« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012/11/19

kindle Paperwhiteの安心

今日無事kindle Paperwhite 3Gが届きました。

Dsc_0313

アカウントは設定されています。最初のチュートリアルで、操作法は了解できます。

Dsc_0315

そうして、読書です。Kindleストアで電子書籍を買う使い勝手の話をここでするわけではありません。
一応、試しに一冊(氷菓)を買っています。それはそれです。

Dsc_0316

表示されるのは、リレー小説番外編(テキストファイル)や自分の書いた文章(テキストファイル)、読もうと思っていたサイト(ステーション日誌)のhtmlです。
Dsc_0319

自炊PDFではありません。リフローというか、文字の大きさの自由な調整は大前提だと思っています。Kindleストアの日本語コンテンツがリフロー対応なのは、とても良いことだと思っています。

でも、テキスト派としてはテキストファイルやシンプルなhtmlファイルを扱うつもりでいます。

Kindleパーソナル・ドキュメントサービスです。

5GBの大容量、様々なフォーマットへの対応しています。
Microsoft Word (.DOC, .DOCX)
HTML (.HTML, .HTM)
RTF (.RTF)
JPEG (.JPEG, .JPG)
Kindleフォーマット (.MOBI)
GIF (.GIF)
PNG (.PNG)
BMP (.BMP)
PDF (.PDF)

添付ファイルでSend-to-Kindle Eメールアドレスへメールするだけです。


Dsc_0318

こうして、kindleは自分のものになっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/16

明朝体フォントをバージョンアップ後のF-05Dにインストール

F-05Dは電池保ちがとても悪いですけれど、大きさ重さは適当で、サクサク使いやすい端末です。

GPSもとりあえず他端末のように使えるようになったので、しばらく使っているのですけれど、個人的には明朝体フォントを入れたいです。
そこで、root権限なしに好きなフォントをインストールすることにします。

Screenshot_20121116185415

まず、フォントですけれど、出島明朝フォントを入れます。MITライセンスのフリーなフォントなのに、築地明朝をベースにした大変見やすい日本語フォントです。日常使う漢字はすでに作成されていますけれど、記号や英文字などは不足しているため、IPAex明朝から持ってくることにします。

古本屋で昔の本を安く買って読んだ活字本になじみのある世代なので、明朝体活字の元祖、築地明朝はとてもしっくりきます。リュウミンも美しいと思いますし、ヒラギノ明朝なども綺麗ですけれど、出島明朝のシンプルさは、小さな画面で見ていて装飾の鬱陶しさが皆無です。IPAex明朝と合わせて、不自由なく利用できる環境が作れるのは幸せなことです。

出島明朝フォントにIPAフォントを結合する手順は、Ubuntu上のFontForgeで行います。

Ubuntu1

まずはIPAexフォントのサイズを出島明朝に合わせます。

Ubuntu2

そしてdejima-mincho-r227.ttfを開いたメニューから、ipaexm.ttfを結合します。
出島明朝に足りないグリフをIPAexから持ってくる形です。

Ubuntu3

TrueType形式フォントを出力します。

以下に公開しておきます。

dejimaEX.zip(4,885,417bytes)のダウンロード


さて、F-05Dにインストールするには、オリジナル手書きフォントを選ぶ形になります。

まず設定-ディスプレイ-フォントでオリジナル手書きフォントを選び、一度設定しておきます。

そして、dejima-minchoEX.ttfをmicroSDに入れておき、ConnectBotなどのターミナルアプリで、

$ dd if=/sdcard/external_sd/dejima-minchoEX.ttf of=/data/fonts/myfont.ttf

とコピーしてやります。
もちろんadb shellでも可能です。

これで、OSバージョンアップ後にroot権限取得していないF-05Dでも、明朝体フォントのインストールができました。

Screenshot_20121116201243


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/11/09

バージョンアップ後F-05DのGPSトラックログ

F-05DのOSバージョンアップによって、良くなった点を二つあげます。

一つは、何度アップデートされても直らなかった、プレイリストの消失バグがようやく解消されたこと。
もう一つは、GPSトラックログが、ようやく他の感度の悪いAndroid端末と同等になって、MyTracksである程度記録ができるようになったことです。
アップデートのたびにためして、数分でトラックログが途切れてその後GPSの位置情報を正常に取得できなくなる現象がなくならないのを確認してだめだなーと思っていたのですけれど、OSバージョンアップでようやく他機種と似たような挙動になりました。

F05d_ics_map


とはいえ、なかなか衛星をつかまないので、GPS感度が悪い機種であることは間違いありません。
また、OSバージョンアップ翌朝に自転車で走ってみたら、数分で途切れたりはしませんでしたけれど、数十分で途切れました。まあ、これなら過去にそういう端末もありましたから、ああ評価低いよね、で済みます。今までは失格としか言いようがありませんでしたから。
販売元のNTTドコモでは販売終了機種になってからのOSバージョンアップです。その割には真面目に作りこんであって、好感が持てます。

今朝は最後まで途切れずにトラックログを記録できました。精度はなかなか良いです。ただ、同時に記録していたOptimus Vuの方が、はるかに衛星の掴みは早かったです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/11/08

F-05DのOSバージョンアップ開始後

F-05DのOSバージョンアップが開始されました。

Android 4..0.3 になります。

goroh_kunのF-10Dの手法で、root権限の/dev/shによる#取得まで可能でした。

ただ、以前のバージョン用のlsm_disabler.koをinsmodできませんので、/systemのrw,remountは失敗します。

F-05Dは、さくさく軽快に動作して、快適です。
とはいえ、電池の保ちは悪いのは相変わらずで、使っているとあっという間に減っていってしまいます。この機種の特性でしょうか。4.0になったおかげで、不要なプリインストールソフトの無効化が標準でできるようになったので、スリープ時の消費はおさえられるようになりました。

ぼく個人の用途では、GPS感度が飛びぬけて弱く、その点では使い物にならないです。外にメイン機としての復活は難しそうです。昨日と今日は、それでもメインにしてみています。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »