« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013/12/28

ドコモメールをMac miniで即時受信。自動でGMailに転送

SPモードメールのクラウド対応、「ドコモメール」に移行し、docomo ID利用設定切替が完了しさえすれば、ドコモスマホをSPモード接続しなくても、普通にPCやMacでドコモメールがIMAPで受信できます。

うちでは、Mac miniが常時稼動しているので、ここでドコモメールIMAPサーバーに接続しておき、受信したメールをすぐにGMailに転送することにします。
こうすれば、Android携帯のメールアプリでIMAPのIDLE接続し続けてPUSHを待たずとも、GMailのPUSHを利用してすぐに受信できます。GMAILアプリを使っていて、他のメールアプリも使うより、統合しておけることになります。

Macのメールでのドコモメール受信設定は、ドコモメールアプリ以外のメールソフトでのご利用方法のページに、Macでのご設定方法 (PDF形式:330KB)が親切に公開されています。

Macでドコモメール受信できるようになったら、ルールで転送設定を作ります。
Macmail1

ルールの内容は、たとえば、こんな感じです。

Macmail2

docomo.ne.jpのメールを、GMAILの自分のメールアドレスに転送するだけです。

例では、念のため、受信日を1日間だけにし、エラー返信のループを避けるためReturned mailを除外しています。
また、GMAILも、自分のメールアドレスに「+docomo」のように印をつけておき、GMAIL側でフィルターしやすくしてあります。GMAIL側では「docomo.ne.jp」ラベルをつけて区別しています。

これで、ココモメールに着信したら、すぐにGMAILに転送され、Android端末なら通常のGMAILのPUSHと同等に即時配信されます。

メールアプリのPUSH対応機能や電池の保ちへの影響など、一切気にせずに運用できるのが楽な点で、Macは常時稼動させておかないといけないのが条件です。
また、GMAILなら絵文字等も、それなりに読めます。

あとひとつ、Macのメールに設定したアカウントがオフラインになってしまっていると、即時自動受信しませんので、

Macmail3_2

オフラインになってしまっていたら、オンラインにしておけばよいでしょう。

ドコモメールは、SPモードメールからドコモメールへ移行とdocomo IDの利用設定切替が、ドコモメールアプリ対応済みのドコモスマホからSPモード接続して行う必要があるなどの、やっかいな壁がありますけれど、IMAP接続が開放されるということは、こうしてPCやMacで自由に設定して活用できるということで、便利になったなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/21

ドコモメール、IMAPメールクライアントアプリ対応

前回ドコモメールがIMAP(IDLE対応)とWebメール開始エントリの後、アプリ対応の動きがありましたので少しだけフォローです。

まず、k-9 mail ver. 4.801での送信エラーについては、ドコモメールサーバー側が対応したらしく、送信できるようになりました。
Android4.4の最新デバイスでも、普通にGoogle playからk-9メールをインストールすれば済むようになりました。

アプリ側では、CosmoSiaがドコモメールに対応し、アカウントの設定からドコモメールが選択肢に出てくるようになりました。
もちろん、デコメも送信できるようになっています。
ドコモメールアプリやSPモードメールアプリと同じようなアプリがいい方向けでしょうか。

デコメ絵文字を受信すると、それぞれのアプリでどうなるかですが、

まずpushに即反応するMailDroidでデコメを受信した場合の画面表示です。
Screenshot_20131221maildroid

ぼくはこれでおっけーです。デコメ受信しても問題ないですね。

Android用メールアプリの老舗、オープンソースのK-9 Mailではこんな感じです。
ます、本文が表示され、添付ファイルのボタンができています。
Screenshot_20131221k9mail1
古いAndroid端末でver. 4.409を動かすとインライン表示できています。画像はNexus 5の場合です。

添付ファイルのボタンを押すと、
Screenshot_20131221k9mail2

こんな感じで表示されます。
大きく表示できて便利だったりもします。

デコメ対応アプリCosmoSiaで受信するとどうでしょうか。
Screenshot_20131221cosmosia

MailDroidと同じような表示です。
デコメ作成が作りつけなのが特徴ですね。こういうのが欲しい方にはいいのでしょう。

…ぼくは確認が済んだらアンインストールしました。

ところで、デコメ受信は、別にドコモメールでなくても、普通にGMailのアドレスに送ってもらえば、普通にこんな感じで表示されます。
Screenshot_20131221gmail

問題ないですね。
そういうわけで、ドコモメールのようなキャリアメールは使わないようにして、GMailに乗り換えてしまってもいいでしょう。

ところで、ぼくは二段階認証のためにもdocomo.ne.jpのアドレスを使っているのですけれど、なんか納得いかない気はします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/18

