« そろそろいい感じのWindows8.1タブレット、最新Atom Z3770で | トップページ | ドコモメールがIMAP(IDLE対応)とWebメール開始 »

2013/11/26

三度、Google Nexus 5にストラップを!

Google Nexus 5にストラップを!の続き、そろそろ完成型を目指します。

Dscn1149


ドロイドくんTPUケースは、気に入って使っています。ところがケースをつけると、わずかに大きくなってしまい、せっかくの絶妙な幅と薄さのNexus 5が気持ち大柄になってしまいます。
Dscn1109

そこで、TPUケースの側面をカッターで裁ち落してみました。
これで、幅は元の幅に大体なって、筐体は保護されている感じになります。
しばらくこの状態で使っていましたけれど、USBにSDのアダプタをさすためにケースを外してみると、Nexus 5の薄くて持ちやすいことといったら。

そこで、今度こそ、筐体下部に直接ストラップをつける決心がつきました。

まず、樹脂製こじ開けで裏蓋を開けます。ボリュームキーからぐるりと開けていき、筐体下部の粘着剤はぐいぐいとこじって開きます。
ストラップ固定用ネジは、一番持ちやすい下端の向かって右側です。
Dscn1137

最終的にこのネジで固定することにします。
このネジは、普通のプラスネジです。精密プラスドライバーがあれば大丈夫です。

ところが、ストラップをUSBと干渉せずに出すのはむつかしいことがわかりました。やはりここは穴開けが必要です。
Dscn1138

良く見比べて、ストラップホール予定地に鉛筆で印をつけます。
Dscn1139

ピンバイスで穴をあけます。1.0mmのピンバイスを使いました。
一回では穴が小さすぎるので、3回ピンバイスを通して、穴を横に広げます。
Dscn1142

いい感じにストラップホールが開きました。
Dscn1143

まずこの穴からストラップを入れて、
Dscn1145

先ほどのプラスネジを一度ゆるめて、ストラップを巻き付け固定します。

Dscn1147

できました。裏蓋を閉めます。

Dscn1148

なお、Nexus 5の裏蓋を開けて、元に戻したときにQiの無線充電ができなくなったときは、裏蓋のはめ込みが足りないことがあります。この部分をよく押して、さらにパチンと音がするまで裏蓋を密着させておきます。

Dscn1150

できました。
Google Nexus 5にストラップが良い感じで付きました。

さらに、落下防止にeGripsを貼ります。
Dscn1153

pocketgamesで何種類か調達してあったeGripsのうちから、クリアタイプのものを選びます。

Dscn1155

背面のNEXUSロゴの両脇に貼り付けてみました。

Dscn1160

eGripsはすべり止めに有効です。
Dscn1162

Nexus 5にストラップホール、完成型です。

|

« そろそろいい感じのWindows8.1タブレット、最新Atom Z3770で | トップページ | ドコモメールがIMAP(IDLE対応)とWebメール開始 »

コメント

すごく参考になりました!!

投稿: | 2013/12/14 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/58645124

この記事へのトラックバック一覧です: 三度、Google Nexus 5にストラップを!:

« そろそろいい感じのWindows8.1タブレット、最新Atom Z3770で | トップページ | ドコモメールがIMAP(IDLE対応)とWebメール開始 »