« 岡本桜守公園の枝垂れ桜 | トップページ | 国産ケータイのQWERTYマシン922SHで何とかなるか?その2 キーボード »

2008/04/13

国産ケータイのQWERTYマシン922SHで何とかなるか?その1 大きさ

R0011823


ソフトバンクから販売されている、QWERTYキーボード搭載のケータイ、922SHについてです。

まずは、大きさです。
約幅56mm×高さ116mm×厚さ17mm(折りたたみ時。突起部除く) 重さ約132g というカタログスペックです。
R0011824


ケータイとしては大きな筐体です。
E70のように縦に持ちやすい形状ではありませんけれど、そのような持ち方はあまりしない機種です。
大きさからすると、iPhone(Height 115mm x Width 61mm x Depth 11.6mm 135grams)とほぼ同じですが、iPhoneの幅を数ミリ減らして、厚みを5割増にしたような感じです。
Nokia E90(132 x 57 x 20 mm 210 g)とは、厚さも幅も大体一緒で、長さが1cm半ほど違います。
R0011825


iPhoneの不自由さと日本の高機能ケータイの不自由さはよく似通っています。
それぞれ独特な面で突出して魅力的な機能がある反面、基本的な使いやすさに欠ける部分があります。
Nokia E90はデファクトスタンダードのプラットホームを活かしており、電話としても使いやすいので、922SHや現在のiPhoneと同列に論じるのに違和感がありますけれど、筐体の大きさという面では近いです。
R0011826


BlackBerry型筐体や、全面タッチパネル機より、922SHが比べるべきはクラムシェル型QWERTYキーボード搭載機でしょう。
なかでもNokia E90が大きさや価格、それぞれのプラットホームでの立ち位置といった点で、比較するには良い機種だと思います。922SHとNokia E90は、閉じた状態で携帯電話、開くとQWERTYキーボードという面では同じですけれど、実は右開きと左開きの違いがあります。
R0011831

次回は、キーボードの比較です。

国産ケータイのQWERTYマシン922SHで何とかなるか?シリーズ
その1 大きさ
その2 キーボード
その3 ちょこっとメモ
その4 メモ帳
その5 テキスト閲覧
その6 様々な活用、動画再生など
その7 スケジューラ

|

« 岡本桜守公園の枝垂れ桜 | トップページ | 国産ケータイのQWERTYマシン922SHで何とかなるか?その2 キーボード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/40862459

この記事へのトラックバック一覧です: 国産ケータイのQWERTYマシン922SHで何とかなるか?その1 大きさ:

» [Mobile][SoftBank][SHARP][NOKIA]思ったよりデカい922SH 思ったより小さいNOKIA E90 [きとん・とぉぴど[猫弾頭]]
文市さんが922SHとほかいろいろの大きさを比較されています。少し驚いたのがE90とは長さで約1.5cm違うだけでほかの寸法はほぼ同じということ。E90はかなりデカい印象だったのですけどね。逆を言うと922SHはそんなに大きかったのか。すとーんとモノリスのようになにもディテ... [続きを読む]

受信: 2008/04/13 15:00

« 岡本桜守公園の枝垂れ桜 | トップページ | 国産ケータイのQWERTYマシン922SHで何とかなるか?その2 キーボード »