« 食べる休日 | トップページ | 東洋ナッツ アーモンドフェスティバル »

2008/03/21

ウィキペディア日本語版をhp200LXで使う

Kazuhiro Itoさんwikipedia-fpwというツールを使うと、ウィキペディア日本語版ダンプデータをFreePWINGを利用してJIS X 4081形式に変換することができます。
hp200LXで(オフラインでいつでも)ウィキペディアを読むことができるようになります。

Lxwkp0

Linux上でなくWindows上でも、Cygwinを入れれば簡単にいけるようです。
たそぶろ さんの「iPod touchでウィキペディア(Wikipedia)を持ち歩く」の通りで無事データ変換できました。
Lxwkp1

hp200LX上では、EBRで検索できます。
変換は完全というわけでもないようなので、辞書として参照するというよりは、空き時間に眺めるに良さそうです。
Lxwkp2


ファイルサイズは323MB程度となりました。ある程度大容量のカードを用意しておくのが良さそうです。


以下に、より新しいエントリがあります。
ウィキペディア日本語版、LXで再び
雑誌IPにWikipedia収録

|

« 食べる休日 | トップページ | 東洋ナッツ アーモンドフェスティバル »

コメント

Wikipediaは読み物として面白いですよね。
コンバートに時間がかかるのが玉に瑕ですね。

投稿: NORI | 2008/03/21 11:52

NORI さん、こんにちは。

コンバートは時間かかりますねえ。
相互参照はオフで作ったので、VAIO typeGで実行し、3時間余り出かけていて帰宅したら終わっていました。

投稿: あやち | 2008/03/22 10:20

早速CygwinをXPな牛に入れて変換しました。
私も相互参照OFFで、3時間位でできました。
見出し語の入れ方が普通と違ったり、検索には時間が掛かったりするのは難点ですが、つい読みに入っています。
紹介ありがとうございました!

投稿: パドラッパ | 2008/03/22 19:59

EBR.EXMの改訂版が出ていたようです.
(2ch)

投稿: | 2010/11/04 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/40578436

この記事へのトラックバック一覧です: ウィキペディア日本語版をhp200LXで使う:

» Wikipediaをオフラインでポケットに [パドラッパ]
文市さんのブログでウィキペディア日本語版をhp200LXで使う方法が紹介されてい [続きを読む]

受信: 2008/03/22 20:23

« 食べる休日 | トップページ | 東洋ナッツ アーモンドフェスティバル »