« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/26

今テスト中のフォントは…

今日はこんなフォントを試しています。

Screenshot0074

F906iを使っていて、綺麗だなと感じたフォントに負けない環境をNokiaでも。

Screenshot0075

M+じゃないけれど、一部記号はM+ 由来で改変したものなので、どうしようかな。

Screenshot0077

もうしばらく運用テストを重ねてから公開の準備に手を付けようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/25

日本語も中国語簡体字も入ったNokia機Symbian S60 3rd用フォント、75%縮小付

日本語、英語、中国語(簡体字)が表示可能なフォント公開のM+1M+WenQuanYiZenHei.ttfはM+ 1Mベースでした。
今回、M+ 1Pベースで記号を追加削除し、中国語フォントと合成したフォントファイルを作成しました。今回は75%縮小したフォントファイルも同梱しました。
Screenshot0001

M+ 1Pをベースとしたので、プロポーショナルで横幅のゆったりした英数字になります。半角数字のゼロは斜線を入れました。

Screenshot0003

手許の6220classicが中国語ファームなので、テストしました。中文メールも良好です。
今回は75%縮小を付けたので、字が大きすぎると感じる場合は、そちらを入れれば一覧性が良くなりそうです。


「M_1P_WenQuanYiZenHei.zip」をダウンロード

M+1P+WenQuanYiZenHei.ttf
と、
M+1P+WenQuanYiZenHei75.ttf
が作成したフォントファイルです。

GPL v2の中国語フォントファイルと合成する前に、
mplus-1p-nokia.ttf
というファイルを一度作成してから合成しています。

ライセンス等はアーカイブ内のドキュメントをご覧ください。


ダウンロード用まとめページNokia機などのSymbian S60 3rd用フォント

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008/09/21

不具合修正、M+1P+IPAG-X02NK75.ttf

一昨日公開しましたエントリ 美しいM+ 1P最新版をNokiaに。フォントファイル公開「M_1P_IPAG_nokiaemoji.zip」 についてコメント頂きました。ありがとうございます。

M+1P+IPAG-X02NK75.ttf及びM+1P+IPAG-nokiaemoji75.ttfについて、
キャリア端末で絵文字グリフを表示させると、キャリア端末内蔵のビットマップカラー絵文字の重ね表示で右側が欠けて表示されてしまう不具合がありました。


R0014084

こんな感じです。X01NKの例です。

R0014087

このように修正しました。

docomo NM705iでも同様です。


R0014091

このように、docomo絵文字及びdocomo拡張絵文字が切れて表示されていました。


R0014093

このように修正しました。


以前愛用していた705NKも引っ張り出してきました。

R0014095

こんな感じになりました。

ファイル名は変更せず、元アーカイブを差し替えました。アーカイブ内の、
M+1P+IPAG-X02NK75.ttf
M+1P+IPAG-nokiaemoji75.ttf
README_nokia_P.txt

のみ変更しています。

「M_1P_IPAG_nokiaemoji.zip」をダウンロード

なお、修正内容は、
キャリア端末用の空白グリフについて、Set RBearing ToをEm Sizeに合わせた
というものです。FontForgeの動作環境があれば、一昨日のフォントファイルを直接修正頂いても同一の結果になります。


----------
ダウンロード用まとめページNokia機などのSymbian S60 3rd用フォント

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2008/09/19

美しいM+ 1P最新版をNokiaに。フォントファイル公開

Screenshot0067

横幅のゆったりした英数字の美しいM+ 1Pの最新版、M+ TESTFLIGHT 017をベースに記号を追加削除して、
Nokia機等のSymbian S60 3rdデバイス用のフォントファイルを作成、公開します。

R0013832

E70のときにM+ OUTLINE FONTを初めて入れて美しさに驚いたのを思い出します。E70ではE:\Resource\Fonts以下にZ:と同じファイル名にして入れていました。あらためて入れてみて、やはり美しい表示です。

Screenshot0068

標準のフォントより大きくなるため、眼に優しいです。

Screenshot0071

半角数字のゼロは、携帯電話なので、やはり斜線を入れてしまいました。M+ 1P本来の斜線の入っていない美しいゼロは、全角のゼロの方でお楽しみください。

Screenshot0069

巨大なテキストファイルも一瞬で開けるテキストエディタDEditの表示でも、なかなか見やすいです。シフトJISも開けるので、センターキーか右ソフトキーをページ送りに設定するとテキストビューアとして大変便利なソフトですけれど、フォントをかえてさらに視認性があがったような気がします。

