« X01HTとhTc Zの微妙な違い | トップページ | 秋風味 栗のプリン »

2006/10/26

X01HTで「USIMが未挿入または無効な…」を一瞬でも見たくない場合

SIMアンロックではなく、X01HTで「USIMが未挿入または無効なUSIMが挿入されています」ウィンドウが表示されてもすぐに閉じるツールを英国だったじぃさんが公開されています。

WindowsケータイFAN 「電話」機能オフで、SIMフリーにのように、SIMアンロックではなく、SIM未挿入状態でも動作させる方法は発売早々発見されていました。


Herm015

海外出張中に海外SIMを使ったり、Softbank 3G圏外の地域でFOMAのSIMを使ったりする場合には、電話機能オフではそもそも意味がないので、imei-check.co.ukのツールなどの方法でロックを外さなければなりませんが、 M3100v3Unlockのバージョンが古かったり、最新バージョンでも手順によっては、「USIMが未挿入または無効なUSIMが挿入されています」ウィンドウが表示されてしまうようです。英国だったじぃさんのSB_USIMで瞬殺できるとはいっても、操作中に一瞬でもこの画面が出ると、キー入力やタップ中だと操作ミスの原因になります。
X01HTを使っていて、Vodafone KKのUSIMを入れずに、この画面を一瞬でも見たくない場合は、M3100v3cUnlock.exeという最新版(2006/10/24 13:34:20)を、初期化(左右ソフトキーを押しながらリセットホール)直後のTODAY画面で実行すれば可能です。
初期化直後には、タッチパネル補正とジョンソン歯科医の後、X01HTの自動カスタマイズが二回走ります。その直後にActiveSyncをインストールしたPCにUSBで繋げて、M3100v3cUnlock.exeを実行すれば、アンロックだけでなく、「USIMが未挿入または無効なUSIMが挿入されています」ウィンドウが一瞬でも表示されなくなります。
色々ソフトをインストールしたりした後でM3100v3cUnlock.exeを実行しても、「USIMが未挿入または無効なUSIMが挿入されています」ウィンドウ表示抑制が効かないことがあるようです。


Herm014

自動カスタマイズが始まるまでの3秒間に、リセットホールを突けば、自動カスタマイズはされません。ただ、これだとX01HTをSoftbank mobileで利用するための種々の設定がされません。


Herm016

二回目の自動カスタマイズは、後からいつでも手動で実行できます。まず fit4cat Hermes Tweaker v1.1aでExtended ROMを使用可能にします。


Herm017

AutoRunを実行すれば、二回目の自動カスタマイズが行われます。open.softbank.ne.jpの接続設定などがここに含まれています。

一回目の自動カスタマイズをスキップしてしまうと、キーレイアウトがhTc Zのように「,」カンマと「.」ピリオドが入れ替わってしまい、X01HTのキーボードの表記とは異なってしまいます。これはレジストリをいじれば済みます。


REGEDIT4

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\OEM\Qwerty]
"Layout"=dword:00030411


keyx01ht.reg
もっとも、「USIMが未挿入または無効なUSIMが挿入されています」ウィンドウをM3100v3cUnlock.exeで表示させなくするには、二回の自動カスタマイズの直後にActiveSyncをインストールしたPCにUSBで繋いでM3100v3cUnlock.exeを実行すれば良いので、特にスキップしなければならないわけではありません。

自動カスタマイズが走る前にリセットホールを突いて、M3100v3cUnlock.exeを実行したからといって、「USIMが未挿入または無効なUSIMが挿入されています」ウィンドウ表示機能がなくなったわけではありません。SpbBackupでバックアップするときに全プロセス終了させると、「USIMが未挿入または無効なUSIMが挿入されています」ウィンドウが表示されることで分かります。M3100v3cUnlock.exeで全く表示されなくなるといっても、常駐して抑制しているのでしょう。
X01HT以外のHermesのROMイメージを焼いてしまえば、当然「USIMが未挿入または無効なUSIMが挿入されています」ウィンドウは出なくなるでしょうけれど、M3100v3cUnlock.exeによる抑制は一見完璧なので、そこまでする必要はなさそうです。なおM3100v3cUnlock.exeは何度も適用できました。

X01HTは広く一般に販売されています。DoCoMoのhTc Zを購入することができない場合は、仕方なくX01HTを選ぶこともあるかもしれません。hTc Zのインターネット受付による販売ではNTTドコモ(関東甲信越)での回線契約が必要です。
Softbank mobileのサービスが快適に安価に利用できる範囲では、他社のSIMを挿して「USIMが未挿入または無効なUSIMが挿入されています」ウィンドウに悩まなくても済むはずです。基地局は一気に増設中であるやに聞きますので、いましばらく期待して契約を続けたいと思います。海外出張時のローミングは高価すぎるので、ある程度海外で使う場合は、やはり現地SIMを使わざるを得ないとは思いますけれど。

SIMアンロックはL&Kの事件で明らかなように、違法ではありませんが、犯罪集団による違法な入手端末の売り捌きプロセスの一部にアンロック業者が利用されていた面から指導が入っているのでしょう。元々はキャリアのビジネスモデルが端末の不当廉売を行うことを前提としているのが原因です。SIMロックフリーな端末をメーカーが適正な価格で販売し、キャリアは基本料通信通話料をあるべき廉価な体系で提供していれば、そもそも高機能端末が1円や0円で入手できてそれを売り捌くともうけられるという異常な状態になりません。キャリアによる歪んだビジネスモデルを犯罪集団が利用し、もしそのしわ寄せで一般ユーザーがSIMロックをはずすのが犯罪行為のように言われるのなら、とんだとばっちりといったところでしょう。

