« 東海道新幹線での通信 | トップページ | 関空 »

2006/12/20

下り神奈川-静岡のぞみでの通信テスト

下り神奈川-静岡のぞみでの通信テスト

朝はnineがふるわなかったので、帰りに再度テストです。朝はテスト直前まで(新大阪-京都間)nineで普通にWebブラウズしていたのでどうも不本意な結果でした。
東京-品川-新横浜の低速区間は避け、新横浜出発後5分経ってからテスト開始です。トンネルに入るといずれも通信できなくなるので、なかなか回数がこなせません。

nine(WILLCOM) , 702NKII(Softbank) , N73(FOMA)で、適当な軽いWebページ(具体的には、BloglinesやGMAiL: mobileやはてなアンテナやPocketPC用乗り換え案内ページや公式p2や普段出入りしているBBS等、キャッシュから読まないよう毎回別のページです)を開くまでの秒数を腕時計の秒針でアバウトにはかりました。

WILLCOMSoftbankFOMA
30015 20
30timeout15
timeout1520
6015180
1604015
10305
452055
1351218

3台のうち2台がタイムアウトの場合は無効として再測定することにしました。

というわけで、nineもちゃんと通信できています。

ぼくが興味あったのはSoftbankとFOMAの比較の方だったのですけれど、東海道新幹線ではSoftbankが良好でした。やはりメインをSoftbankからFOMAに移すのはいい面と悪い面がありそうです。

|

« 東海道新幹線での通信 | トップページ | 関空 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/13138552

この記事へのトラックバック一覧です: 下り神奈川-静岡のぞみでの通信テスト:

« 東海道新幹線での通信 | トップページ | 関空 »