« 小箱上で自作スクリプトが動く楽しみ - ASE(Android Scripting Environment) | トップページ | 標準ブラウザのちょっとした違い HT-03AとMilestone »

2010/01/14

キュッと締まった四角いやつ MOTOROLA Milestone

「これ、iPhoneと比較するの禁止ね」

R0015057

MOTOROLAのDROIDと言えば、DROID DOESの広告で、iPhoneにはあれができないこれができない、でもDROIDはできると、ネットワークオペレータが宣伝していたため、iPhoneとの比較に終始しがちです。でもまあ、それはUSAでの話。Verizonwirelessのネットワークは日本のdocomoやSoftBankとは互換性のない形式です。ネットワークオペレータとしてはCDMA 1x EV-DO Rev. Aで使える iPhone対抗機が欲しかったんだろうと想像します。

MOTOROLA DROIDは残念ながら日本でそのまま使える可能性はありませんが、幸いDROIDのW-CDMA版とも言えるMOTOROLA Milestoneがヨーロッパ市場などに出荷されています。WCDMA/900/2100, GSM 850/900/1800/1900, HSPA, GPRS Class 12, WiFiです。こちらは日本でも馴染みのあるWCDMA 2100がサポートされています。

DROIDやNEXUS ONEをiPhone3GSと比較するのはもう充分でしょう。どちらも一長一短で、iPhone3GSの方がたくさん売れています。結論は「好きな方を使えば良い」です。これでiPhoneとの比較の話はおしまい。

さて、期待のNEXUS ONEが公式に明らかになり、暖かくなる頃には日本でもAndroid2.1デバイスが買えるようになるのでしょう。
自分にとっては、NEXUS ONEは、ハードウェアQWERTYキーボードがないので、正式発表後、急速に興味を失いつつあります。NEXUS ONEの発表まで買い控えていたMOTOROLA Milestoneを、そういうわけで調達しました。
日曜にオーダーすると、香港から休み明けには届きました。早いなあ。世界が狭くなったような気がします。

HT-03Aを気に入って使っていて、ソフトウェアキーボードではPerlスクリプトやshスクリプトをちょこっと手直ししたり、メールを少しだけ書いたりするにも、面倒です。ぼくはフリック入力よりベル打ち(ニコタッチ入力)の方が早いのですが、HT-03Aではベル打ちにInput methodの速度が追従しません。いずれにせよ、ハードウェアQWERTYキーボードを打っているような気持ち良さが皆無で、やる気が起きません。ぼくはハードウェアQWERTYキーボード派です。(元々は親指シフトキーボードのローマ字打ち派です)

T-Mobile G1もハードウェアQWERTYキーボードがありますけれど、どうもしっくりこない。柔い筐体に控えめな処理速度です。もちろん、Android ver2を試してみたいというのがあり、MOTOROLA Milestoneとなったわけです。

香港から届いた外箱はえらくコンパクトです。いいな。開けてみると、黒い凝縮感のある物体です。背面のMOTOROLAの丸Mマークが、NokiaともAppleともHTCとも違うことを知らせています。
黒に金のアクセントの、F-03Bチタニウムブラウンよりももっとオヤジ臭くカッコイイです。特に電池蓋周りの金属感が良いです。シャッターボタンの金色のややダサさも、また味があります。

R0015058

電池蓋の下、電池とmicroSDスロットとSIMスロットが並んでいます。内蔵カメラは5MPだそうですけれど、ぼくは酷評されていたHT-03Aのカメラでも意外によく撮れるので気に入って使っていたくらいなので、実際しばらく使ってみないとなんとも言えません。数枚撮った印象では、特に破綻もなく、オートフォーカスも出来て普通に使えるかなという感じです。これはぼちぼち試していこうと思います。


R0015052

HT-03Aと比べて重デカいように想像していたのですけれど、非常に凝縮感があって、キーボードのスライドも一切のガタがなく重めで上品に動きます。黒に金のアクセントの見た目を裏切りません。スライドを開けた時の印象が非常にコンパクトに感じるのが意外でした。
実際にT-Mobile G1や922SHと並べて見ると、キーボードを出した時の小ささはMOTOROLA Milestoneの方がずっと小さいです。キーボード出しっぱなしで使ってもいいんじゃないかと思うほどです。

R0015053

特筆したいのは、薄いことです。T-Mobile G1より全然薄いのは、並べてみるまで気づきませんでした。
何と言うか、プラスチックっぽくてスライド機構にあそびがあって子供のおもちゃっぽさのある柔らかな印象のHTC製T-Mobile G1と、寸分のガタもなくオヤジのおもちゃっぽい硬い印象のMOTOROLA Milestoneは、ずいぶん違います。HTCっぽさに飽きたらMOTOROLAはおすすめです。

R0015051

キーボード自体はどうなの、というところですけれど、キートップが隙間なく敷き詰められています。これはぼくの評価を落としそうに見えます。碁盤の目式なのもいただけませんし、数字キーが独立していないのも大きく減点と言いたいところです。
実際DROIDのレビューで、キーボードは悪くないけど良くないと言われてますが、現物を見た感じ、打ちにくそうに見えます。

R0015055

実際打ってみると、意外に打てます。そういえばMOTOROLA razerも、見た目はこんなん使えるのかというキーが意外に打てるのに驚きました。
最上段を打つとき、液晶側筐体にぶつかる気がするのがやや打ちにくい印象があります。実際は、指の腹の上端で打つのでぶつかったりはしないのですけれど。キーを打つと、シートが凹んで周りのキーもシートにわずかな動きがあり、となりのキーを誤打鍵しがちなように感じて打ちにくい印象があります。実際は、言われるほど隣のキーを打ってしまったりするわけではありません。クリック感は良いバランスです。これはキーボード自体は良いけれど、キーボードシートが打ちにくく見える印象を出している気がします。

キーボード右に、巨大なカーソルキーというかナビゲーションボタンがあります。これはトラックボールでもなければ、スライド検知ポインティングデバイスでもありません。方向及び決定ボタンです。カチカチ、あー快適。
ポインティングデバイスは操作に神経を使いますが、ボタンは押したか押してないかなので、操作が単純で、頭を使いません。

キーボード右下近くに、メニューキーがあります。Androidなので、これはありがたいです。いや、メニューキーだけでなく戻るキーもキーボードにつけておいて欲しいくらいです。

MOTOROLA Milestoneのキーボードについては、実際打っていると割と普通に打てて文字入力できます。ソフトウェアキーボードより断然使い易いと、ぼく個人は感じます。なにしろソフトウェアキーボードよりハードウェアキーボードの方がいいからNEXUS ONEではなくMilestoneにしているのですから。そいういう意味では期待通りですけれど、MilestoneのQWERTYキーボードはクリック感や確実性など実用性は十分だけど快適さの演出が弱い気がします。たとえば、考え抜かれた形状で突出したキートップ、キーとキーの間隔を離すことや、数字キーに対する配慮など、もっとキーボードおたくに語らせるようなギミックも欲しい気はします。

実用的な話をすると、たとえば、ブラウザでWebサイトの閲覧をしているとき、スペースキーを押すだけでページスクロールします。これだけでもキーボード付きAndroidにして幸せを噛み締める瞬間です。MOTOROLA Milestoneは特にスライドの剛性感が高いので、キーボード出しっぱなしで使っていて快適です。
フリックスクロールでWebページ閲覧など、ワンキーページスクロールの快適さに比べたら面倒なだけだと、ぼくは感じます。カチッとキーを押すだけで確実に1ページ分スクロールするのに慣れると、同じことをするために微妙な操作をしなければいけないのはストレスに感じるものです。

accesskeyに対応しているので、ケータイ勝手サイトなどでaccesskeyが使えるときは、数字キーを押せば、リンクジャンプなどが一発でできます。「6」を押すと次のページのようなときに使えます。残念なことに、MOTOROLA Milestoneの数字キーは独立していないので、Altとの同時押しが必要になっています。

HT-03Aでは、ソフトキーボードに画面を占有されて、メールの宛先タイトル本文をそれぞれ入れるのもうっとしく感じていましたから、ハードウェアキーボードが画面とは独立して付いているのは本当に快適です。

R0015056

QWERTYキーボードは予想通り快適ですけれど、MOTOROLA Milestoneで快適でない部分があります。画面下端にあるAndroidでおなじみの四つのボタン(戻る、メニュー、ホーム、検索)ですけれど、これはクリック感のあるボタンではなく、タッチパネルなのです。
もちろん、タッチして認識したらブルッと震えてフィードバックがあるため、ちゃんと押せたかどうか分かるようになっています。でも、ぼくはこの手のボタンは使いにくいです。
物理的な構造のボタンなら、どの程度の強さで押せばいいかすぐに指が覚えるので、ボタンに触れていても押さないでおくこともできるし、確実に押せば押さなかったことにされたりはしないのが普通です。タッチパネルの一部がボタンになっていると、そこに指を置いておくことも許されないし、押したかどうかもフィードバックの振動が来るのを確かめるまで分かりません。まれに押したつもりがフィードバックが来ないことがあります。物理ボタンではありえないようなことで、大きなストレスです。きちんと物理的なクリック感のあるボタンにしろと言いたいです。
まったく、全面フルタッチの流行は早く過ぎ去って欲しいものです。

R0015062

ささいな欠点にやや力を入れて書きすぎました。タッチボタンは、ブルッと震えるフィードバックもあるので、実用性が大きく落ちるわけではありません。HT-03Aを今まで使っていたので、どうしても比較して気になった点になります。
HT-03Aと比べて、逆に良くなったのは、QWERTYキーボードだけでなく、ステレオイヤフォンがそのままさせることもそうです。

R0015064_2


昔のWindowsMobileと違って、今時のAndroid端末のMOTOROLA Milestoneは、日本語化がとてつもなく簡単です。
工場出荷状態で、日本語の表示は可能です。フォントはHT-03Aの方が日本人向けでいいと思いますけれど、ひらがなカタカナ等普通に表示可能です。
Milestone標準の設定画面では、Japaneseはありませんけれど、Androidマーケットで例えば「locale」で検索してMoreLocale2を見つけてインストールすれば、地域/言語をJapaneseに設定可能です。
日本語入力も、Androidマーケットに既にソフトがあります。ぼくはT-Mobile G1の頃からおなじみのSimejiと、OpenWnn plusをインストールしてみましたけれど、どちらでもハードウェアQWERTYキーボードから日本語入力できました。
MOTOROLA Milestoneが届いてから、GMAILユーザーとパスワードを入れ、Androidマーケットから二つほどソフトをインストールすれば、日本語化も基本的な環境設定も終わっています。
世界が近くなったような気がします。

|

« 小箱上で自作スクリプトが動く楽しみ - ASE(Android Scripting Environment) | トップページ | 標準ブラウザのちょっとした違い HT-03AとMilestone »

コメント

ご質問です。
これは、CDMAの方式ということで、auのシムで使えるのでしょうか?

投稿: かず | 2010/08/19 21:38

いいえ、auでは使えません。

投稿: ayati | 2010/08/19 22:36

ありがとうございます。
日本国内ではシム入れては使えないのですか?

投稿: かず | 2010/08/21 08:10

はじめまして。

日本語入力をキーボードでしようと思いますが、アプリによってできないこともあるんですか?

投稿: モばイル | 2010/09/02 00:38

Ayati さん。お久しぶりです。FHPPCでお世話になっているAkabekoです。
Mile stoneの解説、大変興味深く、拝読しました。私もトライしたくなりました。
 私、2年前に、Ayatiさんのマネをして、922SHを買った者です。 買った当初、
Ayatiさんから、「おめでとう」と祝福の御挨拶を頂きました。
このマシーンは通話と趣味のモダンジャズを聴くために2年間使って来ました。ステレオ音はなかなか良いですね。あらためて御礼申し上げます。
さて、私、この度、年末にソフトバンク の2年の年期が切れるので、Andoroid OS 2.2のSmartPhone に買い換えようと思っています。私はSmartPhone初心者です。またいわゆる白ロム端末を買い入れた経験もありません。
さて、私の両手指は木の根っ子のように太く、指先の動きも生来不器用ですので、soft キー ボードの操作は、打ち間違えが頻発します。m(__)m 
 そこで、買い換え対象となる新しいマシーンの選択肢は限定されます。理由はAyatiさんと異なりますが、結果的には私はハードウエアQWERTYキーボード派ということになります。
現在softキーボード機が大流行で、ハードウエアQWERTYキーボード具備のANDOROID2.2のSmartPhoneは現在日本のキャリアで発売されているものは皆無です。
テクニカルの面では、Ayatiさんというパイオニア、 相談役がいるので、安心と思います。しかし、別の心配が一つあります。キャリアとの契約問題です。
Ayatiさんのお話では、ソフトバンクではWCDMA 2100MHZ方式ならば、Milestoneを白ロムで買って、SIM挿し替えれば良いといことですね。しかし、922SHのSIMカードをMile stone 2に挿し替えた場合、ソフトバンクの携帯のパケット定額サービス(私の場合は,「パケットし放題」)が適用となるのか、という問題がその心配の種です。
昨日12月6日、ソフトバンクの係員に相談したところ、同社販売の端末以外の端末、 例えば、HTC desire Z、への機種変更の相談をした(Mile stoneとは言い難くかった)ところ、係員の話では、SIM挿し替えても、電話による通話はできるが、web browsingは出来ないのではないか、仮に出来るとたら、従前の922Shの契約は継続として、携帯のパケット割で、上限は5,985(月額)が適用されるとのことです。 ソフトバンク側は X series端末(ソフトバンクの社内用語で、同社の販売するSmartPhone のこと)は3Gとは別の料金体系に成っているということです。
ソフトバンクはハードウエアkey board 愛好者を事実上閉め出しておきながら、他社製のハードウエアkey board機への機種変更を拒否するという閉鎖的な態度であり、独禁法違反ではないかと思います。我々は訴訟をするわけには行かず、そこでユーザーとしては、言葉は悪いのですが、言うなれば、対ソフトバンクでは「羊の皮を被った狼」として成りすましをするという手段でこれに対抗するしか対抗手段がないと思います。
ソフトバンク側も 回線利用者がSmartPhoneを使っているかどうかの識別は出来ていないのではないかと私は推測します。或いは、ソフトバンクは回線使用料さえ徴収出来さえすれば良しとして、「知っていながら知らない素振り」をしているのかも知れませんね?
Ayatiさんのご経験から、上記のソフトバンクの係員の相談回答は正しいのですか?
お教えください。ご回答をお願いします。
この心配さえ解消すれば、私もMilestoneにトライしたいと思っています。

ネット上の下記のサイトでMIlestone2に対する私のような疑問を持つユーザーに対して「携帯のパケット定額制は適用外となります」と回答しています。
すなわち,既にスマートフォンを持っている場合のみ,白ロムのスマートフォンにスマートフォン用のチップを入れ替えてもスマートフォンのパケット定額割が適用されるということでしょうか?
http://www.stf-phone.com/shopdetail/001004000294/007/003/brandname/

http://okwave.jp/qa/q6307231.html
http://www.naruhodo-au.kddi.com/qa5770914.html?ans_count_asc=20


現在私が持っている922SHと白ロムのMilestone2を2台持ちする場合,922SHのICチップをMilestone2に入れ替えてネット閲覧しても,922SHで契約しているパケット割(ソフトバンク「パケットし放題」でPCサイトビューアー使用時の定額料の上限5,985円/月)が適用されますか。

