« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/30

端末販売撤退発表翌日発売のNokia N82、使いやすいね

ノキアは、日本における携帯電話端末の販売及び販売活動を打ち切ります。」と発表された翌日、予定通りSoftBankよりNokia N82が発売になりました。発売直後に早速入手しました。

R0014512

出張先なので、PC等N82本体以外の機器を一切使わずに設定します。
まずGooSync設定をしてスケジュールをサーバーとパケット通信でシンクロします。
Mail for Exchangeをダウンロードインストールし、mail2webサーバーへの接続設定をし、やはりパケット通信でシンクロをします。電話帳はこれで全件反映されています。一応SIMにも一通り入れていますけれど、Mail for Exchangeでシンクロすれば住所等一式情報が反映されます。
標準のNokiaブラウザでOpera Mobileをダウンロードしてインストール。
GoogleMapsはなぜか機種判定ではねられて、MIDPの方のバージョンが入ってしまいます。ストリートビューが使えるのはいいけれど、内蔵GPSを使えないバージョンが入ってしまったので、これは後でいつも使っている方に入れ替えることにして設定を先に進めます。
Sports Trackerをダウンロードインストール。
あとはカメラ撮影とアップロードのテストなど。

R0014513

N82はN73にも似た感じで持ちやすいですけれど、やや幅広に感じます。N78みたいにギシギシ言うことはありませんし、6220classicみたいな安っぽさもありません。キーはN78で慣れていたので、押しやすいです。最下段があと数ミリ上にある方が好みですけれど、「N82のキーは押しにくくて使えない」ということは別にありません。
R0014514

5700Express Musicのようなキーだと押しやすくていいですけれど、ナビゲーションキーがN78みたいに使いにくくなっていないので、N82は全体に悪くない操作感です。右ソフトキーとクリアキーの間にボタンがあるのがやや邪魔に感じますけれど、ひっかかるのはそれくらいで、すぐに慣れます。

筐体はN73ほどではないものの、いまどきのケータイにしてはかなり厚みがあります。E71と比べると差が目立ちます。電池もE71ほどは保たないでしょう。電池はE51と共通のBP-6MTなので、使い回せます。

R0014515


帰宅してから、OpensignedのアプリやOperaMobileのレジストなどをします。GPSが使えるGoogleMaps
インストール、Pythonを入れてYaPNなどのインストール、Step CounterFreeTimeBoxのインストールをします。GnuBoxを入れて一応接続設定を確認しておきます。

R0014519

アプリは最初からすべてがインストール可能な設定になっています。素晴らしい。これがSoftBank型番でなくNokia N82として出すSymbian S60機です。
ごく一部のアプリ(PC接続しても定額になるようなホットスポット化アプリの一部)に制限がかけられているのはX02NKと同様のようです。この制限はあまり意味がないような気もしますけれど。

アクセスポイントはopen.softbank.ne.jpです。自由に使えて定額プランが適用されるのが有り難いです。ユーザーはsoftbankN82です。パスワードはないしょのようで、取り扱い説明等で見つけられませんでした。X01HTやX02HTのようにWiFiがらみの設定失敗時にこの接続設定が消えてしまうようなことはないでしょうから、標準で設定されているアクセスポイントを使えばパケット定額フルで定額適用されると覚えておけば十分のはずということでしょう。

R0014520

N82はYahoo!ケータイに対応していません。
したがって、ユーザーがYaPNなどを利用して設定して繋げないとケータイサイトに繋がりません。
なお、QRコードリーターアプリは内蔵されてはいます。
R0014521

スライド式でも良い人はX02NKがあります。N82とたいてい同等です。ストレートでないといやな人には、N82はうれしい1台です。

紅葉を見に行き、カメラをためしたところ、N78レベルで、Nokiaケータイではかなり良いものです。カメラの起動も非常に早く、3秒未満で撮影可能になります。シャープのこの冬のCCDカメラケータイの方が画質はよいのでしょうけれど、Symbian S60のNokia機で様々なソフトが普通に入れられてカメラもこれなら常用第一候補です。
20081129027


| | コメント (8) | トラックバック (2)

2008/11/16

テキストを開ければPIMデータ閲覧もポメラで

ますます絶好調のポメラです。

20081113148

ポメラは、万年筆や鉛筆同様の、書くための道具です。

R0014453

16KB以下のテキストファイルなら扱えるので、便利です。

R0014450

スケジュールも、LXからapptoutしたCSVを、拡張子TXTにすれば普通に閲覧できます。

R0014454

時刻表もNextTrain形式のTBLファイルを、拡張子txtに変えるだけで読めます。

ポメラで作成したテキストファイルは、POMERAフォルダに保存されています。
microSDでもPOMERAフォルダにできてしまうので、例えばルートに保存したいときは、

