« 大久保 | トップページ | NOKIA E70にS60 3rdアプリを »

2006/09/06

E70の憂鬱

NOKIA E70にすっかりまいっています。
E70の憂鬱

いや本当に良い端末です。なんで、これが普通に日本で電話として手に入らないんだろう。
E70の憂鬱
画面の見やすさ鮮やかさは秀でています。機能も非常に納得のいくものです。

この小ささで、打ちやすいQWERTYキーボード内蔵というのは本当に素晴らしいです。
また、操作法やメニュー構成などのインターフェイスがSymbian
S60の統一されたもので、702NKなどをいじったことがあればなんとなく使えてしまいます。S60でも3rdなのでアプリケーションは3rd用に限定されますが、ぼちぼち増えていくでしょう。

E70の憂鬱

電池も保ちます。702NKを買ったとき、予備電池を買ったものの、一度も使わなかったことを思い出しました。これだけ高機能でも十分電池が保ちます。HTC
hermesなどと比べて優れた点です。

E70の憂鬱

E70の憂鬱


WindowsMoblieスマートフォンと比べると、まずは音声通話が普通にしやすいのが優れた点でしょうけれど。普通に電話で、かつ、いわゆるPDA的な機能を高度に実現しています。

E70の憂鬱

どうしても、NOKIA E70を中心に普段持ち歩きのメイン小箱構成を考えてしまいます。
もうこれ以外の電話なんて考えられない、という気になります。

W44Tが今のメインの電話です。動画の再生と、ケータイ向会員制コンテンツ(新幹線予約や銀行振込)、Operaでの通信料の上限設定については、E70より優れています。W44Tでは、PCサイトビューアでクッキーの保存やパスワードマネージャが有効になったので、かなり実用です。動画も3gpp2形式で、W44TのQVGAで不満なく動きます。W44Tとhp100LXが今のメインの持ち歩き小箱です。
702NKとW21CAIIのときは、W21CAIIに軍配があがりましたけれど、E70とW44Tでは、どちらも捨てがたい感じです。デバイスの魅力で言えば、NOKIA
E70は抜きん出ています。E70の日本語版がどこかのキャリアのひも付きで出たら、喜んでそれを買うだろう自分が容易に想像できます。

SoftbankからMNP時期の端末が発表になったらSoftbank加入の具体的な日取りを決めようと思っているのですけれど、まだ先なのかな。

FOMAの電波は三宮や阪神間では悪くないです。でもDoCoMoに金を払うのは、どうも妥当な気がしません。どう考えても高いです。海外SIMのローミングで電波の具合を見ていると、Softbank
3GとFOMAでは、ぼくの生活圏で、どっこいどっこいのようです。わずかにSoftbankの方が良い感じもしますが、大阪市内や三宮ではFOMAは良くつながります。
Softbankは基地局の充実を図るとの発表でしたから、そちらに期待しています。

最後にもう一度、
NOKIA E70は本当に素晴らしい!日本語版、出ろ!

|

« 大久保 | トップページ | NOKIA E70にS60 3rdアプリを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/11786542

この記事へのトラックバック一覧です: E70の憂鬱:

« 大久保 | トップページ | NOKIA E70にS60 3rdアプリを »