« フルーツフラワーパーク | トップページ | Pocket Loox T830 UMTS感度良好 »

2006/11/07

FUJITSU SIEMENS POCKET LOOX T830で困ったこと

どうにも時間が足らないこの頃です。
とりあえずTreo同様に日本語化しています。
T83001

POCKET LOOX T830は全部入豪華スペックで、でもTreoに比べるとかなり重いしちょい幅広縦長なのがどうだろうと思っていたところです。現物が届いてみると意外に持った感触は良いです。持ちやすく、FUJITSU SIEMENSらしいというか、男性的で落ち着いたデザインはなかなかしっくりと掌になじみます。


T83002

筐体裏面の処理も美しいです。


T83003

電池蓋を開けて、電池のはめ込み方の処理も、少しでも筐体を小さくするよりは信頼性を確保することに重きを置いているようで、つい頷かせるものがあります。


T83004
microSDやRS-MMCやminiSDでなく、SDカードがそのまま入るのも素晴らしいです。4GBが自由に使えます。
デジカメのSDをそのまま挿せば、画像を表示するかきいてきます。


T83005
USBホスト機能もしっかりサポートされています。これは機能面でのT830の優位でしょう。


T83007
ためしにUSBメモリをさしてみると、自動でHard Diskとしてマウントされました。普通にファイルエクスプローラで中身を見られました。


T83006
切り替え用のツールもあります。


そういえば、アイコンがたくさん登録されています。JBlendやTerminalServicesClientやPhoneLockやVoiceCommanderの他に、FSC BackupやFsc MobileZipやFSC SpeedMenuなど。ショートカット集もあります。


T83008
IEで、カーソルを下に移動していっても、テキストボックスでひっかかることなく、Operaのように普通にスクロールできるようになりました。
ぼくにとって、WM5の大きな不満点のひとつだったので、うれしいです。


T83009
GPS機能もあるようです。
衛星のつかみは快速で、かなり良さそうな感じです。


T83010
Portの設定も明確で、ソフトウェアポートも自由に設定できるので、安心でしょう。
ぼくはハンディGPSは別にあるし、mioも手放してしまったくらいでGPS機能はつかいませんけれど。

moperaUやAI@vodafoneも通ります。
電波の掴みはかなり良好です。


Softbankの定額はopenもVFJP Webも通りませんでした。もちろん公式にはX01HT用なので、おとなしくそちらを使うことにします。スマートフォン用の定額プランを用意したことは評価されるべきものだと思います。

VFJP Webは公開されていませんがUNLOCK.JPボーダフォンライブ接続設定ページなどで以前から知られています。openはfit4cat_Hermes_Tweaker_Setup_v1.1aでX01HTのExtended_ROMを開いてProvisioning.exeをメモ帳で開けば書いてあります。hTc ZやNOKIA機では設定可能(UA詐称は別として)なわけです。LOOX T830では同様に設定して繋がりませんでした。この件はこれ以上追求する気はないです。moperaUやAI@vodafoneで繋がるのだから、問題ないはずです。興味のある方はご自分でどうぞ。



T83011

ぼくにとって大事なのは、キーボードによる日本語入力です。
POCKET LOOX T830のキーボードは、あまり期待せずにいたのですけれど、実際触ってみると、かなり打ちやすいサムキーボードです。
キーの突出具合が特徴的で、この小ささにしては打ち間違いが非常に少なく打てます。筐体からキーは高く飛び出し、キー面は丸くかつに斜めカットされ、カットの向きが上段と下段では異なっています。感触も良いです。
CTRLはありませんけれど、SHIFT,FN,Tab,Win,OKと揃っています。

T830のキーボードは意外にも、素晴らしいです。


T83013

T830のハードウェアは、実に素晴らしいです。

BluetoothプロトコルスタックもBroadcomのもので、A2DPで音切れ一切なしです。MicrosoftのプロトコルスタックにSamsung CPUのHermesは、ネットラジオのように低ビットレートなら音切れはなくても、音楽鑑賞には耐えないもので、音のもたつきと瞬断から逃れられません。iPAQ hw6510やLOOX T830のA2DPは極めて快適に音楽を楽しめます。
T830のBluetoothは安定しています。電車の座席にT830を置いて、数m歩いてデッキに出ても音切れなしです。トイレに入ったらようやく途切れました。

