« 電池保ちの良いF-11Dで撮影時に静かにする設定 | トップページ | 自転車GPSログ、F-11D、L-06D、SH-07D、Optimus Pro C660 »

2012/10/06

ARROWS Me F-11Dのroot権限取得とフォント変更

前回のエントリで、goroh_kun手法で/dev/shで#を出してシャッター音の変更に触れました。

Android4.0 ICSでは、不要なプリインストールアプリの無効化機能が標準ですので、root権限の必要性は低いと思っています。実際、AQUOS PHONE st SH-07Dではroot権限を必要に思ったことがありませんでした。これは、シャープ端末では、美しい追加日本語フォントを選んでインストールできたというのも大きいと思います。

電池の保ち今年夏モデル第二位のSH-07Dからぶっちぎり第一位のF-11Dに移行して、電池の保ちは満足しています。
F-12Cでも愛用していたNX!comfort UIを使っていたのですが、ちょっと困った現象に遭遇しました。NX!comfort UIがしばしばエラーを出すのです。
嫌気がさして、ADW EXをインストールして移行しました。いらなくなったNX!comfort UIはまだたまにエラーを出すので、無効化しようとしたところ、できません。
Screenshot_20121005235315
「無効にする」ボタンがグレーアウトして押せないのです。むー、いらないよ、エラー出してるくせに常駐して邪魔なだけだもの。

もう一つ、フォントは、丸ゴシックはUD新丸ゴで大変満足なのですけれど、ぼくは明朝体が好みです。SH-07Dは美しいモリサワリュウミンM-KLをインストールして満足していたのですけれど、これはシャープ端末用のようで、F-11Dでは「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」と出てインストールできませんでした。
仕方ないので、出島フォントを入れることにします。

そういうわけで、もう必要ないかなと思っていたroot権限を必要とする羽目になりました。


前回の続きになります。
goroh_kunの手順で、/dev/shで一時rootが取れる状態になっていることを前提に、

>adb push su /data/
適当なsuバイナリを転送しておきます。

※suバイナリが古すぎると動きません。おすすめは、http://hosted.androidsu.com/superuser/にある、su-bin-3.1.1-arm-signed.zipに入っているsuで、これで動作を確認しています。

$ echo /data/local.org/tmp/mkdevsh > /sys/kernel/uevent_helper
(WifiをOnしたりOffしたりします)
$ /dev/sh

で、#を出します。


# mount -o rw,remount /system
# dd if=/data/su of=/system/bin/su
# chown root.root /system/bin/su
# chmod 06755 /system/bin/su
# ls -l /system/bin/su

-rwsr-sr-x root root になっていることを確認します。

この状態のまま、F-11DでGoogle PlayからSuperuserとBusyBox Installerをインストールします。

インストールしたらすぐにSuperuserを起動し、infoタブのsu binary欄をタップして、suのバージョンアップをします。
新しいバージョンのsuをダウンロード後の書込みでエラーが出るようなら、

# mount -o rw,remount /system
で念のためmountしなおしてから試します。

suバイナリのバージョンアップが済んだら、BusyBox InstallerでBusyBoxをインストールします。

こうしてアプリからroot権限を利用する環境が整いました。

Screenshot_20121005234801

Titanium Backupをインストール、起動し、root権限が使える状態なのを確認します。


Titanium Backup Proで、NX!comfort UIを凍結します。

Screenshot_20121005235344


どうも無駄な手間だという気がします。ユーザーがいらないプリインストールアプリは無効にできるようにしておいて欲しいものです。

ついでにフォント変更です。

 > adb push dejima.ttf /system/fonts/
 > adb shell
出島フォントを転送しておき(microSD経由コピーでもかまいません)、
$ su
# chmod 644 /system/fonts/dejima.ttf
# mv /system/fonts/DroidSansJapanese.ttf /system/fonts/DroidSansJapanese.ttf org
# ln -s /system/fonts/dejima.ttf /system/fonts/DroidSansJapanese.ttf

ICSなのに何でこんなこと…。

ちなみに、Chromeをインストールすると、本来の手順でFallbackフォントを検索して利用するようですので、ICS本来の設定も変えておきます。

 > adb pull /system/etc/fallback_fonts.xml

fallback_fonts.xmlをテキストエディタで書き換えます。


(前略)
<familyset>
<family>
<fileset>
<file>dejima.ttf</file>
</fileset>
</family>
<family>
<fileset>
<file>DroidNaskh-Regular.ttf</file>
</fileset>
</family>
(後略)

こんな感じで、直後に、優先して使いたいフォントファイル名を <family><fileset><file>dejima.ttf</file></fileset></family>のような記述で挿入します。

 > adb push fallback_fonts.xml /data/fallback_fonts.xml
 > adb shell
$ su
# mount -o rw,remount /system
# mv /system/etc/fallback_fonts.xml /system/etc/fallback_fonts.xml.org
# cp /data/fallback_fonts.xml /system/etc/
# chmod 644 /system/etc/fallback_fonts.xml

そんな感じです。

Screenshot_20121005235403

|

« 電池保ちの良いF-11Dで撮影時に静かにする設定 | トップページ | 自転車GPSログ、F-11D、L-06D、SH-07D、Optimus Pro C660 »

コメント

初めまして。
私もF-11Dを購入し電池持ちが思ったよりも良いためメインで使っていますが、フォントの件で教えていただきたく。
標準ブラウザとクロームを使っていますが、フォントをUD新丸ゴに指定しても標準ブラウザでのテキストはDroid Sans表示のまま。クロームにいたってはDroid Sansでもない中華フォントでの表示になります。何か回避策があれば
教えてください。

投稿: shibuya | 2012/11/07 22:47

セルスタンバイ解決策は、実施済でしょうか?

私は、家族に使用させてます。
IIJmioのSIMで
未root化状態で、APN変更のみで利用してますが、ときたまdocomo網とうまく接続できません。
おそらく、セルスタ問題だと思うのですが


動作可能な型式でないので、失敗な買い物ですが、なんとかしたいのですけど、作業手順が分からないので、困ってます。

投稿: さかはる | 2012/12/05 02:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/55822113

この記事へのトラックバック一覧です: ARROWS Me F-11Dのroot権限取得とフォント変更:

« 電池保ちの良いF-11Dで撮影時に静かにする設定 | トップページ | 自転車GPSログ、F-11D、L-06D、SH-07D、Optimus Pro C660 »