ドコモメールがIMAP(IDLE対応)とWebメール開始

昨日、12月17日より、SPモードメールのクラウド機能であるドコモメールが、IMAPに対応しました。

ようやく、@docomo.ne.jpのメールが、IMAP対応の好きなメールソフトで利用できるようになります。もちろんPCでも、NEXUS 5のようなSIMロックフリーの機種でも、ドコモメールアプリ非対応機種でも、設定切替さえ済めば、マルチデバイスで使えるようになりました。

ところが、普通にmydocomoから設定切替ができません。
SPモード契約をして、SPモード接続した端末からでないと設定切替できません

しかも、原則ドコモメールアプリ対応機種でないと設定切替できません。

ドコモメールアプリの[メール設定]より[ドコモメール設定サイト]にアクセスし、[docomo ID利用設定確認]からdocomo ID利用設定を「利用する」に設定する、というのが手順です。このとき、SPモード接続して行う必要があります。SPモード接続はIMEI制限のため、ドコモ販売端末とドコモがSPモード接続を認めた(SoftbankのSIMロック解除端末)機種に限定されます。

ドコモメールアプリ対象機種はAndroidOS 4.0以降かつdocomo Application Manager対応端末について、順次機種ごとに対応しているようです。
ドコモメールアプリが対応した機種ではSPモードからドコモメールに移行でき、昨日からは、docomo ID利用設定を利用するに設定切替すればIMAPやWebメールが使えるようになるというわけです。

残念ながら、NEXUS 5でこの設定切替はできません。

microSIMをドコモ販売のAndroid端末に戻して、設定切替だけすることにします。
iPhoneの場合は、今回もプロファイルをダウンロードして適用する形です。Android4.0以前のドコモ端末の場合は、Opera MobileでiPhoneのUA偽装でプロファイルダウンロードで設定切替という邪道な方法しかない状態です。

ガラケーとSIMロックフリースマホしか持っていないと、ドコモメールは使えないということになります。

さて、設定切替のためにあきらめて、対応機種にXi用SIMをさしてドコモメールアプリをdメニューからインストールします。SPモードメールからドコモメールに移行し、ドコモメール設定サイトでdocomo ID利用設定を「利用する」に設定切り替えます


設定切替が済んだら、ドコモから販売されたスマホは不要です。SIMを抜いて、NEXUS 5にSIMを戻します。

ここからは、IMAPのメーラー設定の通りに設定します。
PC用の代表的なメーラーの設定が親切に例示されています。

自動でいかないのは、メールアドレスはdocomo.ne.jpだけど、サーバーはimap.spmode.ne.jpとsmtp.spmode.ne.jpだという点、サーバーの設定は入力が必要です。また、メールアドレスが認証ユーザーIDになるのではなく、docomo idを入力しなおす点です。
接続の暗号化はSSL(over SSL3.0)なので、ここも設定を選びます。送信用SMTPサーバーの接続ポートは、465です。メールクライアントによっては、465と入力する必要な場合があります。

設定がエラーなく完了したら、送受信テストです。

Android用メールアプリの老舗、k-9 Mailで設定してみます。
ただ、NEXUS 5でGoogle playからインストールすると、ver. 4.801になります。受信は良好ですが、送信がエラーになります。
k-9のプロジェクトページからはk9-4.409-release.apkがダウンロードできます。こちらなら送信は可能です。
2ちゃんねるのドコモメールスレには送受信可能な4.801改があがっていました)

MailDroidは問題なく送受信でき、IMAP IDLEによるPUSHも良好です。PUSHはk-9よりリアルタイムに即反応する印象です。今回初めて使ったのですが好印象です。とにかくリアルタイムですぐPUSHして欲しい向きには良いです。ただBattery Mixの稼動プロセスでk-9より上位に上がっているので、もしかしたら電池消費は少し上かもしれません。

キャリアメールなので、CosmoSiaあたりなら、今後のデコメや絵文字の対応に期待ができるかもしれません。今日現在はドコモメールのIMAPでのデコメと絵文字は対応予定になっています。そういうのがいいなら、本家ドコモ端末でドコモメールアプリを使うのがいいのではないかという気もします。ぼくはアンインストールしました。

PCでは、Becky!で確認しています。主なメールソフトでの設定方法に設定は分かりやすく載っています。Microsoft Outlook 2010, Windows Live Mail 2011, Thunderbird, Becky! Internet Mail, Mac, iPadはこちらを見れば悩まなくて済みます。

あ、あとWebメールは、ドコモメール(ブラウザ版)です。

docomo.ne.jpのメールアドレスを、IMAPでPCや好きな端末のメールアプリで使えるようになりましたけれど、設定切替にはドコモメールアプリ対応端末でSPモード接続が必須という壁があります。
色々あきれることもあるけれど、結果、満足しています。


ドコモメール、IMAPメールクライアントアプリ対応に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »