« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/28

出張でノートPCをやめてみた

出張でノートPCをやめてみた
昨日今日と出張でした。
いつもはノートPCとNokia機を必ず持ち歩くのですけれど、今回はhtc Advantage X7501で通しています。
小箱はX7501のみというわけでもなく、この撮影はX02HTです。オーディオプレイヤーは久しぶりにRio Unite 130を復活させました。
EBtWMのおかげで、X7501は実用機です。Wapでエクスプレス予約もサクサクできます。

X02HTとX7501とどちらかを選べと言われると困るところですけれど、GPSとWapがクリアできて、hp200LXを復活させるという前提でなら、X02HTだけにできるかもしれません。それくらいなら、Softbank版Nokia N73(705NK)とX7501の方が荷物が少なくて済むじゃないかと言われるとその通りではあります。
今のところは、X7501もX02HTもとても気に入っているのです。
他人に勧めるなら安価な定額プランが用意されているX02HTです。
X7501はたぶん、色々分かっている知人には勧めるけれど、ケータイにポンと10万円払うというのは、人によってはありえない選択なのかもしれません。
でもね、いいマシンですよ、X7501は。レアさでは、Psion Series 3Cあたりを思い出します。持っている人はとても少ないけど皆気に入っていました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/11/21

箕面紅葉の天ぷら狩り

箕面紅葉の天ぷら狩り
エコーがめちゃ面白かった産婦人科付き添いの後、箕面の滝を散歩します。
カリカリで甘い揚げ立てもみじの天ぷらを楽しみ、猿と紅葉と滝を眺め、勝尾寺まで歩きます。
朝は保久良神社まで登ってイノシシを見てきました。動物園行かなくても動物は見られます。
結構歩きました。今日のケータイはX02HTです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/14

重さ300gを常時持ち歩ける習慣があるなら良いマシン - htc Advantage X7501

X750120

htc Advantage X7501との蜜月は続きます。
同時に持ち運ぶ、よりコンパクトな小箱はNokia E61かX02HTになっています。E61の方が、ノンキャリア端末で固められて筋が通る気がするのですけれど、X02HTの安定性とSoftbankサービスとの親和性の高さにより、今週はX02HTが予備機となっています。

X7501は、W-ZERO3で動くようなソフトならたいていそのまま普通に動くので、不自由しません。
KTPocketLaunch2, EBtWM6, Pocket WZ Editor(+でじやまさんのパッチ), jot, EBPocket, GSFinder, GSPlayer, NetFrontv3.3, Pocket Wakeup, AbsoluteSimpleClose, モバイルGoogleマップ, simpleHTTPntp, TCPMP, UltraG, PHM Registry Editor, FontOnStrage, RubyReader, nfshot2, GooSync, OggSync, OffisnailDate, MyMobilerなどなど、沢山のソフトで便利に使えます。

内蔵GPSについては、PocketMappleDigital8とNMEA Monの二つのソフトではもちろんGPSを認識した上でトラックログが採れるので入れてありますけれど、モバイルGoogleマップが断然活躍しています。NAVITIMEは最初しばらく試してそれなりだったのですけれど、モバイルGooleマップの前ではかすみます。

例えばある日、岡本駅を降りたら、若い女性に本山中学の場所を訊かれ、手に持っていたX7501のモバイルGoogleマップで「本山中学校」を検索、現在位置と目的地をすぐに大画面の地図で示してあげられました。

もちろん、自分でも街を歩いていて、近くにある天下一品の店舗を検索して行ったり、散歩コースを決めたりと、様々に利用しています。モバイルGoogleマップをガンガン利用していますけれど、従量課金でパケ死などしていません。DoCoMoは料金コースを月内で変更できるので、月中に一度使用状況を確認して、あまりに多ければ一つ上のパケット割引にしてもかまわないでしょう。ストリーミングもぼくのように月数回利用する程度なら気にするほどでもありませんが、毎日動画ストリーミングを使うような利用方法ならSoftbankのデータバリューパックミドルあたりの方が良いかもしれません。税込み月6300円で1,500,000パケットです。これはMySoftbankの当月のパケット利用料金表示で30万円相当です。MySoftbankの表示でパケット代30万円だから定額じゃないとパケ死なのかというと、逆に定額ではもしかしたら損かもしれない、ということです。むろん、音声回線とデータ回線を一本化していればコネクトカードというわけにはいかないでしょうから、一概には言えませんけれど。X7501をメインの音声電話としても使う選択肢はアリだとぼくは思いますけれど、どうも他の人でそういう意見を見たことはありませんので、X7501に入れるSIMの契約はデータ専用プランの方が一般的なのかもしれません。
MySoftbankの表示で月に100万円を大きく超えるような極端にパケットの多い使い方なら、定額じゃないとパケ死と言えるかもしれません。MySoftbankの表示で100万円の場合、データバリューパックスーパーで2万5千円程度になります。パケ死というにはやや大げさですが、毎月の支払いとしては高額だと思います。

X750121


ぼくはいまだに現役hp100/200LX(OS環境はDOS+LotusSystemManager)ユーザーなので、フラッシュカードと電池込みで327gの小箱を持ち歩くことにそれほど大きな抵抗があるわけではありません。もちろん、軽ければ軽いほど楽ではあります。


