« AirStashでLXとAndroid端末のファイルコピー | トップページ | 低価格3G接続サービス、DTI ServersMan SIM 3G 100の現状 »

2012/08/30

IPAフォントを元としたLXで使える32/24/16ドットフォント

以前のIPAフォントを元とした32ドットフォントのボールド版のご希望がありましたので変換してみました。

Ilfont03

最新のIPAフォント - IPA明朝 (Ver.003.03)とIPAゴシック (Ver.003.03) をFONTX形式に変換してボールドにしたらなかなか見やすくてよい感じです。

IPAフォントのライセンスが新しくなり、最新のIPAフォントの改変再配布が出来るようになっているようでした。

オリジナル最新のIPAフォントは、
http://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/index.html
から、無償でダウンロード可能です。


変換結果のアーカイブです。ダウンロードファイルサイズは3MB強です。
「IPAフォント」をFONTX形式に変換したILフォントのダウンロード ILFONT03.zip (3,231,688bytes)


「IPAフォント(Ver.003)」(IPA 明朝/IPAゴシック)をWFONTX.EXEを用いてFONTX形式に変換したものと、さらにFUTOME.EXEを用いてボールド加工を施したものです。

WFONTXは、Yoshikiさんによる、WindowsフォントをFontXファイルに落とすWindows用プログラムです。
入手先:http://www.vector.co.jp/soft/dos/writing/se002881.html
FUTOME.EXEは、Y.Hanaoka(まるは)さんのFONTX形式のフォントをボールド化するツールです。
変換手順はWindows7にIPAフォントをインストールし、WFONTXを起動し、フォントを一覧から選択、Boldにチェックをつけ、Heightにドット数、Widthにその半分の数値を入れ、FontX Nameとファイル名を入力して[NonStop!]ボタンを押してFONTX2形式ファイルを生成しました。
入手はかつてのFHPPC LIB15に公開されたCFONT003.LZHアーカイブ内です。2012年8月30日現在入手手段は存じません。
ボールド処理手順は、コマンドライン上で、
FUTOME 変換元ファイル名 変換後ファイル名
として実行しました。


以下のフォントファイルがアーカイブに含まれています。

ILGH16XB.FNT 16ドット半角ゴシックフォント
ILGH24XB.FNT 24ドット半角ゴシックフォント
ILGH24XF.FNT 24ドット半角ゴシックフォントボールド処理追加
ILGH32XB.FNT 32ドット半角ゴシックフォント
ILGH32XF.FNT 32ドット半角ゴシックフォントボールド処理追加
ILGZ16XB.FNT 16ドット全角ゴシックフォント
ILGZ16XF.FNT 16ドット全角ゴシックフォントボールド処理追加
ILGZ24XB.FNT 24ドット全角ゴシックフォント
ILGZ24XF.FNT 24ドット全角ゴシックフォントボールド処理追加
ILGZ32XB.FNT 32ドット全角ゴシックフォント
ILGZ32XF.FNT 32ドット全角ゴシックフォントボールド処理追加
ILMH16XB.FNT 16ドット半角明朝フォント
ILMH24XB.FNT 24ドット半角明朝フォント
ILMH24XF.FNT 24ドット半角明朝フォントボールド処理追加
ILMH32XB.FNT 32ドット半角明朝フォント
ILMH32XF.FNT 32ドット半角明朝フォントボールド処理追加
ILMZ16XB.FNT 16ドット全角明朝フォント
ILMZ16XF.FNT 16ドット全角明朝フォントボールド処理追加
ILMZ24XB.FNT 24ドット全角明朝フォント
ILMZ24XF.FNT 24ドット全角明朝フォントボールド処理追加
ILMZ32XB.FNT 32ドット全角明朝フォント
ILMZ32XF.FNT 32ドット全角明朝フォントボールド処理追加

アーカイブ内に以下のドキュメントを同梱しています。
IPA_Font_License_Agreement_v1.0.txt
README_ILM_ILG_fontx.txt
Readme_ipag00303.txt
Readme_ipam00303.txt


