« ATOK for Android ver.1.1.0のL-04C対応 | トップページ | ビルド番号V15のF-12Cでroot確認 »

2011/11/10

Optimus chat L-04C裏蓋改造、microSDHCスロット穴あけ

以前、ストラップホール制作加工を行ったOptimus chat L-04Cの裏蓋ですけれど、今日はmicroSDスロットの出し入れをしやすくするために穴を開けました。

R0010184_org

ATOKの[文字]キー対応で、ぐんと利用頻度が上がったL-04Cです。他の端末とmicroSDで連携することがやや多くなったため、前からやろうと思っていたmicroSDカードスロット部分に穴あけ加工を行いました。

以前、L-04Cをボッチャンと水没させたことがあり、すかさず引き上げてタオルで拭いたら、全く内部に浸水しておらず、普通に使えました。いつもは邪魔だと思うmicroUSBの蓋も、そのときばかりはよく出来ていると感心したものです。
けれども、今ではL-04Cの白ROMが大量に安価に出回っていて、壊れても調達に苦労することもなさそうです。そういうわけで、穴開け加工に踏み切ります。どうせストラップホールも開けてしまっていますしね。

鉛筆で印を付けておき、ミニのこぎりで切れ目を入れ、カッターで残りを切っていき、最後に丸やすりでバリを取ります。
R0010185_org

ワンプッシュでmicroSDHCカードを取り出すことができるようになりました。よしよし。

|

« ATOK for Android ver.1.1.0のL-04C対応 | トップページ | ビルド番号V15のF-12Cでroot確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/53214496

この記事へのトラックバック一覧です: Optimus chat L-04C裏蓋改造、microSDHCスロット穴あけ:

« ATOK for Android ver.1.1.0のL-04C対応 | トップページ | ビルド番号V15のF-12Cでroot確認 »