R0013829

bobby_softさんが、ボビーのデジモノ日記にて公開された、
http://blog.goo.ne.jp/bobby_soft/e/c46fe4d9127575cbb2b3f264a55fd216
SoftBank絵文字の外字ファイルも取り込んでいます。今まで少し大きすぎたので、若干縮小しました。

Screenshot0070

M+ 1MやM+ 1MNは等幅で、横も広くありませんでしたけれど、このM+ 1Pはプロポーショナルでゆったりした英数字です。たとえばE71標準ホーム画面で右上の日付表示が一部表示されなくなります。これが気になる方は、M+ 1MかM+ 1MNの方が良いでしょう。
FreeTimeBoxのように便利なソフトもありますから、気にしない方には良いと思います。

Screenshot0062

75%縮小の方が、表示文字数も多く画面が広く感じられて良いという方も多いようです。75%縮小したフォントも同梱しました。

Screenshot0063

E71標準ホーム画面の右上の日付もちゃんと表示されていますね。

Screenshot0066

前回公開した75%縮小フォントで、日本語変換中の反転カーソルが下にずれてしまい、変換中の文字の上側が大きくカーソルから切れてしまう現象が出ていました。
今回は75%縮小ファイルもさらに調整して、丁度反転カーソルに入るようになったと思います。

R0013827

X01NK/X02NKのように、ビットマップのカラー絵文字を内蔵している端末だと、TGrueTypeFontに絵文字を表示すると二重表示になって見にくいので、絵文字グリフに絵文字を入れず空白を設定したフォントファイルを同梱しました。

R0013831

手持ちのNokia機の中では、どうしても色々不具合が出がちなE61iです。NM705iで内蔵絵文字が使えるようにdocomo絵文字グリフには空白を設定してあるのですが、これがまずいらしくE61iでは文字の大きさがまちまちの表示になる不具合が出ます。
E61i用にファイルを分け、docomo絵文字グリフを未定義にしたフォントファイルを同梱しました。NM705i/NM706iなどで利用する場合は、このE61i以外のどれかのファイルをお使いください。


「M_1P_IPAG_nokiaemoji.zip」をダウンロード


ライセンスや、フォントのどこをどういじってフォントファイルを作成したかは、アーカイブ内のREADME_nokia_P.txtをご覧ください。

どのフォントをC:\Data\Fontsに入れるかですが、以下の通りです。

M+1P+IPAG-nokiaemoji.ttf
→普通はこれをお使いください。E71, 6220classic, E70,E51等で動作確認しています。

M+1P+IPAG-nokiaemoji75.ttf
→その75%縮小版です。

M+1P+IPAG-X02NK.ttf
→X01NK/X02NKなどのビットマップカラー絵文字内蔵のキャリア端末用です。絵文字は入っていません。
M+1P+IPAG-X02NK75.ttf
→その75%縮小版です。

M+1P+IPAG-E61i.ttf
→文字の大きさがまちまちに表示される不具合が出た機種用です。手元だとE61iだけが該当しました。
M+1P+IPAG-E61i75.ttf
→その75%縮小版です。


ダウンロード用まとめページNokia機などのSymbian S60 3rd用フォント

| | コメント (10) | トラックバック (0)

到着 nano 16G

アップルストアから小さなお届けものです。
R0013834

早速開けます。
R0013837

サイトの写真では水色でしたけれど、美しい青色でうれしいです。


R0013839_2

もちろん、16GBです。

R0013840

今回はこんな感じに名前を入れました。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/09/16

はてダラ形式への変換スクリプト修正

写真付き投稿をはてなハイクへ、自分のためだけ、もしくは友人知人しか関係ないような個人的な日記ははてなダイアリーへ移しました。

小箱関係とか諸々、従来通りこのココログ「こばこのひみつ」にアップしていきます。
リンク頂いたりしている情報がどうも個人的な日記や子供の写真に埋もれがちな上にLXで書くとえらく量があり読みにくくなってしまうため分離した、ということです。ayati.comもそうですけれど、面倒なのでURLをあまり変えたくないです。