T830は電池の保ちは弱点で、大容量の電池を積んでいるのにどんどん減っていきます。一日は保ちますけれど、毎日充電は必須です。




T83012

で、ぼくが困っている問題なのですけれど、ATOKで日本語入力していて、すばやく打つとキーの取りこぼしが起こります。特にAやEなどの母音で起こりがちです。キーリピートの設定などをいじっても、回避できません。
たとえば、1秒以内に「まけまけ」と打とうとして「mkmk」になります。これは、右手の親指でMやKを打ち、指を離す前に左手の親指でAやEを押してしまうときに発生する現象です。片手で入力していれば起こりませんし、MやKを押して意識してポンとすぐ離してからAやEを押すようにすれば回避できます。でもそれでは打鍵スピードが落ちるし、信頼してメモ書きするツールとしては使えません。
これでは、アップデータを当てた後のesの方が日本語メモ書きマシンとしては良いくらいです。

これがぼくの日本語化手順に問題があるのか、設定ミスや不足なのか、キーボードドライバの問題なのかは分かりませんけれど、QWERTYキーボード内蔵WindowsMobile機をメモ用途で考えているぼくには、どうにも困ったことです。iPAQ hw6510やX01HTでは、かなりすばやく打ち込んでもこんな現象は出ていなかったのです。

しかたないので、メモ書きはX01HTに戻すことにします。キーの取りこぼしさえなければ、POCKET LOOX T830の方が良いハードです。
(もちろん、人によっては240x240の画面に耐えられないでしょうし、T830の重さは嫌かもしれません。ぼくはblackberryスタイルの筐体がメモ書きに向いていて好みなのです)

POCKET LOOX T830のレビューは、FirstLooxのレビューにPalm Treo 750vとHP iPAQ hw6915とのサイズ一覧などが分かりやすいですし、豊富なスクリーンショットやカメラの画質などの詳細なレビューは4winmobile.comに詳しいです。

日本語の情報では、チャイモバ!!(^▽^)さんがPocketLOOX ユーザーフォーラムにFor PocketLOOX T830 Userを作られています。

|

« フルーツフラワーパーク | トップページ | Pocket Loox T830 UMTS感度良好 »

コメント

初めてコメントさせていただくかと思いますm(__)m T830ユーザーでいらっしゃったんですね(^^ゞ
母音の取りこぼしの件、確かに出ますね。あと何度かに一回、「k」「m」が大文字になることもありました、おそらく「a」の真下のSHIFTキーを誤認して入力してしまうようです。
新しいファームが出る時には改善してくれてるといいですね(^^♪

投稿: みーちー | 2006/11/07 22:38

おはようございます。
以前ご質問したときは、丁寧にお答えいただきありがとうございました。
今のところFOMAデータプランで細々と巡回しております。
T830買われたんですね!!私も、セットアップ楽しんでいます。全部入りなので、長く使えるマシンであると確信しております(^^)。

私の、マシンも取りこぼしありますね。
FSCProfileで、MaxPerformance をturboにすると心持ち取りこぼしが少ないかもしれません(気のせい??)

これからも、よろしくお願いいたします。

投稿: たーぼう | 2006/11/08 08:58

みーちーさん、いらっしゃいませ。
取りこぼし、あるんですか。ぼくの設定の問題ならいいなと思っていたんですよ。
素の環境で英語を打つ分には問題ないようにも感じたので、なんか手がないかなと思っています。
---
たーぼうさん、おはようございます。
FSCProfileで、MaxPerformance をturboですか?
なんだろう、試してみますね。

投稿: あやち | 2006/11/09 07:40

あやちさん、こんにちは。

ご返信遅くなりました。
FSCProfileは、電源ボタン長押しで出てくるプログラムです。そのメニューの中にMaxPerformanceがありすので、それを設定してみてください。といっても、もうすでにされていたら、すいません。私の勘違いです。

投稿: たーぼう | 2006/11/10 14:09

たーぼうさん、こんばんは。

あ、このメニュー、そういう名前だったんですね。
Automatic Modeになっていたので、Max Performanceにしました。

それぞれのモードで、まけまけを十回ずつ打って、どちらも一度もまけまけと入りませんでしたが、文字落ちする傾向が微妙に変わります。また、Max Performanceの方が、もしかしたら打ち方を工夫すれば文字落ちの頻度を減らせそうな気がしないでもありません。
しばらくMac Performanceで使ってみることにします。
ありがとうございます。

投稿: あやち | 2006/11/10 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/12587756

この記事へのトラックバック一覧です: FUJITSU SIEMENS POCKET LOOX T830で困ったこと:

« フルーツフラワーパーク | トップページ | Pocket Loox T830 UMTS感度良好 »