« Debian辞典 | トップページ | 六甲山最高峰 »

2005/06/12

光学式マウスで赤柄マウスパッドを使いたい

ボール式マウスの頃はmicrosoftマウスのファンでした。
光学式になってから、ポインタ飛び(カーソル飛び)に悩まされるようになりました。
マウスを買い替えても解消されず、マウスパッドを赤系の色のない柄か無地にすると良いことが分かりました。

しかし、マウスを使う目的の半分は色々な絵のマウスパッドを使うことにあります!!!

暗系単一色のマウスパッドなど論外です。
で、マイクロソフトマウス最高という以前の看板を降ろし、色々試した結果、LogitechブランドのMXシリーズなら赤系の柄物マウスパッドでもポインタ飛びが一切起こらないことがわかりました。
マイクロソフトマウスも安価なものはポインタ飛びがひどいですが、最近のワイヤレス インテリマウス エクスプローラだと改善されます。マウス出荷数でマイクロソフトを越えるLogitechブランドのマウスも、安価なものや、MXシリーズでないものは赤系柄物マウスパッドでポインタ飛びが起こります。
たとえばLogitech Cordless Optical Mouseでも起こります。もちろんポインタ飛びがひどいことで有名なMicrosoft Basic Optical Mouseのようなことはありませんけれど、どんなマウスパッドでもOKというわけにはいきません。

ロジクールのMXシリーズはポインタ飛びがありません。そういうわけで、ぼくはMX310を愛用しています。
mx310

レーザーのMX1000はさらに良いらしいですが、ごちゃごちゃ色々なボタンが付いているのは好きではありません。というか、標準のドライバで動かないマウスは嫌いです。
そういうわけで、MX310とMXエンジンの愛用者になりました。ほとんどポインタ飛びが起こらないとか改善されるとかではなく、全く起こらないというのが大事です。

で、日本橋のPc1'sを覗いたら、なんとLogitech MX300相当の光学エンジン搭載というピーシーワンズオリジナル商品が置いてあるではありませんか!ぼくはMXシリーズ以外の安物光学式マウスは一切認めない気分になっていたため、疑いのマナコで眺め、とりあえず買って試すことにします。


Amazonで見ると、Microsoft Wireless IntelliMouse Explorerは4780円、Logitech MX-310BKオプティカルマウスは3480円です。ところがこのピーシーワンズオリジナルマウス「M1S001」は税込1,480円です。この値段の光学式マウスとなると、赤系柄物マウスパッドでのポインタ飛びは避けられないのが普通です。
m1s001

帰宅して赤色がセンサーの所にあたるようなマウスパッドを引っ張り出して色々試します。
一切ポインタ飛びは起こりません。むむ、やるな。
MX310のように狙った所にピタッと止まる感じが弱くフォーカスが眠い感じです。ホイールの操作感なども、ぼくはMX310のように軽めの方が良いですが、安価でポインタ飛びのないマウスをお探しの方にはピーシーワンズのM1S001はおすすめです。

|

« Debian辞典 | トップページ | 六甲山最高峰 »

コメント

我が家では、マウスを動かすスペースが無いので、光学式のトラックボールです。(Logitech)
これだと、マウスパッドも必要ないですし、スペースに関係なくマウスポインタを動かせます。

投稿: NORI | 2005/06/12 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69188/4519177

この記事へのトラックバック一覧です: 光学式マウスで赤柄マウスパッドを使いたい:

« Debian辞典 | トップページ | 六甲山最高峰 »