HP200LXでメモをとっていて、メモからはてダラ形式に自作Perlスクリプトとはてダラスプリッタで変換し、はてダラ形式からははてダラでそのまま投稿しています。こう書くと面倒ですけれど、LXのSDを抜いてPCにさしてアイコンクリックすると一発ではてなダイアリーが最新に更新されるので、大変楽です。レッツノートR7とmac miniでそれぞれアイコンを作っているので、どちらからでもアップできています。


メモからはてダラスプリッタのdiary.txtへの変換スクリプトで、サブタイトルが今まで時刻だけだったのを、10文字ほど内容の頭を出すように修正しました。HP200LXのJPerlとWindowsPCのActivePerlで一部異なる所が出来てしまいましたけれど、その二行を削除すればHP200LXでも動きます。
以下スクリプトです。

「MEMO2D.PL」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/14

最近の日記系ははてなハイクに

最近の日記系ははてなハイクに
こばこのひみつに時々投稿していた、日記写真系の投稿は、最近は、
はてなハイクに移しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/13

日本語、英語、中国語(簡体字)が表示可能なフォント公開

改変再配布可能な、中国語フォントを探すと、Wen Quan Yi がGPL v2で、しかもゴシック体のようです。
READMEを見ると、ずいぶん色々な言語の文字が入っているようです。ファイルサイズもそれなりに大きいです。

これをM+ と合わせれば、日本語英語中国語がフォントファイルひとつでいけそうです。早速試してみます。

気になるのはGPLです。
まず、GPLに汚染されていないM+ に記号を追加したものを作り、それはそれで公開し、その後Wen Quan Yi と合わせたフォントファイルを作り、GPLで公開することにしてみましょう。

まずは、M+ OUTLINE FONTSに Nokia機などS60 3rdデバイスで使いそうな記号を追加したフォントファイルを作成します。今回、IPAフォントもVLゴシックフォントファミリも無関係です。


「mplus_1m_nokia.zip」をダウンロード
このアーカイブは、

森下浩司(coz)さんがデザインされ、M+ FONTS PROJECTより、
自由なライセンスで公開しているアウトラインフォントである、

M+ OUTLINE FONTS
http://mplus-fonts.sourceforge.jp/mplus-outline-fonts/
にて配布された、

M+ TESTFLIGHT 017
に基づき、

mplus-1m-regular.ttf

に若干の記号を追加した、

mplus-1m-nokia.ttf

を、元配布物のライセンスに準じて配布しているものです。

記号はM+ OUTLINE FONTSの他のグリフから写し、適宜変更を加えた
ものです。
追加した記号がだいぶありますので、詳しくはアーカイブ内のドキュメントをご参照ください。


さて、ここまではGPLは関係ありませんでした。
Wen Quan Yi はGPL v2なので、元アーカイブを含んだアーカイブにしておきます。ライセンス関係等、元アーカイブ内のドキュメントをご覧ください。


「M_1M_WenQuanYiZenHei.zip」をダウンロード

M+1M+WenQuanYiZenHei.ttf
が、作成したフォントファイルです。

Screenshot0050

カレンダー表示も正常です。

Screenshot0056


ゴシック体なので、M+ フォントとの相性もなかなか良いです。


Screenshot0058

台湾のサイトも表示できます。


Screenshot0057

中国語(簡体字)も大丈夫のようです。

なお、SoftBank絵文字領域には空白を設定しています。GPLとの整合性が判断できなかったためです。必要な方はご自分で今まで公開したフォントファイルからfontforgeでコピペしてもらえればと思います。

Screenshot0059

とりあえず、E71でだけ動作確認しています。


----------
ダウンロード用まとめページNokia機などのSymbian S60 3rd用フォント

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2008/09/12

サーバーシンクロでメモも予定も電話帳も Nokia ovi.com

Ovi1

NokiaのWebサービスポータルのovi.comで、Contacts, Calendar, Todo-list, NotesをNokia携帯電話とシンクロできるようになりました。
Filesサービスは有料ですけれど、電話帳やスケジュール、ToDoやメモは無償でサービスを利用できます。