X750123


OQO Model01+(OSはWindowsXP)は非常に軽量コンパクトなWindowsXPマシンです。WindowsXPを普段使っていて、PCを使って何かするときにwindowsXP以外のOS上のアプリケーションソフトで同等のものを知らない場合は、WindowsXPそのものが動くマシンであることは大きな意味があります。また、カシミール3Dのように、他のCE系WindowsやMac OS XやLinuxなどでは同等のソフトがない場合は、WindowsXPであることは大事です。
手許のOQO model01+ですら、実測423gあります。これはぼくにとっては、微妙に重すぎる気がするところです。どうせなら、VAIO typeGも持っているので、そちらが898gで12.1型液晶に打ちやすいキーボードも付いているので、ついついtypeGが出動してしまいがちです。
ただ、さっと取り出した小箱で手早く使うには、WindowsXPは使いやすい環境とは言いにくいです。どちらかというとかなり使いにくいと思っています。


X750122


デカくて重い、htc Advantage X7501ですけれど、ケースから出した状態なら実測で298gです。WindowsXPそのものが動くOQO Model01+と並んで置いてあって、ぼくはこちらのX7501を毎日持って出かけるのです。
もともと、WindowsXPじゃなければ使い方が分からなくて耐えられないというたちではないですし、もちろん新しい物好きというのもあります。少なくとも、WindowsXPやWindowsVistaが動く小さなPCがあるからといって、htc Advantage X7501に何の価値もないとは考えない人間が一人はいるということでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/11/10

プラスエリアの場所でFOMAカード通信できているX7501

プラスエリアの場所でFOMAカード通信できているX7501
Htc Advabtage X7501は便利です。FOMAカードを入れっぱなしで運用しています。
高精度高感度GPS内蔵で、モバイルGoogleマップでリアルタイムに現在位置を表示し続けます。

ふと、同時に持っているX02HTの方でドコモのエリアマップを確認すると、X7501はFOMAプラスエリアになっているところでバリバリ通信できています。htc Advantage X7501はスペックはUMTS2100+800対応なので、FOMAプラスエリアで通信できてもおかしくないのですけれど、実際にできるとうれしいものです。岡山などの内陸部はプラスエリアが多いのです。

大活躍のX7501です。
今日は、大雪山黒岳のふもと、層雲峡温泉で、のんびりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/06

キーボード主体操作のための設定 - htc Advantage X7501

X7501がメインマシンとして君臨しています。

X7501はSIMロックフリーなだけでなく、SoftbankやDoCoMoの設定を自動でしてくれます。最初にUSIMをさして立ち上げたら、AI接続を自動で作成してくれてパケット接続できたのは、まるでWindows MobileじゃなくてNokia機並みの使い勝手です。
X750117


SIMをさしかえたときでも、設定に「接続セットアップ」というウィザードが用意されていて、SoftbankやDoCoMoのパケット接続が一発で変更できます。
X750118


ぼくはSoftbankではブループランにパケット60の契約、DoCoMoではデータプランMパケットプラス+moperaUライトプランです。定額でないからといって困っていませんというか、ガンガン使っている割には、定額プランよりたいてい安くなりそうです。
というか、イーモバイル定額プランからDoCoMoの従量プランに乗り換えて、安くなるしエリアは広くなるしEM ONEからX7501に替えて使い勝手は上がるしで良いことずくめです。DoCoMoデータ定額プランのようなおかしなポート制限や専用接続ソフト必須でもありません。もっとも、FOMAよりSoftbank 3Gの方がぼくの行動範囲ではエリアが充実している感触です。通話も内蔵スピーカーを利用したハンズフリーであまり問題なくできるので、X7501はSoftbankの一回線に集約することも可能です。

ダイレクトプッシュがあるので、MMSはそれほど必要を感じずに済んでいます。SMSは使っていますけれど。SoftbankのWAPは設定を手動で行う必要がありますし、サポートされていません。Express予約のためだけに設定という感じです。DoCoMoのiモードはそもそも使えませんけれど、ぼくは元々iモードを使っていませんし、今回の回線では契約すらしませんでした。
X750119

X02HTやE61も同時に使いたいから、というのがSoftbankのSIMとDoCoMoのSIM両方の契約を生かしている理由です。


さて、htc Advantage X7501をキーボード主体で使用しています。常用ブラウザはOperaです。Opera.iniのフォント指定以外に、input.iniに追加して、d,i,oでページスクロール、s,uでページアップ、BSで戻る等の操作ができるようにしています。IMEがONでかなモードだと効かないので、レジストリの設定を行い、標準で半角英数モードにしています。


[HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥IMEJP¥3.1¥MSIME¥option3]
の値を13 (0x00000D)にするだけです。

X750115

「operainput.zip」をダウンロード


ついでに内蔵GPSですけれど、大変精確で、感度も高いです。電車に乗ったままで、衛星を補足し続けていけます。さすがチップの性能が良いだけあります。
GarminのハンディGPSで言うなら、eTrex Vista Cよりはるかに感度が上です。もちろんSONYのGPS-CS1Kなどとは比較にならないくらい感度が高く正確です。GPSMAP 60CSxやeTrex Vista HCxと同程度の感度となり、とてつもなく優秀です。ただ、eTrex Vista HCxあたりと比べ、電車の中での移動中の初期補足はやや鈍いと感じることがあり、最初だけ窓際で初期補足させてやった方が確実です。「クイックGPS」という機能があるので、ActiveSyncまたは2-3日の期限毎に自動で衛星状況のダウンロードをする設定にしておいた方が良いかもしれません。一度捕まえると窓際でない電車の中でも平気で7つくらい補足し続けていたりします。1-2年前のハンディGPSとは隔世の感です。
X750116

そんなこんなで、X7501、快適に利用しています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »