« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012/12/30

年末年始4泊飯田線旅行に持ち出した小箱は

今年も色々楽しみました。

恒例冬の飯田線に持ち出す装備ですけえれど、カメラはNIKON 1 V1で、いわゆる「ミラーレス一眼」とも呼ばれる種類のデジタルカメラです。オートフォーカスの扱いやすさが一番の理由です。発表時のカタログスペックを見て即却下したけれど、実際使ってみてこんな使いやすいカメラはないと思っています。

小箱はどうでしょう。

Dsc_0018

メモ(日記、時記)はHP200LXとなりました。Energizerリチウム単3電池を入れています。カードはmicroSDHC 4GBです。L-04Cと争って、競り勝ちました。
Android経由でDropboxと連携するために、AirStashも一応持ち出します。

続いて、初代発売以来牙城を守ってきたiPod nanoをついに蹴落としたXPERIA miniが音楽プレーヤーです。
Mac miniのiTunesの音楽データをフォルダごとmicroSDHCに放り込みました。プレイリストは使うものだけiTunesで書き出してm3uファイルにして同様にmicroSDHCに入れています。m3uの中身は、パスの置き換えと、NFDからNFCに変換だけかけています。

LXのmicroSDHCのDropbox連携はこのXPERIA miniのスロット経由でもかまわないです。

メインのケータイ、Android端末はF-11Dです。Optimus Vu L-06DやAQUOS Phone st SH-07Dをおさえて、メインの座を勝ち取ったのは、ひとえに電池の保ちが良いからです。廉価端末で、カメラ機能は弱く、インカメラがない、LEDフラッシュがない、SHOT NOTEアプリの撮影に対応していないという欠点があります。プロセッサのスペックが同じSH-07Dがサクサクなのと比べ操作から反応にワンテンポ遅れます。
けれど、予備電池もなし、いわゆるモバイルバッテリー空中給油の準備もなしで、山間の圏外が断続的に発生する飯田線旅行でも、電池切れの心配が要りません。

腕時計は、ATESSAエコドライブ電波時計、ATD53-3052です。列車の発車時刻を正確に把握するため、毎日使っている儀象堂で組んだ自動巻きは避けました。秒単位で合っているものにしたかったからです。

電池の保ち優先なのに、kindle PaperWhiteが選に漏れたのは重いからです。同様に、タブレットやPC、大き目筐体ハイスペックスマートフォンの類はみなお留守番です。

基本的に紙は使いませんけれど、駅のスタンプのために、また幼児のお絵かきのために、SHOT NOTEを携帯します。今は豊富なラインナップがありますけれど、色々試した結果、持ち歩いているうちに角が丸まってしまうとメモパッドタイプは認識しなくなるので、ツインリグタイプにしています。その中でも、透明表紙ツインリグタイプが通常のツインリングタイプより枚数少な目でかさばりません。サイズはMサイズ(A6)だとさまざまな駅スタンプがはみ出ることなく押せて大変具合が良いです。

こんな感じで、数日の信州等へのおでかけに特化して選定した結果がこの組み合わせとなりました。

では、良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »