« auW32TからLXのappointmentに | トップページ | 旅へ »

2005/12/29

LX上でvCalendarからappointへ

HP100LX上で動作するJPerl4で動くスクリプトを書きました。
とりあえず、vCalendar形式から全件apptoutで取込めるcsv形式にするスクリプトです。シンクロ用の比較は行っていません。

auのケータイW32Tでカレンダーのバックアップを取ると、複数イベントを一つのファイルにまとめたvCalendar形式になります。これをapptoutで取込めるcsvに変換するには、

perl vcal2csv.pl vcal.dat >vcalappt.csv

といった感じでこのスクリプトを使います。できたcsvのうち、LXに既に登録されている予定は目で見てテキストエディタなどで行削除し、LXに新規にとりこみたいデータだけにしてから、

apptout -x appt.adb -i vcalappt.csv -o newappt.adb -a

というようにすればappointmentsにvCalendar予定を取込めます。
vCalendarはOutlookからエクスポートしたものでも大丈夫でした。他にもvCalendar形式で吐き出せるデバイスなら使えるかもしれません。

昨日のスクリプトはPerl5用パッケージを使っていましたが、今回はパッケージも外部モジュールも使わず、Quoted-Printableデコードや世界標準時から日本時間への変換を実装しています。手許のデータではそれらしく動きましたけれど、Quoted-Printable形式エラーデータチェックなどしていないので、しばらく使ってみないと実用性はよく見えません。というか、スクリプト書かなくてもなんかソフトあって良さそうなんですけれど、見つけられませんでした。

「vcal2csv.zip」をダウンロード

|

« auW32TからLXのappointmentに | トップページ | 旅へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/7891839

この記事へのトラックバック一覧です: LX上でvCalendarからappointへ:

« auW32TからLXのappointmentに | トップページ | 旅へ »