この配布物は、元配布物であるIPAフォントのライセンスに従って配布しています。

IPAフォントのライセンスは、このアーカイブに含まれる
IPA_Font_License_Agreement_v1.0.txt
をご覧ください。

IPAフォントを改変して再配布するために、ライセンス条項にしたがい、「ILフォント」という別名称としています。


JKITのLXFONT.INIに
;(前略)
A:\font\ILGH16XB.FNT
A:\font\ILGZ16XF.FNT
A:\font\ILMH24XF.FNT
A:\font\ILMZ24XF.FNT
A:\font\ILMH32XF.FNT
A:\font\ILMZ32XF.FNT
のように記述します。

32ドットなら、\_DAT\MOJI.ENVに、
A:\FONT\ILMH32XF.FNT
A:\FONT\ILMZ32XF.FNT
のように記述します。moji.exmで利用出来ます。

32ドットがなかなか良い感じなので、24ドットも変換してみました。これも使えそうな感じです。
Ilfont02

小さな文字でも良い感じです。ついでに16ドットのサンプルです。16ドットは既存のFONTXフォントの方が見やすく感じます。
Ilfont01

|

« AirStashでLXとAndroid端末のファイルコピー | トップページ | 低価格3G接続サービス、DTI ServersMan SIM 3G 100の現状 »

コメント

文市さんこんにちは、お忙しい中、わざわざボールド(太字)を作っていただきありがとうございました。futoji.exmですか、興味深いですね、HP 200lx全盛期(1996年頃でしょうか?)たくさんの方が日本語化から、ユーティリィーソフト作成に携わっていたのが、BIBLEシリーズ等、活用関連本から伺えて、私もその時期にHP 200lxをもっていたらなぁ、そうすれば、ヤフオクを覘くクセが改善されるのに、等と思ったこともございましたが、32fontを作っていただき、lxで夢中で文章を読んでいる自分に気づきました。
 これからも、LXはまだまだ現役でいけそうです。本当にありがとうざいました。(あとは矢澤先生が、再び修理をお引き受けなさってくれればと思います。もちろん先生の事情は十二分にわかってはいるのですが。。。。)

 ところで、作っていただきましたボールドfontをfontフォルダーへ移して、moji.envなるものを作って、fontman.iniとhmf.exmの設定(mfont.ini)を設定、書き換えて、LXを再起動しました所、フリーズしましたので、moji.envなるものを外して、以下のように書き換え(設定)いたしました所、うまくいきました。


fontman.ini
A:\font\lxhn08x.fnt
a:\font\lxzn08x.fnt
a:\font\lxhn11x.fnt
a:\font\lxzn11x.fnt
a:\font\ilgz16xf.fnt  ←vz用に!!
a:\font\ilgh24xf.fnt
a:\font\ilgz24xf.fnt
a:\font\ilgh32xf.fnt
a:\font\ilgz32xf.fnt


hmf.exmの設定(mfont.ini)、以下。

A:\_DAT\MFONT.INIです。
8 8 16 8 8 8 &Genchomo
8 11 16 11 8 11 &Akagi
; 8 14 14 14 8 16 Font&14
8 16 16 16 8 18 1&6dot
;12 24 24 24 12 24 2&4dot
12 24 24 24 12 24 &24dot    ←を加えました。
16 32 32 32 16 32 &32dot    ←を加えました。


ものずごく見やすいです。ポメラDM100に浮気する気が失せました。(hmf.exmと連動でhmm.exmを使えば、30,000文字ほどエディタとして使えます。ポメラDM100は40,000文字ぐらいでしたでしょうか?(間違っていたらゴメンなさい。)
あとバックライトは矢澤先生に改造していただいているので、明るさをMAXに設定すれば、ポメラDM100に負けないでしょう。)とにかくありがとうございました。

投稿: 100lx | 2012/09/06 16:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IPAフォントを元としたLXで使える32/24/16ドットフォント:

« AirStashでLXとAndroid端末のファイルコピー | トップページ | 低価格3G接続サービス、DTI ServersMan SIM 3G 100の現状 »