Ovi2


Ovi3


まずはovi.comサイトのページ上部のResisterのリンクをたどり、ovi用にNokia Accountを作成します。携帯電話場号を「+8190XXXXXXXX」のように登録します。
すぐに登録確認のSMSが飛んできます。

PIMのシンクロには、ovi.comでデバイスの追加登録をします。たとえば、Nokia E71を選ぶと、PINを表示し、少したつとSMSが飛んできて、E71用の設定ができます。E71で受信したSMSでPINを入力して開くと、シンクロ用の設定はそれだけで完了です。

今まで、無料のサービスとして、mail2web.comのサービスと、GoogleCalendarを利用していましたけれど、選択肢が増えたのはうれしいです。


Screenshot0049

シンクロのアイコンに、PC Suiteに並んで、Ovi.comが登録されていますから、それを選んでシンクロすれば、Over the AirでOvi.comのサーバーとNokia端末がシンクロしてくれます。
プッシュメールがないだけで、Exchange Serverのサービスのようなものです。

これで、Nokia端末を買い換えたり初期化したりしても、出先ですぐに基本的なデータの復旧ができますし、複数Nokia端末をSIM入れ替えで使っていても、最新のデータに保つことが簡単になります。

Screenshot0048

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フリーのCJK VietnamフォントHan NomにM+ を合成

コメントでUNICODE Han Nom Font Setを知り、E71に入れてみました。
あれ、たしかにカレンダーの数字が出ません。ふーむ。なんでもかんでも入っているようなフォントなのに。

fontforgeで、HAN NOM-Aを開き、M+ 1Mを全選択コピーし、HAN NOM-Aに貼り付けてみました。
ついでにS60独自記号とトーフ文字だけ追加します。

Screenshot0040

お、カレンダーもちゃんと出るようになった。


Screenshot0043

M+ OUTLINE FONTSとHAN NOM-Aの違いが良く分かるなあ。


Screenshot0047

ふむふむ、簡体字も表示できてるみたいね。

でも、HAN NOM FONTSのライセンスが不明だから改変しての再配布できないなあ。どうなっているんだろう。
自由に改変再配布可能なフォントベースなら公開できるのに、残念。


----------
ダウンロード用まとめページNokia機などのSymbian S60 3rd用フォント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/08

フリーのNokia用日本語フォント、75%縮小付き

R0013519

M+ OUTLINE FONTSの M+ TESTFLIGHT 017 が公開されました。
早速、今度はM+ 1MNをベースに、Nokia機などのSymbian S60デバイス向けの記号追加作業をしてみました。

Screenshot0036

Screenshot0037

Screenshot0038

だいぶ良い感じです。Pは欧文記号が追加されていて一部機種で不具合がありましたけれど、1MNはまだのようで、不足分を1Pを元に追加しました。もちろん、Nokia機で使うことが目的なので、S60独自記号や横向き三角も入れてあります。E51でも問題ありません。

Screenshot0039

Pに比べるとMやMNは英数字の収まりが良いので、使いやすいかと思います。

Screenshot0035

もちろん絵文字も。
docomo絵文字グリフに空白を追加しているので、NM705iでも使えるでしょう。
E61iでは、docomo絵文字グリフに空白を追加してしまうと、文字の大きさがバラバラに表示される不具合があるので、Nokia E61i用のファイルは分けました。

また、X02NKでは元々カラービットマップ絵文字が入っているので、FontRouterで置き換えると二値化したアウトラインフォントの絵文字の上にカラービットマップ絵文字が描画されて鬱陶しいようなので、X02NK用はファイルを分けて、絵文字グリフに空白を設定したものにしました。X02NKをぼくは(スライド式筐体が個人的に好みじゃないから)買っていないので、X01NKで動作確認しています。


さて、オリジナルサイズは大きすぎなので75%がいいという方向けに、75%縮小したファイルも同梱しました。

だいぶ表示文字数が増えるので、文字が小さくても大丈夫な方はお試しください。

Screenshot0030

Screenshot0031

Screenshot0032

Screenshot0033

Screenshot0034

ラジオボタンのダイヤログでも切れないですね。


M_1MN_IPAG_nokiaemoji.zip のダウンロード


「M+フォントとIPAフォントの合成フォント」に記号を追加したもの

このアーカイブは、

森下浩司(coz)さんがデザインされ、M+ FONTS PROJECTより、
自由なライセンスで公開しているアウトラインフォントである、

M+ OUTLINE FONTS
http://mplus-fonts.sourceforge.jp/mplus-outline-fonts/
にて配布された、

M+ TESTFLIGHT 017
に基づき、
同梱の m++ipa.pe スクリプトと IPA フォント(ipag.ttf)、
FontForge プログラムを使用して生成した合成フォントのうち、

