« ついでにHP100LXの場合 | トップページ | そのままHP200LXで認識する大容量CF(※この記事は誤りです) »

2009/01/16

フォーマット済み2GB microSDのHP100LX用ddバックアップデータ

HP100LX/HP200LXでは、最近の1GBや2GBのSD/microSDを使うには、HP200LX自身でfdisk100とformatしたSD/microSDを使う必要がありました。
fdisk100は一瞬で終わりますが、formatは、2GB SDで3-5時間程度かかります。

また、HP100LXはacecard3.comドライバ経由で使うため、そもそもformatができません。

そうすると、HP200LXはもっていない場合、HP100LXで1GB/2GBのSD/microSDを使うのがむつかしいということになります。

そこで、HP200LXでfdisk100とformatして、中身は空っぽの状態の2GB microSDを、Linux上でddによるバックアップファイルを作っておき、2GBのSD/microSDをLX用にフォーマットしたいときは、このバックアップデータからddで丸々書き込んでしまえば、HP100LX/HP200LXで使える2GB SD/microSDの出来上がり、ということが可能かもしれません。

sd2g1.dat.gz (2,293,042 Bytes)のダウンロード

Linux上で展開します。

$ gzip -d sd2g1.dat.gz

解凍すると、2GB近いファイルが出てきます。空き容量の充分あるディスク上で解凍する必要があります。

SD/microSDをUSBアダプタなどで差込み、Linux上で認識したデバイスファイルにddで書き込みます。
$ df
とか、
$ mount
とか、
$ dmesg
で確認して、たとえば、/dev/sdb1がSDとして認識されてマウントされているなら、

$ sudo dd if=sd2g1.dat of=/dev/sdb
のようにして、丸々書き込みます。

デバイスファイル名を間違えると、大事な使用中のHDDを丸々消してしまったり、システムドライブを丸々消してしまって、PC自体起動せず大事なユーザーデータも消えてしまうことになりかねないので要注意です。

ぼくは、VMware上のUBUNTUで作業しています。Linuxなら、だいたいddはあるかと思います。

今回のデータでフォーマットがうまくいくSD/microSDがどの程度あるか分かりません。

手許では、

SILICON POWER 2GB microSD
SanDisk 2GB microSD
A DATA 2GB microzSD

あたりで試して、HP100LX/HP200LXの標準ファイラーで認識できたことを確認しています。


HP200LXがなくても、HP100LXで使うために2GB SD/microSDをフォーマットできるのは便利です。

|

« ついでにHP100LXの場合 | トップページ | そのままHP200LXで認識する大容量CF(※この記事は誤りです) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/43761534

この記事へのトラックバック一覧です: フォーマット済み2GB microSDのHP100LX用ddバックアップデータ:

« ついでにHP100LXの場合 | トップページ | そのままHP200LXで認識する大容量CF(※この記事は誤りです) »