« 充実、AndroidアプリをMOTOROLA Milstoneで楽しむ | トップページ | トラックログはXPERIA(X10 docomo版)では? »

2010/03/05

お手軽電子ペーパー、Foxit eSlick

ややこしい面倒なDRMで制限のかかった不自由な電子ブックリーダーじゃなくて、単に手許のシフトJIS日本語テキストファイルをSDかなにかに入れてそのままE Ink電子ペーパーで読みたいよ、と思うと、Foxit eSlick一択です。

F1001176

シフトJIS形式の日本語テキストファイルや、日本語PDFファイルを、SD上で好きにフォルダ分けして入れておき、そのSDを薄型軽量で電池持ちのとても良い電子ペーパー端末に直接差し込んで、単にファイラーから選べば中身を読める。それができる安価な端末が普通に売られる世の中になりました。素晴らしい。

【PC Watch】 Foxit「eSlick」試用レポート ~日本語PDFとテキストが表示可能な電子ペーパー端末でわかりやすいレビューがありますので、Kindleとの比較などは、そちらをご覧下さい。

ただ、PC Watchのレビューに付け加えるなら、手許の端末では、初期画面の「続けて読む」では1ページ目でなく前回のページを開くようになっていますし、青空文庫が丸々入った2GB SDカードが最初からささっていました。
さらに、昨日から値段は送料込みで2万円台まで値下げされているようです。

F1001182

このFoxit eSlickですが、画面はE Ink社の6インチEInk Vizplex screenで、解像度600×800ピクセルです。
これはKindleと全く同じ大きさの画面です。
4階調グレースケールなので、16階調のKindleとは全く同一のスペックではありません。

大きさは、188×118×9.2mm、重量が180g です。

F1001187


290gのKindleよりずっと軽量です。
Kindleは203.2×134.6×9.1mmなので、縦横それぞれ約1.5cmずつ小さくて厚みはほぼ同じです。
Kindleは3G通信機能やキーボードがありますが、Foxit eSlickにはそんなものありません。ただ、SDカードスロットがあります。

長電池寿命(8000ページ書換/充電)で、延々使えます。3G通信とかできないし、なにしろ検索機能すらないシンプルな電子ペーパー端末です。充電はminiUSB端子から普通に行えます。電池の心配はしなくて済むのが、スマートフォンやノートPCとはずいぶん違います。

miniUSB端子の横に、小さな2.5型イヤフォン端子があり、mp3の再生機能もあります。一度試して再生できることはわかりましたけれど、まあ使いません。
DRMがらみは、
- Keyring PDFに対応 ※パピレスなどからダウンロードしたコンテンツが再生可能
- ePub、eReaderフォーマットに対応
- 企業向けに独自のDRM組み込み機能(Foxit DRM SDKを提供)
ということらしいですけれど、こちらもぼくは使いたくありませんし、かんべんしてくれという感じです。
.bookやxmdf対応E Ink端末も、そのうち何か出てくるんでしょうけれど、ここでは、自炊のテキストファイルとPDFファイル中心で見ていきます。

プロセッサはSamsung S3C2440 ARM 400MHzだそうです。
OSは組み込みLinuxです。GPL関係のソースコードは、メーカーページで公開しています。

Kindleなどをお持ちの方は、E Ink電子ペーパーの描画レスポンスを体感的に分かっているでしょうから、速度を求めたりはしないとは思いますけれど、iPadのようなカラー IPS液晶搭載の端末とは、最初から全くの別物で、心静かに美しい電子ペーパーの白黒画面を眺めるものです。

だから、USBが1.1だとか、SDがSDHC対応じゃないとか、動画が再生できないとか、そういうことが重大な欠点だと感じるなら、この手の電子ペーパー端末に手を出しても幸せになる用途が思いつかないかもしれません。

Foxit eSlickのPDF Viewerはそれなりに優れもので、パソコンやケータイの取り扱い説明書のような大きなファイルの表示でも非実用的というわけではありません。
日本語対応なので、ファイル名やフォルダ名が日本語でも大丈夫ですし、PDF中の日本語ももちろん問題ありません。

F1001167

マニュアル類を閲覧する場合、ズーム機能も便利です。
PDF埋込のブックマーク機能が使えるので、マニュアル類の閲覧には良さそうです。レスポンスがもう少し速いともっと快適ではありますけれど。


F1001169


かなりの大きさまでズームすることができます。メニューから縦横表示の切り替えも可能です。


F1001177

ScanSnapで作成した画像形式PDFも、メーカーサポートページからダウンロードしたマニュアル類の日本語PDFも、PCで操作するほどの機能とレスポンスではありませんが、普通に閲覧することができます。
文字列検索機能があれば完璧なのにな、と思うことは正直ありますけれど、今後の端末に期待しましょう。

さて、日本語PDFリーダーだけでなく、日本語テキストリーダー内蔵というのが、非常に素晴らしい点です。UTF8なら可能というわけではなく、シフトJISテキストをSDカードに放り込んでおけば、普通にそのまま表示できます。

テキストリーダー機能は、正直もっと高機能なものが欲しいですが、必要最低限は見られます。
文字の大きさは変えられます。


F1001172


F1001171


F1001170

文字を小さくすればたくさん表示できますし、


F1001174


F1001175

見にくければ、大きな字で見られます。

F1001178

右側面のボタンで大きさは簡単に変えられます。

前回ファイルのしおり機能はあります、ページ数指定ジャンプ機能があります。

テキストリーダーにない機能としては、縦書き表示機能、文字列検索機能、字間行間設定機能、フォント選択設定機能、複数しおりやブックマーク機能あたりでしょうか。今後の端末には期待したい機能です。

ファイラーは、それなりにさくさく動くものの、E Ink電子ペーパーの描画は今時の液晶に比べるととても遅いので、表示がついていきません。ついついカーソルを押しすぎて行き過ぎることがあります。もっとサクサク動くファイラーでテキストを選べれば実用性が広がるのに、と思います。ファイラーにブックマーク機能が欲しいとも思います。

細かい機能面では、今後発売される電子ペーパー端末に期待するとして、個人が手軽に買える日本語テキストファイル対応電子ペーパー端末が登場したことを喜びたいと思います。

F1001184

操作していて楽しいというよりは、自分の用途に合っていれば落ち着いて使えます。タブレットPCのような高スペック高速なコンピュータではありませんけれど、電子ペーパーが普通に使える安価な端末として、押さえておいてよいのではないでしょうか。


F1001188

|

« 充実、AndroidアプリをMOTOROLA Milstoneで楽しむ | トップページ | トラックログはXPERIA(X10 docomo版)では? »

コメント

かわいい!sun

投稿: 木下浩司 | 2010/04/08 08:22

teclast k5とかはいかがですか?

投稿: | 2010/06/02 11:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/47729290

この記事へのトラックバック一覧です: お手軽電子ペーパー、Foxit eSlick:

« 充実、AndroidアプリをMOTOROLA Milstoneで楽しむ | トップページ | トラックログはXPERIA(X10 docomo版)では? »