M+1MN+IPAG.ttf

に若干の記号を追加した、

M+1MN+IPAG-nokiaemoji.ttf
M+1MN+IPAG-nokiaemoji_75.ttf
M+1MN+IPAG-nokiaE61i.ttf
M+1MN+IPAG-nokiaE61i_75.ttf
M+1MN+IPAG-nokiaX02NK.ttf
M+1MN+IPAG-nokiaX02NK_75.ttf

を、元配布物のライセンスに準じて配布しているものです。

記号はM+ OUTLINE FONTSの他のグリフから写し、適宜変更を加えた
ものです。

S60独自記号十数文字(U+F800 - U+F815)も、M+ OUTLINE FONTSの
他のグリフを元に適当に作成しました。
また、S60アプリケーションの一部で利用しているため、
http://www.ne.jp/asahi/myhp/masa/gsm3g/note/zakki200802.htm
にあるように、U+25BA に右向き三角、U+25C4 に左向き三角を追加
しました。
Symbian S60 3rd機で上下の位置ずれを防ぐため、U+10000の文字の
高さを伸ばして調整しました。

M+内他グリフから移し、適宜改変した記号の一覧は以下の通りです。
U+00009
U+00A0-U+00A4
U+00A6
U+00A9-U+00AF
U+00B2-U+00B3
U+00B5
U+00B7-U+00D6
U+00D8-U+00F6
U+00F8-U+00FF
U+0152-U+0153
U+0160-U+0161
U+0178
U+017d-U+017e
U+0192
U+02C6
U+02DC
U+2011-U+2012
U+2016-U+2017
U+2022-U+2024
U+2039-U+203A
U+20AC
U+2122
U+21B0-U+21B4
U+2122
U+2219
U+25B4-U+25BB
U+25BE-U+25C5
U+2661-U+2662
U+2665-U+2666
U+F6DB
U+F800-U+F815
U+E1000

これら追加した記号のライセンスにについては、M+ OUTLINE FONTSと
同一です。

これらのフォントはフリー(自由な)ソフトウエアです。
あらゆる改変の有無に関わらず、また商業的な利用であっても、自由にご利用、複製、再配布することができますが、全て無保証とさせていただきます。

となります。

また、bobby_softさんが、ボビーのデジモノ日記にて公開された、
http://blog.goo.ne.jp/bobby_soft/e/c46fe4d9127575cbb2b3f264a55fd216
SoftBank絵文字の外字ファイルをマージしました。

こちらは、ボビーのデジモノ日記「X01HTにSoftBank絵文字を外字登録しました。」
ページによると、
「興味のある方は、ご自由にご利用くださいませ。
 ただし、自己責任でお願い致します。
 最悪、ハードリセットも考えられますので、バックアップを」
とのことです。
元は、X01HTというWindows Mobileデバイス用の外字ファイルです。

絵文字をいれたものの一覧は以下の通りです。
U+E001-U+E05A
U+E101-U+E15A
U+E201-U+E257
U+E301-U+E34D
U+E401-U+E44C
U+E501-U+E537

X02NKでは元のカラービットマップ絵文字が重ね表示されるため、
これら二値化したアウトラインフォントとビットマップが重ね表示を
避けるため、X02NK用ファイルでは、該当グリフに絵文字を入れず、
空白を設定しています。

また、NM705i等のdocomo端末で、
microSDに/Resource/Fontsフォルダを作成し、本フォントを
HeiseiGothS60.ttfにリネームして入れている方がおられるよう
ですので、docomo絵文字及びdocomo拡張絵文字のグリフ
U+E63E - U+E757に空白を入れました。