投稿: akabeko | 2010/12/08 16:52

Akabekoさん、こんばんは。

QWERTYキーボード内蔵モデルの発売が2月以降に予定されていますので、そちらをおすすめします。

Softbank GALAPAGOS 005SH
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20101104_404247.html

docomo Optimus chat L-04C
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20101108_404874.html

922SHのSIMカードをMilestoneに挿し替えた場合、
1. 技適マークがない場合、電波法違反の疑い濃厚です。
2. パケット接続で公開されているSoftbankアクセスポイントはAI(アクセスインターネット)のため、青天井課金となります。控えめに使っても月数十万円は下らないでしょう。
設定値は、
http://mb.softbank.jp/mb/service/3G/life/mobile_data/
の通りです。
3. Xシリーズ用のPCサイトダイレクトの非公開アクセスポイントを設定することができれば、パケットし放題またはパケットし放題Sで月9800円定額、パケットし放題フラットで月5985円の課金になる可能性はあります。非公開情報のためキャリアに問い合わせても回答は得られず、個人blogやBBS等の非公式の不確定情報を元に設定することになるでしょう。現状、アクセスポイントで課金計算されているようですが、いつ青天井課金になって高額請求されても文句は言えないでしょう。
4. 仮にパケット通信ができたとしても、MMS(ケータイメール)は簡単にできなかったり、致命的な不具合に遭遇するかもしれません。


以上のような問題点があり、ぼくはSoftbankとの契約を打ち切りました。922SHは現在プリペイドで運用しています。

docomoでしたら、パケ・ホーダイ ダブルで定額対象になります。パケット定額料月10395円です。
また、Milestoneでは残念ながら使用不能ですが、bmobileのプリペイドデータ通信SIMで、プリペイドパケット使い放題の商品も存在します。
http://www.bmobile.ne.jp/sim/index.html

ただし、SPモードメールは使えませんので、ケータイメールは不可能です。通常のPC等と同様のメールを使う必要があります。
docomoの場合でも、1.の電波法違反については該当します。罰則もある法律です。

このような理由で、海外携帯電話を気軽に使う状況は現在整っていません。法令改正、パケット定額料金の非キャリア端末への開放、設定方法の公開など、まだ改善には何年もかかる話で、そもそも実現するかどうか分かりません。

既にキャリアからフルキーボードAndroid2.2端末の発売予定がアナウンスされているのですから、発売を待つのがおすすめです。

投稿: あやち | 2010/12/08 23:04

早速のご回答ありがとうございました。
Milestone魅力ですが、契約等に問題ありとのこと。ご助言に従い、来年2月まで待つことにいたします。お騒がせしました。

投稿: akabeko | 2010/12/09 14:49

ayati さん、お久しぶりです。ご助言に従って、昨年末に、2年使った922Shの後継機としてSoftbank005SH,android,keyboad 付)を今年2月末、発売直後にに購入しました。ほぼ1ヶ月経過し使い勝手はなかなか良好です。但し、電池の持続力が悪くて閉口しています。助言有難うございました。
 テキスト作成は、これ以上の商品が出て来ないので、相変わらず200LXです。参考になることが多いので、お茶箱には注目しています。
お元気で。

投稿: akabeko | 2011/03/31 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/47290837

この記事へのトラックバック一覧です: キュッと締まった四角いやつ MOTOROLA Milestone:

» Motorola MILESTONE [デバイスデザイン その他。]
今回は、Motorola MILESTONEを紹介します。 MotorolaのAndroid携帯です。 コムギドットネットさんの記事を、すこし引用させていただきます。(皆さん元記事をぜひご覧ください。) パッケージを開けると、すぐに本体が見えてくるそうです。緩衝剤等は殆どないとのこと。..... [続きを読む]

受信: 2010/01/20 20:16

« 小箱上で自作スクリプトが動く楽しみ - ASE(Android Scripting Environment) | トップページ | 標準ブラウザのちょっとした違い HT-03AとMilestone »