« W32Tで動画再生 | トップページ | Outlook2002とAPPT.ADB双方向シンクロテスト »

2005/12/03

Outlook2002からAppointments

APPTOUTを利用して、
Outlook2000の予定表CSVから、LXのAppointmentsにデータを一方向追加するようにしてみました。
Outlook2000で、[ファイル]-[インポートとエクスポート]-[ファイルへエクスポート]-[テキストファイル(DOS、カンマ区切り)]-[予定表]-[適当なパスのoutlook.csv]-[完了]の手順でCSVを作って利用します。
同じ予定を二重に登録しないようにスクリプトを組みました。
ActivePerlで動作確認しています。
Outlook2002で試したら、CSVの内容欄に改行をエスケープしないでそのまま吐く仕様なので、
スクリプトを書き直しました。ついでにバグもいくつか修正。
とりあえず片方向追加はこれでいいかな、という感じです。同梱バッチファイルはLXのフラッシュがFドライブで、LX上ではA:\_DAT\APPT.ADBを使っていることが前提のサンプルです。APPTOUTとPerlが必要です。

「appt2002.zip」をダウンロード

|

« W32Tで動画再生 | トップページ | Outlook2002とAPPT.ADB双方向シンクロテスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/7445480

この記事へのトラックバック一覧です: Outlook2002からAppointments:

« W32Tで動画再生 | トップページ | Outlook2002とAPPT.ADB双方向シンクロテスト »