E61iではdocomo用絵文字グリフに空白を入れると表示が乱れる場合が
あるようなので、E61i用ファイルでは該当グリフを未定義にしています。


オリジナルのサイズに加え、全グリフを75%縮小したファイルも
同梱しています。


この配布物は、元配布物であるM+ OUTLINE FONTSとIPAフォントの
ライセンスに準じて配布しています。

M+ OUTLINE FONTのライセンスは、このアーカイブに含まれる
LICENSE_J.mplus
LICENSE_E.mplus
をご覧ください。

IPAフォントのライセンスは、このアーカイブに含まれる
COPYING.font.ja
をご覧ください。

IPAフォントを改変して再配布するために、ライセンス条項にしたがい
HP Vector Driverに同梱して配布しています。

----------
ダウンロード用まとめページNokia機などのSymbian S60 3rd用フォント


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/09/05

富士ソフトのFSKARENを実際に使ってみると

今日発売のFSKAREN for Windows Mobileを早速試してみます。

購入してダウンロード。ダウンロードの際、ライセンスキーも表示されています。
試用できないのは敷居が高いです。

FSKAREN_HT1100.CAB
FSKAREN_S11HT.CAB
FSKAREN_X01T.CAB
FSKAREN_X01HT.CAB
FSKAREN_X02HT.CAB
FSKAREN_X03HT.CAB
FSKAREN_hTcZ.CAB
と、機種ごとにインストール用ファイルとマニュアルが別々になっています。どこまでダウンロードしたか忘れそうです。年に360回ダウンロードできるそうですけれども。

インストールに4MB弱必要なので、X02HTで使用頻度の低いソフトをアンインストールして余裕を作ります。

インストールは問題なく終了します。
20080905211210

初回文字入力時に、ライセンスキーの入力をします。
設定画面で入れるので、一通り設定画面をみてみます。ふーん、結構使えるかな。

20080905210534


20080905210545


20080905210553


20080905210603


20080905210611


20080905210637


早速使ってみます。

お、サクサク動く。動作が軽いのは大変好印象です。X02HT標準SIPだとガンガン打っているともたついてくるのがいやでしたけれど、FSKARENの操作感は軽快です。

変換精度は、それなりです。さすがケータイSHOINという感じで、ATOKに比べてしまうとおバカですけれど、SL-Zaurusの変換と比べるとかなり快適になっています。まあ普通の子でしょうか。というかATOKが図抜けて賢いということなのでしょう。
少し触った感触では、変換精度は個人的に合格点だと思います。ぼくはAnthyで満足するOAK上がりの人間なので、Windows2000/XPでもATOKでなくMS-IMEで充分だと思って使っています。
何が何でもATOK派な方は変換が賢くないと感じるかと思います。ATOK派にはおすすめしません。

マニュアルに目を通してみます。ケータイSHOINの元ネタだから、CTRL+UIOPのショートカットはないけれど、最新版ならそれに代わる機能が用意されているはず。ありました。
事前にモードを切り替えなくても、打ってしまってから、カタカナや英字に変換できます。

20080905205435

たとえばカタカナにしたい文字列を打ってしまってから、記号キー(または右ソフトキー)を押すと瞬時にポップアップメニューが出るので、数字の6を押すとカタカナ変換できます。
記号キーは右下なので、ぼくは右ソフトキーの方が押しやすく感じるかな。

20080905205508

メニューを出すというと面倒くさそうですけれど、打って、記号キー押して数字の6でカタカナ、数字の9で英数字です。ポンポン打って変換するのでATOKのCTRL+UIOPみたいな感覚にそれほど劣りません。

20080905210749

X02HTのキーボードでは、数字はFnとのコンビネーションになります。Fnは同時押しでもスティッキーでも大丈夫ですから、片手操作中などの理由で同時押ししたくなければ、

「f」「s」「k」「a」「r」「e」「n」「右ソフトキー」「Fn」「9」

の順に押せば、打った後から英文字変換できるわけです。
もたつきがなく、サクサク後から変換できるので好印象です。

20080905210838

英文字の小文字大文字の変換は、その後で変換候補からさらに選択ができます。
もっとも、これにはATOKのCTRL+UIOPに比べると欠点がないわけではありません。

20080905211028

たとえば、英数混じりの単語である「x02ht」とキー入力して、英数字変換すれば、x02htとは出るものの、変換候補に「X02HT」はありません。この辺の、便利になってきているけど今ひとつATOKに届かないところがケータイSHOINというかFSKARENのお茶目なところでしょうか。
ATOKと比べるのでなければ、十分実用で良いと思います。

20080905210514

インストールすると、アイコンが二つ追加され、入力システムは選べるようです。

さて、じゃあ結局買いなの?というところですけれど。

ATOK派には、「所詮ケータイSHOINと同じレベルだから期待しない方がいいよ」
ATOK派ではない方には「動作軽快でなかなかいいよ、ガンガン入力するんならおすすめかな」

というところでしょうか。

ぼく自身は、高速に打鍵してメモをとるとどうなるか試してみたところ、

20080905211132

追従性が良く、変換でもたつくことがなくなったので、X02HTには買ってよかったと思っています。
思いついてすぐメモ取りをするような方にはおすすめです。

標準の入力システムで不満がないなら、お金を無駄に使うだけでしょうからおすすめしかねます。なんかすごくいいかと言われると、ATOKなら買う価値が間違いなくあるけれど、FSKARENは欲しいと思わない人にすすめても仕方がないような気がします。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2008/09/04

出水ゴシック16をHP200LXに設定

HP100LX、HP200LXではずっとOASYSフォントとfont.14をを使ってきました。

M+ BITMAP FONTSを試しに入れてみたものの、主に使う16ドットでなく12ドットだったため、あまり利用していません。
気分を変えるかとJISKAN16を入れてみるも、それほどしっくりきません。

Yu=Izumiさんの出水フォントをためすことにします。

Cpt09041
futomeでボールド化しています。
出水ゴシック16ドットが見やすくて良い感じです。これはいいかも。

興が乗ったので、平木敬太郎さんのFont Silo (フォント・サイロ) のフォントも試すことにします。昔TAKERUでフォントを買ったことを懐かしく思い出します。

Cpt09042
futomeでボールド化しています。
教科書体『人形町16』
これは気に入りました。


Cpt09043
futomeでボールド化しています。
丸ゴシック体『秋葉原16』
これはこれで面白いですね。


Cpt09044

太明朝体『道玄坂16』

これだけはfutomeを使っていません。futomeで太くするとかえって見にくくなってしまいました。


結局、LEは人形町16に、MEは出水ゴシック16に設定しました。しばらく使ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/03

フォントをE61にインストール

最新作業中フォントの配布のM+1P+IPAG-nokia-emoji0901.ttfをE61に入れてみます。

R0013405


FontRouter LTをインストール、これはC(電話機メモリ)ではなくE(miniSD)にインストールする必要があります。Open Signed Opnlineで署名をしたインストールファイルを用意するのは、簡単に6220 classicなどの日本語化手順で取り上げた通りです。難しい話ではありません。

で、E71や56220classicのようにC:\Data\FontsにM+1P+IPAG-nokia-emoji0901.ttfをコピーして再起動しても、反映されません。E61日本語版の場合、仕方ないので、E:\Resource\Fontsに、HeiseiGothS60b.ttfというファイル名に変えて入れてやります。

これで、M+1P+IPAG-nokia-emoji0901.ttfをインストールし、標準Web(インターネット)でもアンチエイリアスの効いた表示になります。

Screenshot0002

FontRouter LTなしでも、E:\Resource\Fonts(miniSDの\Resource\Fonts)に、HeiseiGothS60b.ttfというファイル名に変えてコピーすれば、再起動でフォントは反映されますけれど、標準Webではアンチエイリアスが効いた表示になりません。Opera Mobile (有償)なら、FontRouter LTを導入しなくても効いていますけれど。

というわけで、E61日本語版にM+1P+IPAG-nokia-emoji0901.ttfを入れる手順例でした。

Screenshot0006


----------
ダウンロード用まとめページNokia機などのSymbian S60 3rd用フォント

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/09/02

最新作業中フォントの配布

森下浩司(coz)さんがデザインされ、M+ FONTS PROJECTより自由なライセンスで公開しているアウトラインフォントM+ OUTLINE FONTSですけれど、2008/08/29時点でのCVSに基づき、同梱の m++ipa.pe スクリプトと IPA フォント(ipag.ttf)、FontForge プログラムを使用して合成フォントを生成してみました。