ぼくは、メーカーのノキアジャパンが、キャリアによらずに直接販売している6630スタンダード版を購入し、使っています。スタンダード版は4万円以上するのに、同等品の702NKは1円でボーダフォンから販売されていました。スタンダード版が価格面で太刀打ちできないのは明らかです。しかし廉売されている702NKでは、標準内蔵のインストーラから様々なスマートフォン用アプリケーションソフトをそのままインストールできません。機能が制限されているバージョンが廉売により大量に販売される一方で、あるべき姿のスマートフォンが市場に出てこなくなってしまうのは大変残念です。先進諸国で同等のスマートフォンが致命的な機能制限はなしに販売されているのをみるにつけ、やっぱりおかしいのはわが国だと気づかずにはいられないものです。

DoCoMoやauなどのキャリアコンテンツは、ゲームや着うたなどの娯楽消費機能ばかり開発が盛んで、知的生産のツールとして使いたくても、なかなかまともなスマートフォン自体入手が難しいものです。
言葉を綴り、小論を推敲し、物語を紡ぐにはQWERTYキーボードくらいは必須と思われるのですけれど、肌身はなさず持ち歩くケータイに搭載されるのはおサイフだのワンセグだのといったものばかりです。


広く一般にWindowsMobileスマートフォンを販売し、スマートフォンでのデータ通信に定額プランを導入したこと、基地局の増加を早急に進めるとしていることで、Softbank mobileを選び契約しました。
ネットワークオペレータとしての基本的なサービスが優れていれば、たとえSIMを自由に差し替えられても、そのネットワークオペレータを選ぶ、というのがフェアな競争だと感じるものです。

同じW-CDMA採用のネットワークオペレータといっても、DoCoMo独自規格のiMODEよりも、国際的に使われているMMSを利用できるSotbank mobileの方が優れています。スマートフォンでのデータ通信定額プランがあるとなれば、なおさらSoftbank mobileが良いように思ってしまいます。
…なのに、X01HTではMMS利用ソフトを提供していないのです。サービス内容できちんとDoCoMoに勝てるはずなのに、やるべきことはしないで、余計な画面ロックウィンドウは表示させるなんて、と思ってしまいます。moperaUのSMSトリガー(5円/1通もかかるのです)による擬似プッシュより、Vodafone MMSの方が良いに決まっています。でも、X01HTでは現状MMS対応ソフトが提供されていないんですよね。実に勿体無い話です。

もっとも、ぼくの場合は、どうもWindows Mobileスマートフォンよりは感度が良くて安定して使いやすいNokiaのスマートフォンを使ってしまいがちというのが実際のところなのですけれど。

|

« X01HTとhTc Zの微妙な違い | トップページ | 秋風味 栗のプリン »

コメント

SIMロックフリー化の追加情報有り難う御座います。m(_ _)m 即購入します。
文市さんの意見には、同感します。もっと世界標準の携帯が使えるように感じます。
SOFTBANKも世界標準サービスで勝負して欲しいです。
今後とも、情報よろし御願いします。HP200LX以来、ずーと文市さんの情報で助けてもらっています。(^_^;)

投稿: ひろみ | 2006/10/26 10:02

貴重な情報を有り難うございます。大変参考になりました。

一つ気が付いたのは、一回目の自動カスタマイズをスキップすると、本体右側のボタンの長押しでのマナーモードへの変更が効かなくなるようです。レジストリをどこか弄ればよいのでしょうが、私には無理っぽいです。変更の仕方が分かれば、是非教えていただければと思います。

投稿: ぱろ | 2006/11/20 09:44

何度もすいません。
「2回目のカスタマイズの直後」とありますが、ここでActive Syncできません。というのは、2回目のカスタマイズが終わると自動的にリセットされるからです。
リセットされて再起動後のTodayの画面でunlockということですよね?

投稿: うっちゃん | 2006/11/28 23:51

はい、
\Extended_ROM\autorun.exe
Reset
の再起動後でOKです。

投稿: あやち | 2006/11/29 22:34

こんにちは、海外でX01HTを使っています。貴重な情報ありがとうございます。助かりました。さて、2回目のカスタマイズを流したところ、Outlook起動後にボタン1(メール)を押すとメールプロファイルの切り替え(SMS→SMTP→Outlook)が出来なくなりました。意外と便利だったので復活させたいのですが、レジストリ変更で可能かどうかご存知ですかー?

投稿: zucky | 2007/02/11 14:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/12432851

この記事へのトラックバック一覧です: X01HTで「USIMが未挿入または無効な…」を一瞬でも見たくない場合:

» X01HTまとめ@Wiki [X01HTまとめ@Wiki]
ソフトバンクモバイルのスマートフォン「X01HT」関係情報のまとめWikiです。 [続きを読む]

受信: 2006/10/30 20:32

» X01HTまとめ@Wiki [X01HTまとめ@Wiki]
ソフトバンクモバイルのスマートフォン「X01HT」関係情報のまとめWikiです。 [続きを読む]

受信: 2006/10/30 20:34

» [Carrier]結果として誰が一番幸せなのか? [ソウイチロウ@はてな]
T830をお持ちのあやちさんのBlogを読んで、共感した今日この頃。たとえば、携帯の請求書の25%は、加入者獲得のインセンティブ代と思っていい。たぶん、FTTHもxDSLも同じ。ADSLに関して言えば、1年ごと切り換えていくのが一番コストパフォーマンスがいい。ホールセラー(eAcc... [続きを読む]

受信: 2006/11/11 12:03

« X01HTとhTc Zの微妙な違い | トップページ | 秋風味 栗のプリン »