使うのがいいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/13

宍粟杉のボールペン(故郷の木もち 宍粟杉)

Dscn1648

お正月にれんちゃんのカスタムカエデを見せてもらい、木軸のペンの手触りいいなあ、と思い、三宮のナガサワに見に行って見ます。
そこで入手したのが、「故郷の木もち」シリーズの宍粟杉(しそうすぎ)のボールペンです。

Dscn1649

三菱鉛筆(uni)のサイトの商品情報には、この製品情報がありません。なんと、このご時勢、公式Webサイトでこの商品は宣伝していないようです。

製品形状仕様としては、同社の「ピュアモルト」シリーズそのままです。
ピュアモルト ナチュラル 軸径 10.9mmのボールペン(SS-1025)シャープペン(M5-1025)ほぼそのままに見えます。

違いは、木の素材がウイスキー樽ではなく、当地の木材である点です。「故郷の木もち」シリーズは、各地域で伐採した木材を素材に使ったボールペンとシャープペンで、産地限定で売り出しています。
兵庫県では、宍粟杉となっています。

ボールペンは、手が疲れるため万年筆に移行し、油性ボールペンの黒が必要な場合にはウエストポーチのポケットに入れたマッキ― ストラップボールペンか、リュックの中ポケットに転がしたままのジェットストリームスタンダードを使っていました。
故郷の木もち 宍粟杉を使ってびっくりしたのは、木軸の肌触りより先に、杉の香りでした!
ぼくはスギ花粉症で、今年も耳鼻科に薬を出してもらいにいかないと厳しい時期ですけれど、杉の香りは好きです。昔屋久島に旅行したとき、自分用のおみやげに屋久杉の小さな端切れを買って帰って、ときどき香りを楽しんでいました。

嗅覚で存分に楽しめるペンです。

Dscn1647

とはいえ、まずは実用品のボールペンです。uniの書きやすいリフィルですけれど、ジェットストリームではありません。
メーカーの油性ボールペン 替芯で確認すると、S-7Lのみ替芯とされています。
ここはジェットストリームにかえたいところです。

そこで、長さ太さが同じスタイルフィットリフィルの、スタイルフィット ジェットストリーム リフィルを少しだけ改造して使うことにします。
SXR-89-10とSXR-89-07の黒を調達して試します。

Dscn1653

S-7LとSXR-89は長さも太さも同じです。SXR-89にはばねを止める突起がついていないだけの違いです。
S-7Lの突起と同じ位置にテープを巻いて代わりにします。改造といってもこれだけです。

テープが破れたりべたべたするのを避けるため、アセテートテープにしておきました。

手許にあるのは寺岡製作所の製品で、アセテートクロス粘着テープです。

Dscn1652

これでジェットストリーム化完了です。

Dscn1655

気持ち良く楽しく使い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/07

Lumia 520でのGPSトラックログ

GPSトラックログですが、昨年Windows Phone8がシェアを伸ばした立役者、NokiaのLumia 520です。


Lumia520_runtastic_log
log


アプリはRuntasticです。OSもアプリも違うので比較にはなりませんが、同じときにNexus5だと、
Nexus5_201401_log

つまり最新のAndroid端末と比べても遜色ありません。

Windows Phone8なので、iOS同様不自由ですけれど、iPhone5の四分の一の値段でこの品質なら大満足だと思える出来です。安っぽさや動作の重さは皆無で、美しいです。没落のNokiaの良端末でしょう。


なお、Windows Phone8でドコモメールは、

Wp_ss_20140107_0001

同期受信の設定で、ダウンロードするメールの管理は「すべての期間」にし、SSLを使用するにし、

Wp_ss_20140107_0002

同期送信の設定で、送信メールサーバーに:465を付加し、SSLを使用するにしておけば送受信可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »