« iPhoneの革新したもの1 | トップページ | ハードウェアキーボードの桎梏 - UBiQUiO 503Gインプレ »

2007/09/07

iPhoneの革新したもの2

iPod TouchでiPhoneの香りを嗅ぐことができます。
けれど、iPod Touchでは見当たらないアイコンがいくつかiPhoneにはあります。電話機能以外の話です。
100_1642

たとえば、当然のことながら、カメラはありません。
100_1631


100_1656


シャッターを切る際のアニメーションが楽しいカメラですけれど、機能はシンプルでケータイのおまけカメラそのものです。
サクサク撮れるケータイカメラでしかないのですけれど、レリーズが楽しくてつい撮ってしまいます。機能は従来のケータイと変わらなくても、操作感が心地よいために楽しいのです。
100_1664



Weatherアイコンも見当たりません。
パケット通信で設定した都市の天気予報を取ってきて表示する、スマートフォンではよくあるアプリです。
100_1627

株をやらない人には興味のないアイコンのStocksについても、天気予報同様です。こちらも、パケット通信だけでなく、無線LANにも対応しているので、iPod Touchに搭載しない理由はそれほど強くないような気もします。無線LANはどこにでもあるわけではない、ということなのでしょうか。

100_1678

電話や、SMS(ケータイショートメール)ではないのに、iPod Touchのアイコンに見当たらないもので、がっかりなのはNotesです。
ぼくは小箱がテキストビューアとテキストエディタがあるかどうかで、大まかに認識する癖があるようです。iPhoneにはNotesというメモソフトがありました。
100_1679



もちろん、ソフトキーボードでの入力となります。
BlackBerry型ハードウェアQWERTYキーボードと比較して、問題外に打ちにくく、打鍵が遅くなるのは当然の結果です。
ただ、予測入力機能で、英語ならよろしく訂正してくれるようです。
ミス打鍵は打った瞬間に大きく表示される文字である程度判別できます。打ちたい文字と異なって隣のキーが反応してしまったとしても、そのまま指をすべらせて正しい文字で反応させることが可能です。
100_1680



ジョブズのプレゼンがどうあれ、練り込まれたハードウェアQWERTYキーボードとは雲泥の差です。
ベル打ちの方がはるかに速く打てるようになれる方式です。

ただ、そこが重要ではない、ということではないかと思います。iPhoneのソフトキーボードは打っていて楽しいです。
ベル打ちは慣れれば高速に打てます。でも楽しいかと言われると、ショートメールによる会話自体は楽しいけど、ベル打ちそのものが楽しいわけではありません。標準的なケータイ文字入力など苦痛だと断言したくなるようなUIでしかありません。

使っていて、触っていて楽しい、それこそがiPhoneの真骨頂ではないかと思います。


|

« iPhoneの革新したもの1 | トップページ | ハードウェアキーボードの桎梏 - UBiQUiO 503Gインプレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/16363555

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneの革新したもの2:

« iPhoneの革新したもの1 | トップページ | ハードウェアキーボードの桎梏 - UBiQUiO 503Gインプレ »