..¥ファイル名

のようにして保存することもできるようです。
任意のサブフォルダにパスを書けば書き込めるわけでもないようで、やはり基本的にフォルダには対応していないのでしょう。
PCやMacやNokia機などでは任意のフォルダを扱えますから、そちらで対応すれば良い話です。特にポメラ側の機能で必要というものでもないでしょう。ファイルダイヤログ内でのページスクロールもサクサクですから、支障はありません。シフトを押しながらファイル名打鍵してのインクリメンタルサーチがあると便利ではありますけれど、まあなくても問題ないでしょう。

auの携帯電話の取り込み用PCフォルダ¥Private¥AU_INOUTフォルダに書き込むには、
pomeraMobileというツールが携帯動画変換君で有名なサイトで公開されています。microSDをフォーマット後、FATを直接書き換えて二種類のフォルダが同一の実体をさすように設定するツールのようです。
auは解約して久しいので、試してません。未だにauの携帯はmicroSDの任意のフォルダにアクセスできない機種ばかりなのでしょう。docomoの国産携帯となると、テキストファイルすらろくに扱えない機種ばかりです。ガラパゴスケータイと言われても仕方ないところでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/11/15

ポメラ使って五日、素晴らしいです

今週、ずっとポメラ使っての感想。
すでに手放せなくなっています。常に身につけていて、すぐに開けて使う感じです。

良いところ。

ストレスなく日本語を打てること。これに尽きます。
画面の見やすさ。キーボードの打ちやすさ。変換のある程度の賢さ。サクサクした操作感。ショートカットでの操作性の良さ。
快適です。本当に必要な機能は全てきちんと押さえてあって、高い次元で製品化されています。
言葉を綴るための文房具。素晴らしい。

書くことしかできず、書くのに妨げになる機能がないのも良いです。ネットにつないだり、メールしたり、動画見たりできないので、書くことに集中できます。

もちろん、改善要望は色々あります。ありますけれど、本質的に致命的なことではないのです。大事なところは全てきちんと押さえてあります。美しいです。

要望1
電源ONは単押しで可能に。
 (電車の中や歩きながらだと長押しは面倒です)

要望2
カーソル位置の記憶機能。
 (今はファイル頭に追記挿入して運用でしのいでいます)

要望3
microSDに入れたテキストファイルのファイル容量制限なしのテキストビューア機能。
 (今はファイル分割して入れています)

要望4
編集可能ファイルサイズを8000字から32000字に拡張。
 (ぼくの使い方だと、日記が一ヶ月もちません。10日から二週間で分割せざるをえないのはファイル管理が面倒です)

要望5
重量を50g軽量化。
 (実測361gで、HP200LXより10gほど重いので、せめてHP200LXより軽くしてほしい)

要望6
undoバグのFIX。
 (メモ末尾でBS2回後同じ文字を打ち直してUNDO2回してBSでハングするバグです。ファイル末尾でUNDOを2回連続でしないようにしてしのいでいます)

今の仕様のポメラでも、おすすめできる名機です。ヨドバシで買ったエネループは初日から一目盛り減っていて、今日電池警告が出ました。満充電すれば一週間以上保ちそうです。最初の週で使い倒してこれですから、安定稼働に入ればLX並みに電池が保つ感じでしょう。

細かい点が気になってポメラを買わないのはもったいないです。

ポメラは単機能のため、ついネットにつないで見てしまって書きそびれるということがありません。書くことしかできないのですから。こんなに筆の進む文房具はなかなかありません。
ポメラでできないことは、スマートフォンかなにかでやれば良いだけですから、あれもこれもポメラに望む必要はないし、ポメラにあれもこれも機能を入れたら中途半端な駄作になってしまうでしょう。

今から通販で注文すれば、安い所では2万円を切っているそうですから、とりあえず注文してしまうことをおすすめします。もしかしたら、販売店も多くないようで、在庫切れの方が心配かもしれませんけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/11/11

ポメラで書いてmicroSDをPCに入れてそのままはてなダイアリーにアップ

ポメラで書いてmicroSDをPCに入れてそのままはてなダイアリーにアップしてみます。
20081110060

現在、HP200LXで書いているデータとの互換性を取るため、まず変換スクリプトを一行書いてみます。

while($line = <>){
	$line =~ s/^20(¥d¥d)¥/(¥d¥d)¥/(¥d¥d)¥s*(¥d{1,2}¥:¥d¥d)([¥s ]{1,3}[^¥n]{0,$lngsub})/$2¥/$3¥/$1¥ ¥+$4¥:00 $5/g;
	print $line ;
}
この一行を、今までHP200LXからはてダラスプリッタ用ファイルに変換していたスクリプトに追加します。
$lngsub = 20;
$cdate = "1999-01-01:";
$pdate = "";
$comment = "on";
while($line = <>){
	$line =~ s/^20(¥d¥d)¥/(¥d¥d)¥/(¥d¥d)¥s*(¥d{1,2}¥:¥d¥d)([¥s ]{1,3}[^¥n]{0,$lngsub})/$2¥/$3¥/$1¥ ¥+$4¥:00 $5/g;
	$line =~ s/^(¥d¥d)¥/(¥d¥d)¥/(¥d¥d)¥s*(¥d{1,2}¥:¥d¥d¥:¥d¥d)(¥s{1,3}[^¥n]{0,$lngsub})/20$3-$1-$2:¥n*$4$5¥n$5/g;
	$line =~ s/^(¥d¥d)¥/(¥d¥d)¥/(¥d¥d)¥s*(¥+¥s{0,1}¥d{1,2}¥:¥d¥d¥:¥d¥d)(¥s{1,3}[^¥n]{0,$lngsub})/20$3-$1-$2:¥n*$4$5¥n$5/g;
	$line =~ s/^(20¥d¥d)¥/(¥d¥d)¥/(¥d¥d)¥s*(¥d{1,2}¥:¥d¥d¥:¥d¥d)(¥s{1,3}[^¥n]{0,$lngsub})/$1-$2-$3:¥n*$4$5¥n$5/g;
	$line =~ s/^(20¥d¥d)¥/(¥d¥d)¥/(¥d¥d)¥s*(¥+¥s{0,1}¥d{1,2}¥:¥d¥d¥:¥d¥d)(¥s{1,3}[^¥n]{0,$lngsub})/$1-$2-$3:¥n*$4$5¥n$5/g;
	if ($line =~ /^(¥d¥d¥d¥d¥-¥d¥d¥-¥d¥d¥:)¥n/){
		$pdate = $cdate;
		$cdate = $1;
		if ($pdate ne $cdate){
			print $cdate . "¥n" ;
		}
		$line =~ s/^¥d¥d¥d¥d¥-¥d¥d¥-¥d¥d¥:¥n//g;
		if ($line =~ s/^¥*¥+¥s{0,1}/*/g){
			$comment = "off" ;
		} else {
			$comment = "on" ;
		}
		print '><' . "¥n" if $comment eq "on" ;
} else {
print '><' . "¥n" if $comment eq "on" ;
}
}

とりあえず、こんなバッチファイルで動かしてみました。
ポメラの8000文字制限があるので、memo.txtをいつ分割するかは、運用してみてから検討することにします。一応いつでもHP200LXに環境を戻せるようにHP200LXにマージするためのテキストを書き出しています。
はてなへのアップロード自体はははてダラで行っています。その前にはてダラスプリッタで日毎にファイル分割となります。

echo pomeraのmicroSDカードを入れてください。
rem LX用に変換
type E:¥POMERA¥memo.TXT >>E:¥HW¥memoPMR.TXT
sort E:¥HW¥memoPMR.TXT >E:¥HW¥memo.TXT
perl uniq.pl E:¥HW¥memo.TXT >E:¥HW¥memouniq.TXT
perl pmr2lx.pl E:¥HW¥memouniq.TXT >E:¥HW¥addmemo.txt
rem はてダラでアップ
copy E:¥HW¥DIARY.TXT E:¥HW¥oldDIARY.TXT
perl pomera2d.pl E:¥HW¥memouniq.TXT >E:¥HW¥DIARY.TXT
copy E:¥HW¥DIARY.TXT
perl hws.pl
perl hw.pl
pause

とりあえず、はてなダイアリーへの書き込みはポメラに移行が完了しました。
20081110063

仕事のメモも似たような感じで移行できそうではありますけれど、もう少し慎重に検討することにします。
HP200LXは電池やカード込みで350g、ポメラは電池とmicroSD込みで361gでした。重さと機能だけで見たらHP200LXからポメラに移行する必然性はないのですけれど、やはり使いこなしてみてから小箱の評価はしたいものです。
R0014444

ポメラは大きいので、合うケースがないかなと思ったら、pocketgamesのモバイルポッケがぴったりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/10

立って歩きながら入力できるポメラ

以下、全文ポメラで打ちました。

早速、立ったまま電車の中でポメラを使います。
昔々、OASYS Pocketのときにやっていたような片手ピアノうちです。全く問題なく片手で立ったまま打鍵可能です。
残念ながら、折りたたみ機構があるため、両手親指打ちはそのままでは困難です。ピアノ打ちの習得は難しくはないので、この手の小箱好きならすぐに慣れることでしょう。
非常にサクサクとした操作感で、快適です。
電車で椅子に座れました。膝の上に鞄を置いてポメラを遣います。心配していたキーボード両端ののたわみもさして気になりません。かなり打ちやすいと言っていいでしょう。もっとも、ぼくはlet`s note R7ユーザーなので、ポメラのキーボードと親和性が高いことは考慮すべきかもしれません。
R0014445

画面の映り込みは気になります。ノングレアタイプの画面保護シールを希望します。液晶画面の視認性は非常に高いです。ぼくはe-inkの方が好みの色合いですけれど、このモノクロ液晶もとても見やすいです。反応速度も快適です。
文字の大きさは三段階に調節可能ですけれど、一番大きくしたときにギザギザになるのは何の冗談でしょう。不快です。大きくしたときも美しいフォントでないと、書く気になりません。

20081110053

電車を降りて、歩きながらの入力です。液晶画面はわずかな明かりでもはっきり見える優秀なものです。夜なのでやむなくフォントを最大にして打鍵します。
同じ夜道で、hp200LXでは画面が見えなくて外部ライトを遣う場所でもなんとか書き込みを続けられます。もちろん、歩きながらの話です。キーボードは見えませんが一般的な配列なので打鍵ミスは少ないです。

20081110056

道が住宅地に入り、商店街より暗くなると、さすがに画面が見えなくなってきました街灯の下に来たときに打ち間違いがないか確認しながらの入力になりました。「該当」と変換ミスをしても気づかなかったです。

20081110057


ついに耐えられず、ブックライトを利用することにします。これは良い感じです。なんだ、夜道を歩くときだけこれで十分です。近所の人に見られると不審がられるかもしれませんけれど、普段からhp200LXで同じことをしているので大丈夫でしょう。

いくつかの点で実用性に疑問を持っていたポメラですけれど、実機で試した範囲では、立ったままでの入力になんら支障がないことを確認でき、暗い場所でも使えることを確認しました。
制限の多い小箱ですので、色々工夫が必要な場合もありますけれど、素性の良い設計は気に入りました。しばらく「メイン」で使ってみたいと思います。結論はそれからでも遅くないでしょう。
帰宅すると坂行(0歳7ヶ月)が元気にはい回っています。では早速ポメラを使ってもらいましょう。

20081110061

q1 っっっっs、
っっっっっ・。。。{{{「「「「「「「「「「「¥「「「「「「っm 
  
20081110062

うーん、なかなか使いこなせないようです。しかし、液晶画面を閉じることはできましたし、キーボードが折り畳みだと見破って半分閉じました。
赤ちゃんに与えるには、体重をかけて液晶画面やキーボードを曲げようとするので、ポメラはヤワな印象があります。すぐにでも壊れそうです。赤ちゃんに使わせるのは論外にしても、開いた状態で落としたら、キーボードが壊れるのでないかとやや不安はあります。大人が普通に使う分には問題なさそうな剛性ではありますけれど、たぶん最初に壊すのはキーボードの折り畳み機構周りでしょう。液晶部分は180度まで開くし、天板の剛性が高いので、普通はあまり無理な力はかからないはずです。

購入時の注意点。
電池は別売りです。単4電池2本が必要です。ぼくはメーカー保証がないというエネループにしています。エネループの電圧が落ちてきたとき、最後保存できずに電源が切れてしまう可能性があるようで、注意が必要です。
microSDカードも別売りです。これはまあその方が良いでしょう。Nokia機のおまけの2GB microSDを入れてみました。内蔵メモリのファイルを後からmicroSDにコピー可能です。
色は、白にしましたけれど、割とおすすめです。オレンジ好きな人はオレンジでしょう。キーボードが白いので、天板も白の方がバランスが良く感じました。今日の発売日までまって店頭で買ったのは、実機にさわってから購入するか決めたかったからです。実際買ってみて、おすすめできると思いますので、ネット通販などで白を注文し、単4電池を準備するのがおすすめです。
いや、色は個人の好みなので黒でも良いとは思いますけれど。

一日使っての不満点
編集は、前回打っていた所からすぐ打ちたいです。ctrl+alt+endで最終文字に飛びますけれど、それすら面倒です。毎回一番上にカーソルが戻るのはいただけません。

動画
以下の文章を実際に打った動画です。テーブルに置かずに持って使うのも十分可能です。ポメラは夜6時すぎてから購入し、帰宅中に触ったのと、帰宅してからこの動画をとったくらいであまり触っていません。それでもいきなりこれだけ打てるのですから、両手でもって立ったまま入力できる、と断言して良いでしょう。


「昔々、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯へ行きました。
おばあさんが川で洗濯をしていると、川上の方から大きな桃が、ドンブラコ、ドンブラコと流れてきました。」

R0014442

が動画で打っている全文です。今見ると、柴刈りを芝刈りと誤変換しています。ATOKを信じすぎてもいけませんね。

R0014443


| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »