« プラスエリアの場所でFOMAカード通信できているX7501 | トップページ | 箕面紅葉の天ぷら狩り »

2007/11/14

重さ300gを常時持ち歩ける習慣があるなら良いマシン - htc Advantage X7501

X750120

htc Advantage X7501との蜜月は続きます。
同時に持ち運ぶ、よりコンパクトな小箱はNokia E61かX02HTになっています。E61の方が、ノンキャリア端末で固められて筋が通る気がするのですけれど、X02HTの安定性とSoftbankサービスとの親和性の高さにより、今週はX02HTが予備機となっています。

X7501は、W-ZERO3で動くようなソフトならたいていそのまま普通に動くので、不自由しません。
KTPocketLaunch2, EBtWM6, Pocket WZ Editor(+でじやまさんのパッチ), jot, EBPocket, GSFinder, GSPlayer, NetFrontv3.3, Pocket Wakeup, AbsoluteSimpleClose, モバイルGoogleマップ, simpleHTTPntp, TCPMP, UltraG, PHM Registry Editor, FontOnStrage, RubyReader, nfshot2, GooSync, OggSync, OffisnailDate, MyMobilerなどなど、沢山のソフトで便利に使えます。

内蔵GPSについては、PocketMappleDigital8とNMEA Monの二つのソフトではもちろんGPSを認識した上でトラックログが採れるので入れてありますけれど、モバイルGoogleマップが断然活躍しています。NAVITIMEは最初しばらく試してそれなりだったのですけれど、モバイルGooleマップの前ではかすみます。

例えばある日、岡本駅を降りたら、若い女性に本山中学の場所を訊かれ、手に持っていたX7501のモバイルGoogleマップで「本山中学校」を検索、現在位置と目的地をすぐに大画面の地図で示してあげられました。

もちろん、自分でも街を歩いていて、近くにある天下一品の店舗を検索して行ったり、散歩コースを決めたりと、様々に利用しています。モバイルGoogleマップをガンガン利用していますけれど、従量課金でパケ死などしていません。DoCoMoは料金コースを月内で変更できるので、月中に一度使用状況を確認して、あまりに多ければ一つ上のパケット割引にしてもかまわないでしょう。ストリーミングもぼくのように月数回利用する程度なら気にするほどでもありませんが、毎日動画ストリーミングを使うような利用方法ならSoftbankのデータバリューパックミドルあたりの方が良いかもしれません。税込み月6300円で1,500,000パケットです。これはMySoftbankの当月のパケット利用料金表示で30万円相当です。MySoftbankの表示でパケット代30万円だから定額じゃないとパケ死なのかというと、逆に定額ではもしかしたら損かもしれない、ということです。むろん、音声回線とデータ回線を一本化していればコネクトカードというわけにはいかないでしょうから、一概には言えませんけれど。X7501をメインの音声電話としても使う選択肢はアリだとぼくは思いますけれど、どうも他の人でそういう意見を見たことはありませんので、X7501に入れるSIMの契約はデータ専用プランの方が一般的なのかもしれません。
MySoftbankの表示で月に100万円を大きく超えるような極端にパケットの多い使い方なら、定額じゃないとパケ死と言えるかもしれません。MySoftbankの表示で100万円の場合、データバリューパックスーパーで2万5千円程度になります。パケ死というにはやや大げさですが、毎月の支払いとしては高額だと思います。

X750121


ぼくはいまだに現役hp100/200LX(OS環境はDOS+LotusSystemManager)ユーザーなので、フラッシュカードと電池込みで327gの小箱を持ち歩くことにそれほど大きな抵抗があるわけではありません。もちろん、軽ければ軽いほど楽ではあります。


X750123


OQO Model01+(OSはWindowsXP)は非常に軽量コンパクトなWindowsXPマシンです。WindowsXPを普段使っていて、PCを使って何かするときにwindowsXP以外のOS上のアプリケーションソフトで同等のものを知らない場合は、WindowsXPそのものが動くマシンであることは大きな意味があります。また、カシミール3Dのように、他のCE系WindowsやMac OS XやLinuxなどでは同等のソフトがない場合は、WindowsXPであることは大事です。
手許のOQO model01+ですら、実測423gあります。これはぼくにとっては、微妙に重すぎる気がするところです。どうせなら、VAIO typeGも持っているので、そちらが898gで12.1型液晶に打ちやすいキーボードも付いているので、ついついtypeGが出動してしまいがちです。
ただ、さっと取り出した小箱で手早く使うには、WindowsXPは使いやすい環境とは言いにくいです。どちらかというとかなり使いにくいと思っています。


X750122


デカくて重い、htc Advantage X7501ですけれど、ケースから出した状態なら実測で298gです。WindowsXPそのものが動くOQO Model01+と並んで置いてあって、ぼくはこちらのX7501を毎日持って出かけるのです。
もともと、WindowsXPじゃなければ使い方が分からなくて耐えられないというたちではないですし、もちろん新しい物好きというのもあります。少なくとも、WindowsXPやWindowsVistaが動く小さなPCがあるからといって、htc Advantage X7501に何の価値もないとは考えない人間が一人はいるということでしょうか。

|

« プラスエリアの場所でFOMAカード通信できているX7501 | トップページ | 箕面紅葉の天ぷら狩り »

コメント

HP200LXよりもX7501のほうが軽いんですね。HP200LXって軽いイメージがあったんですが結構重いですね。

僕もX7501ありますが、毎日活躍してくれています。SIMはまだありませんが(^^;

投稿: ツトム | 2007/11/17 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/17072239

この記事へのトラックバック一覧です: 重さ300gを常時持ち歩ける習慣があるなら良いマシン - htc Advantage X7501:

« プラスエリアの場所でFOMAカード通信できているX7501 | トップページ | 箕面紅葉の天ぷら狩り »