M+ TESTFLIGHT 016でなく、なぜANONYMOUS CVSから最新のフォントを生成したかというと、M+ LOGによると、欧文グリフの追加が進んでいて、今までVLゴシックフォントファミリから持ってきた記号が必要なくなりそうだからです。

今回は、Nokia機などのS60 3rdデバイスでのダイヤログ表示切れは気にせず、個人的な好みを優先して、英数字がゆったりした書体のM+ 1Pでいくことにしています。

IPAフォントとの合成を行った結果のM+1P+IPAG.ttfに若干の記号を追加した、

M+1P+IPAG-nokia-emoji0901.ttf

を、以下で配布します。

Screenshot0028_2

ただし、このフォントは一部機種では不具合があります。具体的には、E51, E90, E61iでは正常に表示できません。E71, 6220classic, NM705iでは普通に表示されます。普通に表示される場合も、標準フォントより大きめのため、ダイヤログが切れたり、文字が大きすぎてはみ出ることがあります。特に英数字はM+ Pベースのため横幅がかなり大きくなります。実用性からすると、フリーなモダンゴシックフォントM+ OUTLINE FONTSのうち、M+ M Type-1で配布している「M_1M_IPAG_nokia_emoji.zip」中のM+1M+IPAG-nokia-emoji.ttfが一般におすすめできるフォントです。ただし、E61iに限っては、新バージョンv1.10.00の+JでE61i復活で配布している「M_1M_IPAG_nokiaE61i.zip」中のM+1M+IPAG-nokiaE61i.ttfになります。

今回は、
大き目の文字で目に優しい方が重要という方用、および、
自由なライセンスで改変再配布したい方用、
というつもりでいます。

今回のフォントの何が良いって、追加した記号もM+ OUTLINE FONTSの他のグリフから写し、適宜変更を加えたものであることです。

S60独自記号十数文字(U+F800 - U+F815)も、M+ OUTLINE FONTSの他のグリフを元に適当に作成しました。VLゴシックフォントファミリや、Nokia機から抜いたフォントは一切利用していません。

また、S60アプリケーションの一部で利用しているため、
http://www.ne.jp/asahi/myhp/masa/gsm3g/note/zakki200802.htm
にあるように、U+25BA に右向き三角、U+25C4 に左向き三角を追加
しました。これもM+ OUTLINE FONTSの他のグリフを元に適当に作成しました。

M+内他グリフから移し、適宜改変した記号の一覧は以下の通りです。
U+0009
U+25B4-U+25BB
U+25BE-U+25C5
U+2661-U+2662
U+2665-U+2666
U+301E
U+F6DB
U+F800-U+F815
U+E1000

これら追加した記号のライセンスにについては、M+ OUTLINE FONTSと同一です。つまり、

これらのフォントはフリー(自由な)ソフトウエアです。
あらゆる改変の有無に関わらず、また商業的な利用であっても、自由にご利用、複製、再配布することができますが、全て無保証とさせていただきます。

となります。

また、bobby_softさんが、ボビーのデジモノ日記にて公開された、
http://blog.goo.ne.jp/bobby_soft/e/c46fe4d9127575cbb2b3f264a55fd216
SoftBank絵文字の外字ファイルをマージしました。

こちらは、ボビーのデジモノ日記「X01HTにSoftBank絵文字を外字登録しました。」
ページによると、
「興味のある方は、ご自由にご利用くださいませ。
 ただし、自己責任でお願い致します。
 最悪、ハードリセットも考えられますので、バックアップを」
とのことです。
元は、X01HTというWindows Mobileデバイス用の外字ファイルです。

「M_1P_IPAG_nokia_emoji0901.zip」をダウンロード

Screenshot0029

この配布物は、元配布物であるM+ OUTLINE FONTSとIPAフォントの
ライセンスに準じて配布しています。

M+ OUTLINE FONTのライセンスは、このアーカイブに含まれる
LICENSE_J.mplus
LICENSE_E.mplus
をご覧ください。

IPAフォントのライセンスは、このアーカイブに含まれる
COPYING.font.ja
をご覧ください。

IPAフォントを改変して再配布するために、ライセンス条項にしたがい
HP Vector Driverに同梱して配布しています。


----------
ダウンロード用まとめページNokia機などのSymbian S60 3rd用フォント

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »